TOP > 国内特許検索 > トリフルオロメチルフタロシアニン縮環ダイマーの製造方法

トリフルオロメチルフタロシアニン縮環ダイマーの製造方法 コモンズ

国内特許コード P140010521
掲載日 2014年5月7日
出願番号 特願2014-094389
公開番号 特開2015-212312
出願日 平成26年5月1日(2014.5.1)
公開日 平成27年11月26日(2015.11.26)
発明者
  • 飯田 紀士
  • 田中 健太
  • 徳永 恵津子
  • 柴田 哲男
出願人
  • 国立大学法人 名古屋工業大学
発明の名称 トリフルオロメチルフタロシアニン縮環ダイマーの製造方法 コモンズ
発明の概要 【課題】フタロシアニンは平面構造を歪ませることにより吸収波長が長波長側にシフトした新機能性を具備するトリフルオロメチル基を持ったフタロシアニンダイマーの製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】次式(1)のトリフルオロメチル基を持つフタロニトリルからフタロシアニンダイマーの合成。
【化1】




【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


フタロシアニンは剛直な平面構造を有しており,その分子構造から非常に堅牢で高い安定性を有することから色落ちしない色材として高い信頼を得ており,道路標識など安全性が求められる用途に広く用いられてきた。ところで平面の分子を曲面に歪めることで通常とは異なる性質が現れることがある。先に述べたようにフタロシアニンは平面構造をとっているが,この平面を歪ませることができれば新たな機能性を発現できる可能性がある。我々は先にトリフルオロメチル基を持ったフタロシアニンを合成し,その構造をX線結晶構造解析によって解析した結果トリフルオロメチル基の反発によりフタロシアニンが鞍型に歪み,吸収波長も長波長側にシフトしていることが分かった。そこでトリフルオロメチルフタロシアニンダイマー―を合成した。以前よりフタロシアニンダイマーは多く合成されてきているが(非特許文献1,非特許文献2,非特許文献3)トリフルオロメチルフタロシアニンダイマーというものは合成された例が無く,吸収波長の大きな長波長側へのシフトが期待できる。

産業上の利用分野


本発明はトリフルオロメチルフタロシアニン縮環ダイマーの製造方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
一般式(1)
【化1】



(式中Mは水素原子,金属元素,半金属元素,金属酸化物,半金属酸化物,金属水酸化物,半金属水酸化物,金属ハロゲン化物,半金属ハロゲン化物を示す。)で表されるフタロシアニンダイマーの製造方法であって,3,6-ジ(トリフルオロメチル)フタロニトリルと1,2,4,5-テトラシアノフタロニトリルを金属塩とともに加熱する工程からなる製造方法。

【請求項2】
一般式(2)
【化2】



(式中Mは請求項1に記載のものに同じ)で表されるトリフルオロメチルフタロシアニンダイマー。
国際特許分類(IPC)
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close