TOP > 国内特許検索 > データ表示装置、データ表示方法およびデータ表示プログラム

データ表示装置、データ表示方法およびデータ表示プログラム コモンズ

国内特許コード P140010547
整理番号 05-42
掲載日 2014年5月21日
出願番号 特願2005-266409
公開番号 特開2007-079898
登録番号 特許第4907927号
出願日 平成17年9月14日(2005.9.14)
公開日 平成19年3月29日(2007.3.29)
登録日 平成24年1月20日(2012.1.20)
発明者
  • 村田 真樹
  • 一井 康二
  • 馬 青
  • 白土 保
  • 井佐原 均
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 データ表示装置、データ表示方法およびデータ表示プログラム コモンズ
発明の概要 【課題】入力されたキーワードに関するデータと、入力されたキーワード以外のキーワードに関するデータとを表示することを可能とする。
【解決手段】パターン抽出部121が、キーワード入力部11に入力されたキーワードをキーワード抽出用DB15で全文検索し、複数の入力キーワードの周辺に出現したパターンをci として抽出し、キーワード抽出部122が、抽出されたパターンci をキーワード抽出用DB15で全文検索し、パターンci によって抽出される表現expを抽出すると同時に、抽出した表現expをScoreの値の大きい順にソートして、キーワードとして出力する。表示データ作成部13が出力されたキーワードと書誌データDB16中の書誌データとに基づいて、各キーワードをタイトルに含む文書の年次発表データを表示データとして作成し、データ表示部14が作成された表示データを画面表示する。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


大学、企業等の各研究機関は、有用な研究について、年次大会や論文誌において毎年文書の発表を行っている。



ここで、下記の非特許文献1に記載されている、入力されたデータを表形式で表示する技術を用いれば、各キーワード(例えば、各研究機関や各研究分野)を含む文書の各年次の発表件数のデータ(年次発表データ)を表形式で表示することができる(非特許文献1参照)。



入力されたあるキーワードを含む文書の発表件数のデータを表形式で表示することは、従来から可能であった。
【非特許文献1】
知りたい操作がすぐわかる 標準 Excel全機能Bible 2003,村田吉徳著,技術評論社,2004.2.1発行

産業上の利用分野



本発明は、データ表示技術に関し、特に、入力されたキーワードをキーワード抽出技術を用いて増加させた上で、増加したキーワードに関する数値データを表示するデータ表示装置、データ表示方法およびデータ表示プログラムに関する。より具体的には、本発明は、入力されたキーワードをキーワード抽出技術を用いて増加させた上で、増加後のキーワードを含む文書データの各年次の発表件数のデータ(年次発表データ)を画面表示する。

特許請求の範囲 【請求項1】
キーワードに関するデータを表示するデータ表示装置であって、
複数のキーワードが入力キーワードとして入力されるキーワード入力手段と、
前記入力キーワードに基づいて、前記入力キーワードと同じ分野のキーワードを含む一定量のキーワード抽出用の文書データを格納したデータベースから抽出することで、前記入力キーワードの数より多いキーワードを抽出し、キーワードの総数を増加させるキーワード増加手段と、
前記出力された各キーワードに関するデータを表示データとして作成する表示データ作成手段と、
前記作成された表示データを画面表示するデータ表示手段とを備えると共に、
前記キーワード増加手段は、
前記入力キーワードを前記データベースで全文検索し、検索結果において前記入力キーワードの直前及び直後の文字列をパターンとして抽出するパターン抽出手段と、
前記パターン抽出手段で抽出したパターンを前記データベースで全文検索し、該パターンによって抽出される表現を抽出すると同時に、前記パターンで抽出される表現での前記入力キーワードの割合(pi )によりスコアを算出し、前記抽出した表現を該スコアの大きい順にソートして、キーワードとして出力するキーワード抽出手段とを備える
ことを特徴とするデータ表示装置。

【請求項2】
キーワードに関するデータを表示するデータ表示方法であって、
複数のキーワードが入力キーワードとして入力するステップと、
前記入力キーワードに基づいて、前記入力キーワードと同じ分野のキーワードを含む一定量のキーワード抽出用の文書データを格納したデータベースから抽出することで、前記入力キーワードの数より多いキーワードを抽出し、キーワードの総数を増加させるステップと、
前記出力された各キーワードに関するデータを表示データとして作成するステップと、
前記作成された表示データを画面表示するステップとを有すると共に、
前記キーワードを増加させるステップは、
前記入力キーワードを前記データベースで全文検索し、検索結果において前記入力キーワードの直前及び直後の文字列をパターンとして抽出するステップと、
前記パターン抽出ステップで抽出したパターンを前記データベースで全文検索し、該パターンによって抽出される表現を抽出すると同時に、前記パターンで抽出される表現での前記入力キーワードの割合(pi )によりスコアを算出し、前記抽出した表現を該スコアの大きい順にソートして、キーワードとして出力するステップとを有することを特徴とするデータ表示方法。

【請求項3】
キーワードに関するデータを表示するデータ表示装置が備えるコンピュータに実行させるためのプログラムであって、
前記コンピュータを、
複数のキーワードが入力キーワードとして入力されるキーワード入力手段と、
前記入力キーワードに基づいて、前記入力キーワードと同じ分野のキーワードを含む一定量のキーワード抽出用の文書データを格納したデータベースから抽出することで、前記入力キーワードの数より多いキーワードを抽出し、キーワードの総数を増加させるキーワード増加手段と、
前記出力された各キーワードに関するデータを表示データとして作成する表示データ作成手段と、
前記作成された表示データを画面表示するデータ表示手段と、
前記キーワード増加手段が備える、前記入力キーワードを前記データベースで全文検索し、検索結果において前記入力キーワードの直前及び直後の文字列をパターンとして抽出するパターン抽出手段と、
前記パターン抽出手段で抽出したパターンを前記データベースで全文検索し、該パターンによって抽出される表現を抽出すると同時に、前記パターンで抽出される表現での前記入力キーワードの割合(pi )によりスコアを算出し、前記抽出した表現を該スコアの大きい順にソートして、キーワードとして出力するキーワード抽出手段として機能させるためのデータ表示プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005266409thum.jpg
出願権利状態 登録
※ 詳細内容の開示にあたっては、別途、JSTと秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close