TOP > 国内特許検索 > ピリミジンヌクレオシド誘導体の新規製造方法

ピリミジンヌクレオシド誘導体の新規製造方法 コモンズ

国内特許コード P140010369
整理番号 NU-0528
掲載日 2014年2月28日
出願番号 特願2013-228375
公開番号 特開2015-086203
出願日 平成25年11月1日(2013.11.1)
公開日 平成27年5月7日(2015.5.7)
発明者
  • 白水 宏
  • 森田 裕紀
  • 塚本 眞幸
出願人
  • 国立大学法人名古屋大学
発明の名称 ピリミジンヌクレオシド誘導体の新規製造方法 コモンズ
発明の概要 【課題】取扱性に優れたピリミジンヌクレオシド誘導体の製造方法の提供。
【解決手段】1位及び2位のOH基がアシル化され且つ他のOH基には保護基が導入されているグリコシル供与体と、シリル化されたピリミジン誘導体とを、下記一般式(1)又は(2)で表される酸アゾール/ピリジン複合体及び溶媒の存在下で反応させる。酸アゾール/ピリジン複合体は吸湿性が無いか又は低いため取扱性に優れている。



〔一般式(1)におけるAは-O-又は-S-であり、一般式(1)及び(2)におけるR~Rは水素及び置換されてもよい炭化水素基。R~Rは他のR~Rに対して結合して環を形成しても良い。また一般式(1)及び/又は一般式(2)を部分構造とし複数有するものでもよい。更にはR~Rにて担体に結合されていても良い。]
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要



ピリミジンヌクレオシドは、抗ウイルス剤、抗がん剤などとして重要な化合物である。これらの化合物の合成法としては、アシル化されたリボースおよびシリル化されたピリミジンを原料に用いたHilbert-Johnsonら (Vorbruggenによる改良法) によるN-グリコシル化反応が例示される (下記反応式(1)参照:非特許文献1及び2)。





【化1】








その促進剤として現在、汎用されるのがトリメチルシリルトリフラート (TMSOTf) であるが、本化合物の促進剤としての反応性は必ずしも高くないため、一般に化学量論量を必要とする。加えて、TMSOTfは、吸湿性の高い液体であり、取り扱いには細心の注意が必要である。この解決策として、酸ピリジン複合体5a(XがCFSOである下記一般式(2)で表される化合物)が促進剤として開発されたが反応性が低いため、高温 (100-150℃) かつマイクロ波の照射条件でないと反応が進行しない(非特許文献3参照)。





また、従来のピリミジンヌクレオシド誘導体の製造方法としては特許文献1~5が開示されている。

産業上の利用分野



本発明は、ピリミジンヌクレオシド誘導体の新規な製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
1位及び2位のOH基がアシル化され且つ他のOH基には保護基が導入されているグリコシル供与体と、シリル化されたピリミジン誘導体とを、下記一般式(1)で表される酸アゾール/ピリジン複合体及び溶媒の存在下で反応させるピリミジンヌクレオシド誘導体の製造方法。
【化1】


〔上記一般式(1)におけるAは-O-又は-S-であり、上記一般式(1)及び(2)におけるR~Rは水素及び炭化水素基(水素又は炭素原子のうちの一部やメチレン基の一部が酸素、窒素、硫黄原子、イミノ基にて置換されていても良い)から独立して選択される。R~Rは他のR~Rに対して結合して環を形成しても良い。また一般式(1)及び/又は一般式(2)を部分構造とし複数有するものでもよい。更にはR~Rにて担体に結合されていても良い。上記一般式(1)、(2)におけるXは対アニオンであり、共役酸HXのpKaが、そのXを対イオンとして含む酸アゾール/ピリジン複合体のpKaよりも低い。一般式(2)におけるXは、R及びRがtCであり、Rがメチル基である場合にはCFSOを除く。〕

【請求項2】
前記酸アゾール/ピリジン複合体は、Aが-O-、Rがメチル基、R10がフェニル基、R9、11、12が水素である下記一般式(1a)の化合物であるか、Aが-S-、R1、9~12が水素である下記一般式(1a)の化合物である請求項1に記載のピリミジンヌクレオシド誘導体の製造方法。
【化2】



【請求項3】
前記グリコシル供与体は図1~図3に記載の化合物(図中のBzは他のOH基の保護基で置換しても良い)のうちの何れか1つである請求項1又は2に記載のピリミジンヌクレオシド誘導体の製造方法。

【請求項4】
前記溶媒はアセトニトリル又はアセトンである請求項1~3のうちの何れか1項に記載のピリミジンヌクレオシド誘導体の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close