TOP > 国内特許検索 > 機械翻訳装置、機械翻訳方法、及びプログラム

機械翻訳装置、機械翻訳方法、及びプログラム コモンズ

国内特許コード P140010572
整理番号 07-119
掲載日 2014年5月27日
出願番号 特願2008-031188
公開番号 特開2009-193179
登録番号 特許第5007977号
出願日 平成20年2月13日(2008.2.13)
公開日 平成21年8月27日(2009.8.27)
登録日 平成24年6月8日(2012.6.8)
発明者
  • 田仲 理恵
  • 石田 亨
  • 村上 陽平
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 機械翻訳装置、機械翻訳方法、及びプログラム コモンズ
発明の概要 【課題】二言語間の機械翻訳を繰り返すことによって、第1言語から第N言語(Nは3以上の整数である)までの翻訳を行う機械翻訳装置を提供する。
【解決手段】第1言語の翻訳対象となる翻訳対象文書を受け付ける翻訳対象文書受付部11、第1言語から第N言語までの同義の単語の組である多言語対訳情報が1以上記憶される多言語対訳情報記憶部12、その1以上の多言語対訳情報から、第i言語(iは1からN-1の整数である)の翻訳対象文書に含まれる単語を含む多言語対訳情報を選択する多言語対訳情報選択部13、選択後の多言語対訳情報に含まれる二言語間の対訳関係が用いられるように、第1言語の翻訳対象文書からはじめて、第i言語の翻訳対象文書を第(i+1)言語に機械翻訳する処理を第N言語まで繰り返す機械翻訳部14、機械翻訳後の第N言語の文書を出力する出力部15を備える。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



従来、原言語の文書を目的言語の文書に機械的に翻訳する機械翻訳装置が知られており、その機械翻訳の精度が向上してきている(例えば、特許文献1参照)。





そのような二言語間の機械翻訳を繰り返すことによって、機械翻訳を行うことができなかった二言語間の機械翻訳を実現することも可能である。例えば、日英機械翻訳と、英独機械翻訳は存在するが、日独機械翻訳が存在しない場合であっても、日本語の文書に対して日英機械翻訳を実行して英文の翻訳文を取得し、その英文の翻訳文に対して英独機械翻訳を実行してドイツ語の翻訳文を取得することによって、日本語からドイツ語への機械翻訳を実現することも可能である。

