TOP > 国内特許検索 > 光電変換装置を生産する方法、光電変換装置及び光電変換装置の生産装置

光電変換装置を生産する方法、光電変換装置及び光電変換装置の生産装置 コモンズ

国内特許コード P130009982
整理番号 S2012-0484-N0
掲載日 2013年10月16日
出願番号 特願2012-041906
公開番号 特開2013-179158
登録番号 特許第5991507号
出願日 平成24年2月28日(2012.2.28)
公開日 平成25年9月9日(2013.9.9)
登録日 平成28年8月26日(2016.8.26)
発明者
  • 村田 英幸
  • 松島 敏則
出願人
  • 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学
発明の名称 光電変換装置を生産する方法、光電変換装置及び光電変換装置の生産装置 コモンズ
発明の概要 【課題】 活性層が有する配向性有機物を配向させる新たな方法により有機光電変換装置を生産する方法等を提供することを目的とする。
【解決手段】 第1配向性有機物を有する配向層と入射光を電気に変換する活性層とを有する光電変換装置を生産する方法であって、第1配向性有機物を用いて配向層を形成する配向層形成ステップと、配向層を配向層と平行な面内における第1方向に摩擦する第1摩擦ステップと、配向層と平行な面内における第1方向とは異なる第2方向に配向層を摩擦する第2摩擦ステップと、第2配向性有機物を用いて活性層を形成する活性層形成ステップとを含む、光電変換装置を生産する方法。
【選択図】 図2
従来技術、競合技術の概要


特許文献1には、簡便な方法であるラビング(摩擦)法により導電性高分子を配向させた有機薄膜を有する有機太陽電池が記載されている。

産業上の利用分野


本発明は、光電変換装置を生産する方法、光電変換装置及び光電変換装置の生産装置に関し、特に、第1配向性有機物を有する配向層と入射光を電気に変換する活性層とを有する光電変換装置を生産する方法等に関する。なお、本願において、「配向」とは、複数の分子が特定方向に遷移双極子モーメントをそろえて配列することを指す。

特許請求の範囲 【請求項1】
第1配向性有機物を有する配向層と入射光を電気に変換する活性層とを有する光電変換装置を生産する方法であって、
前記第1配向性有機物を用いて前記配向層を形成する配向層形成ステップと、
前記配向層を前記配向層と平行な面内における第1方向に摩擦する第1摩擦ステップと、
前記配向層と平行な面内における前記第1方向とは異なる第2方向に前記配向層を摩擦する第2摩擦ステップと、
棒状分子である第2配向性有機物を用いて前記活性層を形成する活性層形成ステップとを含む、光電変換装置を生産する方法。

【請求項2】
前記活性層は、前記第2配向性有機物の層を含めて配向性有機物の複数の層からなる、請求項1記載の光電変換装置を生産する方法。

【請求項3】
前記第1摩擦ステップ及び/又は前記第2摩擦ステップにおいて、不活性ガス雰囲気下で、ダストフリーの布を用いて前記配向層を摩擦する、請求項1又は2記載の光電変換装置を生産する方法。

【請求項4】
入射光を電気に変換する活性層を有する光電変換装置であって、
前記活性層は、前記活性層に平行な面内の第1方向及び前記第1方向とは異なる第2方向に配向している有機物を有し、
当該光電変換装置は、前記第1方向及び前記第2方向に配向している第1配向性有機物を有する配向層をさらに備え、
前記配向層は、前記活性層に隣接することを特徴とする、光電変換装置。

【請求項5】
前記配向性有機物は、前記第1方向及び前記第2方向を含めて互いに異なるn個の方向(nは2以上の自然数)に配向しており、
前記第1方向と前記第2方向がなす角のうち小さい方の角が180/n[°]であることを特徴とする、請求項4記載の光電変換装置。

【請求項6】
入射光を電気に変換する活性層を有する光電変換装置であって、
前記活性層は、配向性有機物を含むものであり、
前記配向性有機物の吸収ピーク波長を有して前記活性層に垂直な方向から前記活性層に入射する偏光させた単色光に対する前記活性層の吸光度又は前記偏光させた単色光を入射したときの短絡電流密度、内部量子効率、外部量子効率、内部エネルギー変換効率若しくは外部エネルギー変換効率が、前記光の進行方向に対して垂直な面内で前記活性層を回転させたときの回転角度(0°以上360°未満)に対して第1方向及び前記第1方向とは異なる第2方向を含めて極大値を3つ以上有することを特徴とする、光電変換装置。

【請求項7】
入射光を電気に変換する活性層を有する光電変換装置であって、
前記活性層は、配向性有機物を含むものであり、
前記活性層が、第1方向にすじ状に延びたモルフォロジー及び前記第1方向とは異なる第2方向にすじ状に延びたモルフォロジーを有し、
当該光電変換装置は、前記第1方向及び前記第2方向に配向している第1配向性有機物を有する配向層をさらに備え、
前記配向層は、前記活性層に隣接することを特徴とする、光電変換装置。

【請求項8】
前記第1方向及び前記第2方向に配向している第1配向性有機物を有する配向層をさらに備え、
前記配向層は、前記活性層に隣接することを特徴とする、請求項6記載の光電変換装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012041906thum.jpg
出願権利状態 登録
※ 上記の特許・技術に関心のある方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close