TOP > 国内特許検索 > 位置認証システム

位置認証システム

国内特許コード P140010458
掲載日 2014年4月11日
出願番号 特願2012-189186
公開番号 特開2014-048747
登録番号 特許第5950345号
出願日 平成24年8月29日(2012.8.29)
公開日 平成26年3月17日(2014.3.17)
登録日 平成28年6月17日(2016.6.17)
発明者
  • 木原 雅巳
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 位置認証システム
発明の概要 【課題】本発明は、個人の行動記録をサービス側に提供することなく地理的な認証を行うことが可能な位置認証システムの提供を目的とする。
【解決手段】本願発明の位置認証システムは、位置情報をサービス側に送信するときに、利用者が指定した量(オフセット量)だけ、位置情報をオフセットする。サービス側では、オフセットされた位置情報しか保存できない構成をとる。これにより、利用者の位置情報漏洩への嫌悪感を和らげ、さらにオフセット量は利用者しか知りえないパスワードのような情報となっている。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要



ネットワークを介したサービスでは、個人認証は必須である。ID、パスワードなどのほかに、指紋や静脈パターンなどの技術も実用化されている。複数の認証要素を使用する多要素認証では、これらの認証技術を組み合わせて使用している。例えば、銀行のATMでは、近年、カード、暗証番号、指紋という組み合わせで利用者を特定するシステムが実用化されている。





多要素認証では、通常、カテゴリーが異なる認証技術を組み合わせることで、より高い信頼性を実現している。ID、パスワードは知識型、指紋や静脈パターンは生体型である。さらに、利用者の位置も、認証要素として使用することができる(例えば、特許文献1乃至4参照。)。





位置認証に使用される情報は、地理的な位置、ビル内などの限られたエリアでの位置情報、ネットワークの位置情報などである。地理的な位置、特に限られた位置は、場所そのものと結びついている。これに対し、ネットワークの位置は、IPアドレスで特定されることが多い。

産業上の利用分野



本発明は、携帯端末を用いて個人認証を行う位置認証システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
端末装置に搭載され、当該端末装置の位置を取得する位置情報取得部と、
前記端末装置に搭載され、前記位置情報取得部の取得した位置を当該端末装置の位置のオフセット情報に基づいて移動させて認証位置を求める認証位置演算部と、
前記端末装置に搭載され、前記認証位置演算部の求めた前記認証位置を送信する位置情報送信部と、
認証サーバに搭載され、予め登録されている前記端末装置の位置と前記位置情報送信部から送信された前記認証位置とが一致している場合に認証成功と判定する認証部と、
を備える位置認証システム。

【請求項2】
端末装置に搭載され、当該端末装置の位置を取得する位置情報取得部と、
前記端末装置に搭載され、当該端末装置の位置のオフセット情報を、前記位置情報取得部の取得した位置と共に送信する位置情報送信部と、
認証サーバに搭載され、前記位置情報送信部から送信された位置を前記位置情報送信部から送信されたオフセット情報に基づいて移動させて認証位置を求める認証位置演算部と、
前記認証サーバに搭載され、予め登録されている前記端末装置の位置と前記認証位置演算部の求めた認証位置とが一致している場合に認証成功と判定する認証部と、
を備える位置認証システム。

【請求項3】
前記オフセット情報は、複数桁の数値であり、
前記認証位置演算部は、前記オフセット情報として取得した数値を用いて予め定められた方法で演算することで前記端末装置の位置の移動量を算出し、当該移動量に応じて前記位置情報取得部の取得した位置を移動させることを特徴とする請求項1又は2に記載の位置認証システム。

【請求項4】
端末装置の現在位置を取得する位置取得手順と、
前記位置取得手順で取得した前記端末装置の位置を、当該端末装置の位置のオフセット情報に基づいて移動させて認証位置を求める認証位置演算手順と、
前記認証位置演算手順で求めた前記認証位置を送信する認証位置送信手順と、
予め登録されている前記端末装置の位置と前記位置情報送信手順で送信された前記認証位置とが一致している場合に認証成功と判定する認証手順と、
を順に有する位置認証方法。

【請求項5】
端末装置の現在位置を取得する位置取得手順と、
端末装置の位置のオフセット情報を、前記位置取得手順で取得した位置と共に送信する位置情報送信手順と、
前記位置情報送信手順で送信した前記端末装置の位置を前記オフセット情報に基づいて移動させて認証位置を求める認証位置演算手順と、
予め登録されている前記端末装置の位置と前記認証位置演算手順で求めた認証位置とが一致している場合に認証成功と判定する認証手順と、
を順に有する位置認証方法。

【請求項6】
前記オフセット情報は、複数桁の数値であり、
前記認証位置演算手順において、前記オフセット情報として取得した数値を用いて予め定められた方法で演算することで前記端末装置の位置の移動量を算出し、当該移動量に応じて前記端末装置の位置を移動させることを特徴とする請求項4又は5に記載の位置認証方法。
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012189186thum.jpg
出願権利状態 登録
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close