【特許文献1】

開2008-15844

産業上の利用分野



本発明は、二言語間の機械翻訳を繰り返すことにより、第1言語から第N言語(Nは3以上の整数)までの機械翻訳を行う機械翻訳装置等に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
二言語間の機械翻訳を繰り返すことによって、第1言語から第N言語(Nは3以上の整数である)までの翻訳を行う機械翻訳装置であって、
第1言語の翻訳対象となる文書である翻訳対象文書を受け付ける翻訳対象文書受付部と、
第1言語から第N言語までの同義の単語の組である多言語対訳情報が1以上記憶される多言語対訳情報記憶部と、
前記多言語対訳情報記憶部で記憶されている1以上の多言語対訳情報から、第i言語(iは1からN-1の整数である)の翻訳対象文書に含まれる単語を含む多言語対訳情報を選択する多言語対訳情報選択部と、
前記多言語対訳情報選択部が選択した多言語対訳情報に含まれる二言語間の対訳関係が用いられるように、前記翻訳対象文書受付部が受け付けた第1言語の翻訳対象文書からはじめて、第i言語の翻訳対象文書を第(i+1)言語に機械翻訳する処理を第N言語への機械翻訳を行うまで繰り返す機械翻訳部と、
前記機械翻訳部が機械翻訳した第N言語の文書を出力する出力部と、を備えた機械翻訳装置。
【請求項2】
前記機械翻訳部は、
前記翻訳対象文書受付部が受け付けた第1言語の翻訳対象文書からはじめて、第i言語の翻訳対象文書を第(i+1)言語に機械翻訳する処理を繰り返す機械翻訳手段と、
前記機械翻訳手段が機械翻訳した結果の文書である翻訳結果文書を蓄積する翻訳結果文書蓄積手段と、
翻訳対象文書に含まれる単語と、当該翻訳対象文書を前記機械翻訳手段が機械翻訳した翻訳結果文書に含まれる単語とのペアであって、対訳関係にある単語のペアである翻訳ペアを取得する翻訳ペア取得手段と、
前記翻訳ペア取得手段が取得した翻訳ペアのうち、前記多言語対訳情報選択部が選択した多言語対訳情報に含まれない翻訳ペアに含まれる目的言語の単語である置換対象単語と、当該翻訳ペアに含まれる原言語の単語を含む多言語対訳情報であって、前記多言語対訳情報選択部が選択した多言語対訳情報に含まれる前記目的言語の単語である置換結果単語とのペアである置換ペアを特定する置換ペア特定手段と、
前記翻訳結果文書蓄積手段が蓄積した翻訳結果文書に含まれる単語のうち、前記置換ペア特定手段が特定した置換ペアに含まれる置換対象単語を、当該置換ペアに含まれる置換結果単語に置換した文書である修正翻訳結果文書を生成する翻訳結果文書修正手段と、を備え、
前記機械翻訳手段は、前記翻訳結果文書修正手段が生成した修正翻訳結果文書を翻訳対象文書として機械翻訳し、
前記出力部は、前記翻訳結果文書修正手段が生成した第N言語の修正翻訳結果文書を出力する、請求項1記載の機械翻訳装置。
【請求項3】
前記機械翻訳部は、
第i言語の単語と第(i+1)言語の単語とを対応付ける情報である対訳辞書が記憶される対訳辞書記憶手段をさらに備え、
前記翻訳ペア取得手段は、前記対訳辞書記憶手段で記憶されている対訳辞書を用いて、翻訳ペアを取得する、請求項2記載の機械翻訳装置。
【請求項4】
前記翻訳ペア取得手段は、前記機械翻訳手段から翻訳ペアを取得する、請求項2記載の機械翻訳装置。
【請求項5】
前記翻訳ペア取得手段は、原言語の単語が、前記多言語対訳情報選択部が選択した多言語対訳情報に含まれる翻訳ペアを取得する、請求項1から請求項4のいずれか記載の機械翻訳装置。
【請求項6】
前記多言語対訳情報選択部は、二言語間の機械翻訳ごとに、前回の選択結果である多言語対訳情報からの多言語対訳情報の選択を行う、請求項1から請求項5のいずれか記載の機械翻訳装置。
【請求項7】
翻訳対象文書受付部と、第1言語から第N言語(Nは3以上の整数である)までの同義の単語の組である多言語対訳情報が1以上記憶される多言語対訳情報記憶部と、多言語対訳情報選択部と、機械翻訳部と、出力部とを用いて、二言語間の機械翻訳を繰り返すことによって、第1言語から第N言語までの翻訳を行う機械翻訳方法であって、
前記翻訳対象文書受付部が、第1言語の翻訳対象となる文書である翻訳対象文書を受け付ける翻訳対象文書受付ステップと、
前記多言語対訳情報選択部が、前記多言語対訳情報記憶部で記憶されている1以上の多言語対訳情報から、第i言語(iは1からN-1の整数である)の翻訳対象文書に含まれる単語を含む多言語対訳情報を選択する多言語対訳情報選択ステップと、
前記機械翻訳部が、前記多言語対訳情報選択ステップで選択した多言語対訳情報に含まれる二言語間の対訳関係が用いられるように、前記翻訳対象文書受付ステップで受け付けた第1言語の翻訳対象文書からはじめて、第i言語の翻訳対象文書を第(i+1)言語に機械翻訳する処理を第N言語への機械翻訳を行うまで繰り返す第1の機械翻訳ステップと、
