TOP > 国内特許検索 > タンパク質栄養組成物

タンパク質栄養組成物 UPDATE 新技術説明会

国内特許コード P130009888
整理番号 S2013-0505-N0
掲載日 2013年8月21日
出願番号 特願2013-017197
公開番号 特開2014-147315
登録番号 特許第6139150号
出願日 平成25年1月31日(2013.1.31)
公開日 平成26年8月21日(2014.8.21)
登録日 平成29年5月12日(2017.5.12)
発明者
  • 門脇 基二
  • 斎藤 亮彦
  • 細島 康宏
  • 久保田真敏
  • 渡邊 令子
  • 藤井 幹夫
出願人
  • 国立大学法人 新潟大学
  • 公立大学法人新潟県立大学
  • 亀田製菓株式会社
発明の名称 タンパク質栄養組成物 UPDATE 新技術説明会
発明の概要 【課題】リンやカリウムの摂取が制限されている腎疾患患者、特に人工透析患者のリンやカリウムの過剰摂取リスクを増大させることなく、安全に摂取することができるタンパク質利用効率に優れたタンパク質栄養組成物を提供すること。
【解決手段】本発明に係るタンパク質栄養組成物は、米胚乳タンパク質を有効成分とし、腎機能低下者ならびに人工透析患者を対象とする。米胚乳タンパク質の無機リン濃度が純タンパク質100gに対して300mg以下であることが好ましい。米胚乳タンパク質の無機カリウム濃度が純タンパク質100gに対して4.0mg以下であることが好ましい。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要



米胚乳に含まれるタンパク質の主要成分は易消化性のグルテリン、グロブリン、アルブミンと、難消化性のプロラミンである。米胚乳から抽出されるタンパク質組成物を製造する方法としては、精白米や米粉に耐熱性アミラーゼを作用させ、残存するタンパク質を沈殿として回収する方法(酵素処理米タンパク質)と、精白米や米粉にアルカリ溶液を加えて抽出されるタンパク質を酸沈殿させ、これを回収する方法(アルカリ抽出米タンパク質)が公知であり、栄養素としてのタンパク質利用効率は前者と比べて後者が有意に高く、タンパク質利用効率はカゼインに匹敵することが報告されている(非特許文献1)。





腎疾患患者、特に人工透析患者は慢性的な栄養不足状態となっている。これは、人工透析に伴ってタンパク質の異化が亢進することに加えて、タンパク質摂取と同時に摂取されるリンやカリウムが血中に蓄積されることにより身体に悪影響を及ぼすことから、リンやカリウムの摂取を制限するためにタンパク質の摂取量が制限されてしまうためである。





汎用されるタンパク質源としては乳タンパク質や大豆タンパク質があるが、これらはリンやカリウムの含有量が高く腎疾患患者のタンパク質栄養源としては好ましくない。乳タンパク質をイオン交換樹脂処理や水酸化アルミニウム処理等によりリンやカリウムを除去する技術が公知であるが(特許文献1および特許文献2)、イオン交換樹脂処理等の煩雑なプロセスを経ているために高価であり、腎疾患患者の負担が大となる。一方、リンやカリウムの含量が低いタンパク質としてゼラチンやコラーゲンおよびコラーゲンペプチドが開示されている(特許文献3)。しかし、これらは動物由来のタンパク質であり、アレルギーを有する患者が摂取することは好ましくない。





このような背景より、リンやカリウムの含量が少なく、タンパク質利用効率に優れかつアレルギーのリスクの少ない安全なタンパク質栄養補給源が切望されていた。

産業上の利用分野



本発明はタンパク質を補給するための組成物、詳しくは腎機能低下者、特に人工透析患者を対象としたタンパク質栄養補給組成物に関する。人工透析患者は慢性的な栄養不足状態に陥る場合が多く、特にタンパク質栄養が不足しがちである。タンパク質を多量に含有する食品やタンパク質製剤の多くはリンやカリウムを多量に含むが、リンやカリウムは腎臓によって排泄されるため、腎機能が低下するとそれらは体内に蓄積する。したがってそのような患者では、タンパク質の摂取に伴って増大するリンの摂取が動脈硬化・骨病変を引き起こす原因として、カリウムの過剰摂取は不整脈、頻脈等の心疾患リスクの増大を引き起こす原因として、それぞれ問題となっている。

特許請求の範囲 【請求項1】
米胚乳タンパク質の無機リン濃度が純タンパク質100gに対して300mg以下である米胚乳タンパク質を有効成分とする、腎機能低下者又は人工透析患者用タンパク質栄養組成物。

【請求項2】
米胚乳タンパク質の無機カリウム濃度が純タンパク質100gに対して4.0mg以下である米胚乳タンパク質を有効成分とする、腎機能低下者又は人工透析患者用タンパク質栄養組成物。

【請求項3】
摂取することによる血中無機リンの上昇を抑える請求項1に記載のタンパク質栄養組成物。

【請求項4】
摂取することによる血中無機カリウムの上昇を抑える請求項2にタンパク質栄養組成物。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close