TOP > 国内特許検索 > ペプチドを含む医薬または食品

ペプチドを含む医薬または食品

国内特許コード P130009546
整理番号 2383
掲載日 2013年7月10日
出願番号 特願2010-548585
登録番号 特許第5622593号
出願日 平成22年2月1日(2010.2.1)
登録日 平成26年10月3日(2014.10.3)
国際出願番号 JP2010051362
国際公開番号 WO2010087480
国際出願日 平成22年2月1日(2010.2.1)
国際公開日 平成22年8月5日(2010.8.5)
優先権データ
  • 特願2009-021958 (2009.2.2) JP
発明者
  • 大日向 耕作
  • 金川 典正
出願人
  • 国立大学法人京都大学
発明の名称 ペプチドを含む医薬または食品
発明の概要 本発明は、Tyr(Y)、Phe(F)、Trp(W)あるいはHis(H)と疎水性アミノ酸が隣接しているペプチドまたはその類縁体を有効成分とする医薬または食品を提供するものである。
従来技術、競合技術の概要



現代のストレス社会を反映し、不安障害、統合失調症、うつ病などの精神疾患の増加が問題となっている。不安感は、生体において危険を回避するための警告として本来必要なものであるが、過剰な不安感は上記精神疾患の発症や症状の進行に関与するとともに、生活習慣病の発症リスクを上昇させることが知られており、精神的ストレスを緩和する食品や医薬品の開発が期待されている。このような抗不安作用を有する化合物は、安価に製造が可能で、経口投与で有効なものが望ましい。





ジペプチドは、合成も比較的簡単であり、食品タンパク質の酵素消化によっても大量に生産することができる。実際に、血圧降下作用を有するACE阻害ペプチドや高甘味度甘味料であるアスパルテームが食品として実用化されている。しかしながら、抗不安作用を示すジペプチドの報告はない。生理活性を示すオリゴペプチドとしては鎮痛作用を有するオピオイドペプチドが知られている。さらに、ダイズの主要タンパク質であるβ-コングリシニンに由来するsoymorphinが抗不安作用を有することを明らかにしている(特許文献1)。

産業上の利用分野



本発明は神経系に作用する医薬ないし医薬組成物に関する。また、本発明は、ペプチドまたはその類縁体に関し、詳しくは5-HT1A受容体、D受容体およびGABA受容体の少なくとも1種を活性化するペプチドまたはその類縁体に関する。さらに本発明は、抗不安または睡眠改善用食品に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
YL、FL、WL、HL、YI、FI、YV、LY、LF、LW、IY、IF、YLY、YLQ、LYLまたはYLYEIARを有効成分とし、抗不安剤、睡眠導入剤、睡眠改善剤、統合失調症治療薬または抗うつ薬である医薬ないし医薬組成物。

【請求項2】
YL、FL、WL、HL、YI、FI、YV、LY、LF、LW、IY、IF、YLY、YLQ、LYLまたはYLYEIARを有効成分とし、不安軽減用、睡眠導入用、睡眠改善用、統合失調症治療用または抗うつ用の経口投与剤(ただし、食品を除く。)。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close