前記出力部が、前記第1の機械翻訳ステップで機械翻訳した第N言語の文書を出力する出力ステップと、を備えた機械翻訳方法。
【請求項8】
前記機械翻訳部は、機械翻訳手段と、翻訳結果文書蓄積手段と、翻訳ペア取得手段と、置換ペア特定手段と、翻訳結果文書修正手段とを備え、
前記第1の機械翻訳ステップは、
前記機械翻訳手段が、前記翻訳対象文書受付ステップで受け付けた第1言語の翻訳対象文書からはじめて、第i言語の翻訳対象文書を第(i+1)言語に機械翻訳する処理を繰り返す第2の機械翻訳ステップと、
前記翻訳結果文書蓄積手段が、前記第2の機械翻訳ステップで機械翻訳した結果の文書である翻訳結果文書を蓄積する翻訳結果文書蓄積ステップと、
前記翻訳ペア取得手段が、翻訳対象文書に含まれる単語と、当該翻訳対象文書を前記第2の機械翻訳ステップで機械翻訳した翻訳結果文書に含まれる単語とのペアであって、対訳関係にある単語のペアである翻訳ペアを取得する翻訳ペア取得ステップと、
前記置換ペア特定手段が、前記翻訳ペア取得ステップで取得した翻訳ペアのうち、前記多言語対訳情報選択ステップで選択した多言語対訳情報に含まれない翻訳ペアに含まれる目的言語の単語である置換対象単語と、当該翻訳ペアに含まれる原言語の単語を含む多言語対訳情報であって、前記多言語対訳情報選択ステップで選択した多言語対訳情報に含まれる前記目的言語の単語である置換結果単語とのペアである置換ペアを特定する置換ペア特定ステップと、
前記翻訳結果文書修正手段が、前記翻訳結果文書蓄積ステップで蓄積した翻訳結果文書に含まれる単語のうち、前記置換ペア特定ステップで特定した置換ペアに含まれる置換対象単語を、当該置換ペアに含まれる置換結果単語に置換した文書である修正翻訳結果文書を生成する翻訳結果文書修正ステップと、を備え、
前記第2の機械翻訳ステップでは、前記翻訳結果文書修正ステップで生成した修正翻訳結果文書を翻訳対象文書として機械翻訳し、
前記出力ステップでは、前記翻訳結果文書修正ステップで生成した第N言語の修正翻訳結果文書を出力する、請求項7記載の機械翻訳方法。
【請求項9】
コンピュータを、
二言語間の機械翻訳を繰り返すことによって、第1言語から第N言語(Nは3以上の整数である)までの翻訳を行う機械翻訳装置として機能させるためのプログラムであって、
第1言語の翻訳対象となる文書である翻訳対象文書を受け付ける翻訳対象文書受付部と、
第1言語から第N言語までの同義の単語の組である多言語対訳情報が1以上記憶される多言語対訳情報記憶部で記憶されている1以上の多言語対訳情報から、第i言語(iは1からN-1の整数である)の翻訳対象文書に含まれる単語を含む多言語対訳情報を選択する多言語対訳情報選択部と、
前記多言語対訳情報選択部が選択した多言語対訳情報に含まれる二言語間の対訳関係が用いられるように、前記翻訳対象文書受付部が受け付けた第1言語の翻訳対象文書からはじめて、第i言語の翻訳対象文書を第(i+1)言語に機械翻訳する処理を第N言語への機械翻訳を行うまで繰り返す機械翻訳部と、
前記機械翻訳部が機械翻訳した第N言語の文書を出力する出力部として機能させるためのプログラム。
【請求項10】
前記機械翻訳部は、
前記翻訳対象文書受付部が受け付けた第1言語の翻訳対象文書からはじめて、第i言語の翻訳対象文書を第(i+1)言語に機械翻訳する処理を繰り返す機械翻訳手段と、
前記機械翻訳手段が機械翻訳した結果の文書である翻訳結果文書を蓄積する翻訳結果文書蓄積手段と、
翻訳対象文書に含まれる単語と、当該翻訳対象文書を前記機械翻訳手段が機械翻訳した翻訳結果文書に含まれる単語とのペアであって、対訳関係にある単語のペアである翻訳ペアを取得する翻訳ペア取得手段と、
前記翻訳ペア取得手段が取得した翻訳ペアのうち、前記多言語対訳情報選択部が選択した多言語対訳情報に含まれない翻訳ペアに含まれる目的言語の単語である置換対象単語と、当該翻訳ペアに含まれる原言語の単語を含む、前記多言語対訳情報選択部が選択した多言語対訳情報に含まれる前記目的言語の単語である置換結果単語とのペアである置換ペアを特定する置換ペア特定手段と、
前記翻訳結果文書蓄積手段が蓄積した翻訳結果文書に含まれる単語のうち、前記置換ペア特定手段が特定した置換ペアに含まれる置換対象単語を、当該置換ペアに含まれる置換結果単語に置換した文書である修正翻訳結果文書を生成する翻訳結果文書修正手段と、を備え、
前記機械翻訳手段は、前記翻訳結果文書修正手段が生成した修正翻訳結果文書を翻訳対象文書として機械翻訳し、
前記出力部は、前記翻訳結果文書修正手段が生成した第N言語の修正翻訳結果文書を出力する、請求項9記載のプログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008031188thum.jpg
出願権利状態 登録
※ 詳細内容の開示にあたっては、別途、JSTと秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close