TOP > 国内特許検索 > 対訳情報生成装置、対訳情報生成方法、及びプログラム

対訳情報生成装置、対訳情報生成方法、及びプログラム コモンズ 外国出願あり

国内特許コード P140010573
整理番号 07-120
掲載日 2014年5月27日
出願番号 特願2008-031189
公開番号 特開2009-193180
登録番号 特許第5008144号
出願日 平成20年2月13日(2008.2.13)
公開日 平成21年8月27日(2009.8.27)
登録日 平成24年6月8日(2012.6.8)
発明者
  • 田仲 理恵
  • 石田 亨
  • 村上 陽平
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 対訳情報生成装置、対訳情報生成方法、及びプログラム コモンズ 外国出願あり
発明の概要 【課題】同義の三言語の単語を含む三言語対訳情報を生成する対訳情報生成装置を提供する。
【解決手段】二言語間の単語を対応付ける情報である対訳辞書であって、第1言語、第2言語、第3言語におけるすべての二言語間をむすぶ3種以上の対訳辞書が記憶される対訳辞書記憶部11と、第1言語の単語、第2言語の単語、第3言語の単語におけるすべての二言語間の単語の組が、対訳辞書記憶部11で記憶されている対訳辞書によってむすばれる関係にある第1言語の単語、第2言語の単語、第3言語の単語の組である三言語対訳情報を生成する三言語対訳情報生成部13と、三言語対訳情報生成部13が生成した三言語対訳情報を出力する三言語対訳情報出力部14と、を備える。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



