TOP > 国内特許検索 > 受動モードロックファイバレーザ装置

受動モードロックファイバレーザ装置 UPDATE

国内特許コード P140010528
整理番号 S2014-0050-N0
掲載日 2014年5月9日
出願番号 特願2014-031286
公開番号 特開2015-156452
出願日 平成26年2月21日(2014.2.21)
公開日 平成27年8月27日(2015.8.27)
発明者
  • 野村 雄高
  • 藤 貴夫
  • 三村 榮紀
  • 小川 和彦
出願人
  • 大学共同利用機関法人自然科学研究機構
発明の名称 受動モードロックファイバレーザ装置 UPDATE
発明の概要 【課題】2μ帯でこれまでよりパルス幅の短いレーザを高効率で発生する受動モードロックファイバレーザ装置を提供すること。
【解決手段】Tm添加ZBLANファイバを利得媒質とする受動モードロックファイバレーザ装置。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


パルス時間幅が短いコヒーレント光は、ピークパワーが大きく且つ集光性に優れているので、集光スポットの強度がテラワットにもなる。このような超短パルスコヒーレント光は、超精密加工、超高速時間分解計測、分子制御、光コヒーレンストモグラフィーなど、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、医療、産業分野にわたり、有用である。



上記の分野へ応用可能な超短パルスレーザとしては、0.8μm帯のTiサファイアレーザ、1μm帯のYbレーザ、1.5μm帯のErレーザ、2μm帯のTm添加石英ファイバレーザ(非特許文献1参照。)、2.8μm帯のEr添加フッ化物ガラス(ZBLAN)ファイバレーザ(非特許文献2参照。)等が挙げられる。

産業上の利用分野


本発明は、波長2μm近傍の超短パルスレーザを発生する受動モードロックファイバレーザ装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
共振器と、
前記共振器内に配置されたファイバ利得媒質と、
前記ファイバ利得媒質をポンプするポンプ光源と、
モードロックを誘起するモードロック機構と、を有する受動モードロックファイバレーザ装置であって、
前記ファイバ利得媒質がTm添加ZBLANファイバであることを特徴とする受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項2】
前記共振器内に配置された分散補償手段を有する請求項1に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項3】
前記モードロック機構が非線形偏波回転である請求項1又は2に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項4】
前記共振器はリング共振器である請求項1~3のいずれか1項に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項5】
前記ポンプ光源のポンプ波長が790nmである請求項1~4のいずれか1項に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項6】
前記Tm添加ZBLANファイバに接続された無添加ZBLANファイバを備える請求項1~5のいずれか1項に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項7】
前記Tm添加ZBLANファイバと前記無添加ZBLANファイバとは端面結合される請求項6に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項8】
前記Tm添加濃度は0.5mol%より高く10mol%以下である請求項5~7のいずれか1項に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項9】
前記Tm添加ZBLANファイバの長さが0.64m未満である請求項1~7のいずれか1項に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014031286thum.jpg
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close