TOP > 国内特許検索 > 楽曲からの音情報抽出方法及び装置

楽曲からの音情報抽出方法及び装置 コモンズ

国内特許コード P140010718
整理番号 02-69
掲載日 2014年7月7日
出願番号 特願2002-283390
公開番号 特開2004-118011
登録番号 特許第3697516号
出願日 平成14年9月27日(2002.9.27)
公開日 平成16年4月15日(2004.4.15)
登録日 平成17年7月15日(2005.7.15)
発明者
  • 熊本 忠彦
  • 内元 公子
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 楽曲からの音情報抽出方法及び装置 コモンズ
発明の概要 【課題】不要な情報を適切に除去しながら、楽曲データから物理的特徴量を時間的推移に従って取得することのできる音情報の抽出方法及びその装置を提供すること。
【解決手段】コンピュータ処理可能な楽曲データ7を楽曲データ入力部8で入力するとともに音情報を抽出する。該音情報に対して、同時発音認定部9、同時消音認定部10、オーバーラップ切り捨て部11でオーバーラップ部分などの不要な音情報を修正し、和音認定部12で和音を決定した上で、時間的推移に従った音情報をストリームデータ出力部13から出力する。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要



コンピュータにおいて処理可能な楽曲データ、特にインターネット上で広く流通している標準MIDIファイル(SMF:Standard MIDI File)形式の楽曲は、音の構成要素である音の高さや強さ、長さ、音色に関する情報を含んだデジタルコンテンツであり、いわゆる内容に基づく検索(content-based retrieval)を可能にしている。

このようなSMFで制御されるパラメータは、音の高さや強さ、発音・消音のタイミング、音色の選択等であり、これらを巧みに操作することによって芸術性の高い演奏を作ることも可能となる。





例えば、演奏者自身による楽譜の解釈や演奏者独自のタッチといったものをSMFで表現しようとする場合、楽譜上では同時に発音(または消音)されているような音をSMF上では微妙にずらして発音(消音)させたり、「ド、レ」と連続的に発音されている音同士に重なり(オーバーラップ)を持たせたり、といったことが行われる。しかしながら、このようなずれやオーバーラップは、SMFから何らかの物理的特徴量を抽出し、楽曲検索や楽曲印象の評価等の処理に利用しようとするとき、ノイズとなって、処理の障害となることがあった。

産業上の利用分野



本発明は、楽曲データの処理に関するものであり、特に楽曲データから音情報を抽出する方法及び装置に関わる。

特許請求の範囲 【請求項1】
少なくともコンピュータ処理が可能な所定のデータ規格に基づく楽曲データから、物理的特徴量である楽曲基本特徴量の時間的推移を調整処理し、そのストリームデータを出力する音情報抽出方法であって、
少なくとも楽曲基本特徴量を時間的推移に従って抽出するステップ、
抽出された楽曲基本特徴量について、所定の条件に基づいて同時に発音している音同士を認定し、いずれかの音の発音開始時刻を調整する同時発音認定処理、及び抽出された楽曲基本特徴量について、所定の条件に基づいて同時に消音している音同士を認定し、いずれかの音の消音時刻を調整する同時消音認定処理をいずれかの順序により行う同時発消音認定ステップ、
抽出された楽曲基本特徴量について、所定の条件に基づいて発音時間帯が重複している音同士について、発音時間帯が重複しないようにいずれかの音の発音時間帯を調整するオーバーラップ切り捨てステップ、
該オーバーラップ切り捨てステップ後の発音時間帯が重複する音同士を和音として認定する和音認定ステップ、
以上の各ステップにおける処理を経た楽曲基本特徴量の時間的推移を示すストリームデータを出力するステップ
の各ステップを含む
ことを特徴とする音情報抽出方法。

【請求項2】
前記同時発消音認定ステップにおいて、
第1音の発音開始時刻から、所定の時間内に発音を開始した第2音を同時に発音している音と認定し、
該第2音の発音開始時刻を、第1音の発音開始時刻と同時刻に変更する
請求項1に記載の音情報抽出方法。

【請求項3】
前記同時発消音認定ステップにおいて、
第1音の消音時刻から、所定の時間内に消音した第2音を同時に消音している音と認定し、
該第1音の消音時刻を、第2音の消音時刻と同時刻に変更する
請求項1又は2に記載の音情報抽出方法。

【請求項4】
前記オーバーラップ切り捨てステップにおいて、
発音時間帯が重複する、所定の時間以上の長さの発音時間である第1音及び第2音において、
第1音及び第2音が重複して発音する重複発音時間が、所定の時間に満たない長さの時に、
該第1音の消音時刻を、該第2音の発音開始時刻と同時刻に変更する
請求項1ないし3に記載の音情報抽出方法。

【請求項5】
前記データ規格が、MIDI(musical instrument digital interface)規格である
請求項1ないし4に記載の音情報抽出方法。

【請求項6】
前記楽曲基本特徴量が、音の高さ、音の強さ、音の長さ、音色情報である
請求項1ないし5に記載の音情報抽出方法。

【請求項7】
少なくともコンピュータ処理が可能な所定のデータ規格に基づく楽曲データから、物理的特徴量である楽曲基本特徴量の時間的推移を調整処理し、そのストリームデータを出力する音情報抽出装置であって、該装置が、
楽曲データを入力する入力手段と、
少なくとも楽曲基本特徴量を時間的推移に従って抽出する楽曲基本特徴量抽出手段と、
抽出された楽曲基本特徴量について、所定の条件に基づいて同時に発音している音同士を認定し、いずれかの音の発音開始時刻を調整する同時発音認定手段と、
抽出された楽曲基本特徴量について、所定の条件に基づいて同時に消音している音同士を認定し、いずれかの音の消音時刻を調整する同時消音認定手段と、
抽出された楽曲基本特徴量について、所定の条件に基づいて発音時間帯が重複している音同士について、発音時間帯が重複しないようにいずれかの音の発音時間帯を調整するオーバーラップ切り捨て手段と、
発音時間帯が重複する音同士を和音として認定する和音認定手段と、
楽曲基本特徴量の時間的推移を示すストリームデータを出力する出力手段と
を備えることを特徴とする音情報抽出装置。

【請求項8】
前記同時発音認定手段において、
第1音の発音開始時刻から、所定の時間内に発音を開始した第2音を同時に発音している音と認定し、
該第2音の発音開始時刻を、第1音の発音開始時刻と同時刻に変更する
請求項7に記載の音情報抽出装置。

【請求項9】
前記同時消音認定手段において、
第1音の消音時刻から、所定の時間内に消音した第2音を同時に消音している音と認定し、
該第1音の消音時刻を、第2音の消音時刻と同時刻に変更する
請求項7又は8に記載の音情報抽出装置。

【請求項10】
前記オーバーラップ切り捨て手段において、
発音時間帯が重複する、所定の時間以上の長さの発音時間である第1音及び第2音において、
第1音及び第2音が重複して発音する重複発音時間が、所定の時間に満たない長さの時に、
該第1音の消音時刻を、該第2音の発音開始時刻と同時刻に変更する
請求項7ないし9に記載の音情報抽出装置。

【請求項11】
前記データ規格が、MIDI(musical instrument digital interface)規格である
請求項7ないし10に記載の音情報抽出装置。

【請求項12】
前記楽曲基本特徴量が、音の高さ、音の強さ、音の長さ、音色情報である
請求項7ないし11に記載の音情報抽出装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2002283390thum.jpg
出願権利状態 登録
※ 詳細内容の開示にあたっては、別途、JSTと秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close