従来、同義の二言語の単語を含む対訳辞書を生成する方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。

【特許文献1】

開2007-249606

産業上の利用分野



本発明は、同義の三言語の単語を含む三言語対訳情報等を生成する対訳情報生成装置等に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
二言語間の単語を対応付ける情報である対訳辞書であって、第1言語、第2言語、第3言語におけるすべての二言語間をむすぶ3種以上の対訳辞書が記憶される対訳辞書記憶部と、
第1言語の単語、第2言語の単語、第3言語の単語におけるすべての二言語間の単語の組が、前記対訳辞書記憶部で記憶されている対訳辞書によってむすばれる関係にある第1言語の単語、第2言語の単語、第3言語の単語の組である三言語対訳情報を生成する三言語対訳情報生成部と、
前記三言語対訳情報生成部が生成した三言語対訳情報を出力する三言語対訳情報出力部と、を備えた対訳情報生成装置。
【請求項2】
前記対訳辞書記憶部で記憶される各対訳辞書は、原言語から目的言語への方向を有するものであり、
第1言語、第2言語、第3言語におけるすべての二言語間が少なくともいずれかの方向でむすばれるように、言語間のパスを設定するパス設定部をさらに備え、
前記三言語対訳情報生成部は、前記パス設定部が設定したパスの方向で二言語間の単語がむすばれる三言語対訳情報を生成する、請求項1記載の対訳情報生成装置。
【請求項3】
前記対訳辞書記憶部では、第1言語から第2言語への方向を有する対訳辞書と、第2言語から第3言語への方向を有する対訳辞書と、第3言語から第1言語への方向を有する対訳辞書とが少なくとも記憶されるものであり、
前記パス設定部は、第1言語から第2言語への方向と、第2言語から第3言語への方向と、第3言語から第1言語への方向とを有するパスを少なくとも設定する、請求項2記載の対訳情報生成装置。
【請求項4】
前記対訳辞書記憶部では、第1言語から第2言語への方向を有する対訳辞書と、第1言語から第3言語への方向を有する対訳辞書と、第2言語から第3言語への方向を有する対訳辞書とが少なくとも記憶されるものであり、
前記パス設定部は、第1言語から第2言語への方向と、第1言語から第3言語への方向と、第2言語から第3言語への方向とを有するパスを少なくとも設定する、請求項2または請求項3記載の対訳情報生成装置。
【請求項5】
前記対訳辞書記憶部では、4種以上の言語における二言語間をむすぶ4種以上の対訳辞書が記憶されるものであり、
前記三言語対訳情報生成部は、少なくとも二言語が同一である2種以上の三言語対訳情報を生成し、
前記三言語対訳情報出力部が出力した2種以上の三言語対訳情報を用いて、同一である少なくとも二言語の単語が一致している2以上の三言語対訳情報を併合して、N言語以上の単語の組であるN言語対訳情報(Nは4以上の整数である)を生成するN言語対訳情報生成部と、
前記N言語対訳情報生成部が生成したN言語対訳情報を出力するN言語対訳情報出力部と、をさらに備えた、請求項1から請求項4のいずれか記載の対訳情報生成装置。
【請求項6】
二言語間の単語を対応付ける情報である対訳辞書であって、第i言語と第(i+1)言語(iは1からN(Nは3以上の整数である)までの整数であり、第(N+1)言語は、第1言語である)とをむすぶN種以上の対訳辞書が記憶される対訳辞書記憶部と、
第1言語の単語から第N言語の単語におけるすべての隣接する二言語間の単語の組が、前記対訳辞書記憶部で記憶されている対訳辞書によってむすばれる関係にある第1言語の単語から第N言語の単語の組であるN言語対訳情報を生成するN言語対訳情報生成部と、
前記N言語対訳情報生成部が生成したN言語対訳情報を出力するN言語対訳情報出力部と、を備えた対訳情報生成装置。
【請求項7】
二言語間の単語を対応付ける情報である対訳辞書であって、第1言語、第2言語、第3言語におけるすべての二言語間をむすぶ3種以上の対訳辞書が記憶される対訳辞書記憶部と、三言語対訳情報生成部と、三言語対訳情報出力部とを用いて処理される対訳情報生成方法であって、
前記三言語対訳情報生成部が、第1言語の単語、第2言語の単語、第3言語の単語におけるすべての二言語間の単語の組が、前記対訳辞書記憶部で記憶されている対訳辞書によってむすばれる関係にある第1言語の単語、第2言語の単語、第3言語の単語の組である三言語対訳情報を生成する三言語対訳情報生成ステップと、
前記三言語対訳情報出力部が、前記三言語対訳情報生成ステップで生成した三言語対訳情報を出力する三言語対訳情報出力ステップと、を備えた対訳情報生成方法。
【請求項8】
二言語間の単語を対応付ける情報である対訳辞書であって、第i言語と第(i+1)言語(iは1からN(Nは3以上の整数である)までの整数であり、第(N+1)言語は、第1言語である)とをむすぶN種以上の対訳辞書が記憶される対訳辞書記憶部と、N言語対訳情報生成部と、N言語対訳情報出力部とを用いて処理される対訳情報生成方法であって、
前記N言語対訳情報生成部が、第1言語の単語から第N言語の単語におけるすべての隣接する二言語間の単語の組が、前記対訳辞書記憶部で記憶されている対訳辞書によってむすばれる関係にある第1言語の単語から第N言語の単語の組であるN言語対訳情報を生成するN言語対訳情報生成ステップと、
前記N言語対訳情報出力部が、前記N言語対訳情報生成ステップで生成したN言語対訳情報を出力するN言語対訳情報出力ステップと、を備えた対訳情報生成方法。
【請求項9】
コンピュータを、
第1言語の単語、第2言語の単語、第3言語の単語におけるすべての二言語間の単語の組が、二言語間の単語を対応付ける情報である対訳辞書であって、第1言語、第2言語、第3言語におけるすべての二言語間をむすぶ3種以上の対訳辞書が記憶される対訳辞書記憶部で記憶されている対訳辞書によってむすばれる関係にある第1言語の単語、第2言語の単語、第3言語の単語の組である三言語対訳情報を生成する三言語対訳情報生成部と、
前記三言語対訳情報生成部が生成した三言語対訳情報を出力する三言語対訳情報出力部として機能させるためのプログラム。
【請求項10】
コンピュータを、
第1言語の単語から第N言語(Nは3以上の整数である)の単語におけるすべての隣接する二言語間の単語の組が、二言語間の単語を対応付ける情報である対訳辞書であって、第i言語と第(i+1)言語(iは1からNまでの整数であり、第(N+1)言語は、第1言語である)とをむすぶN種以上の対訳辞書が記憶される対訳辞書記憶部で記憶されている対訳辞書によってむすばれる関係にある第1言語の単語から第N言語の単語の組であるN言語対訳情報を生成するN言語対訳情報生成部と、
前記N言語対訳情報生成部が生成したN言語対訳情報を出力するN言語対訳情報出力部として機能させるためのプログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008031189thum.jpg
出願権利状態 登録
※ 詳細内容の開示にあたっては、別途、JSTと秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close