TOP > 国内特許検索 > 辞書評価支援装置、辞書評価支援プログラム

辞書評価支援装置、辞書評価支援プログラム コモンズ

国内特許コード P140010725
整理番号 02-60
掲載日 2014年7月7日
出願番号 特願2003-019549
公開番号 特開2004-234138
登録番号 特許第4257407号
出願日 平成15年1月28日(2003.1.28)
公開日 平成16年8月19日(2004.8.19)
登録日 平成21年2月13日(2009.2.13)
発明者
  • 善木 淳
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 辞書評価支援装置、辞書評価支援プログラム コモンズ
発明の概要 【課題】見出し語とその説明文章を解析し、辞書の特徴を客観的な情報で提示し、辞書選択に役立つ方法を新しく提供する。
【解決手段】入力された見出し語に対応する説明文章を抽出する説明文章抽出手段3と、当該説明文章に含まれる複数の語句を関連語句として出力する関連語句出力手段4と、出力した各関連語句について見出し語を基準とする関連性を示す関連情報を生成する関連情報生成手段5と、生成した関連情報を出力する関連情報出力手段6とから構成し、語句入力受付手段1が、初期値として評価対象である評価対象語句の入力を受け付けるとともに、関連語句出力手段4で出力される関連語句の入力を受け付けるものであり、関連情報生成手段5が、各関連語句に関して、評価対象語句の入力を基準として当該関連語句が出力されるまでに語句入力受付手段1で語句の入力を受け付けた回数に基づく階層情報を含む関連情報を生成するようにした。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



辞書には、言語間辞書、国語辞書、百科事典等、様々な種類があり、各種類の辞書についても多くの出版社から多様な辞書が販売されている。ここで、言語間辞書とは、ある言語の語句説明を他の言語の語句を用いて記述したものであり、例えば英和辞書、和英辞書等がこの範疇に含まれる。日本語の古典で用いられる語句を現代語で説明した古語辞書も言語間辞書に含まれる。また、国語辞書は、ある言語の語句説明をその言語の別の語句で記述したものであり、日本語の国語辞書や英語の英英辞書等がこの範疇に含まれる。百科事典も一般的には国語辞書と同様のものであるが、理解を容易にするために図版や写真を多用したものがある。さらに最近では、パーソナルコンピュータで読み込んで利用できるようにしたCD-ROM版の辞書や、インターネット等のオンラインで利用可能又はダウンロード可能な辞書、出版物である辞書をスキャナ等で読み込んでパーソナルコンピュータで利用できるように独自に編集したもの等(以上を「電子辞書」と総称する)も、出版物である上述のような辞書に対応して或いはそれとは別に単独で、他種類提供されてきている。





このような辞書をユーザである消費者が購入する場合、価格、大きさ、見出し語量、例文量、字の大きさ、図版の多さ、書評等を参考にするのが一般的であると考えられる。また電子辞書が書物としての辞書に対応して提供されることが多い現在では、例えばインターネット等で電子辞書のサンプル版や評価版を試してみて、気に入った辞書を選択のうえ、該当する電子辞書又はそれに対応する辞書の購入をするような場合もあると考えられる。すなわち、これまでユーザは、辞書そのものの内容を客観的に評価する方法が存在しないため、表層的な情報を手掛かりにあくまで主観に基づいて辞書を評価することで購入の参考にしている。





また、ある語句の意味は、他の語句との関連で定義できるとする知見が得られている(例えば、非特許文献1参照。)。この知見に従って、辞書に掲載されている内容にまで踏み込んで検討しようとすると、その辞書である語句を引き、その語句についての説明文に挙がっている語句で辞書を引く、という作業を繰り返して行わなければならない。





【非特許文献1】

フィデルナン・ド・ソシュール著、小林英夫訳、「一般言語学講座」、岩波書店、1972年

産業上の利用分野



本発明は、辞書を選ぶ際の好適な指標となる情報を提示することができる辞書評価支援装置及びそのプログラムに関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
見出し語群と各見出し語に対応する説明文章とを少なくとも格納した電子辞書を利用して、当該電子辞書の内容を評価する指標となる情報を出力するために用いられるものであって、
語句の入力を受け付ける語句入力受付手段と、この受け付けた語句を電子辞書に格納された見出し語群から検索する見出し語検索手段と、この検索結果に基づいて当該語句を見出し語とする説明文章を電子辞書から抽出する説明文章抽出手段と、抽出した説明文章に対して形態素解析を実行し当該説明文章に含まれる語句のうち少なくとも一部の語句を前記見出し語に関連する関連語句として出力する関連語句出力手段と、出力した各関連語句について見出し語を基準とする関連性を示し前記指標となる情報である関連情報を生成する関連情報生成手段と、生成した関連情報を出力する関連情報出力手段とを具備し、前記語句入力受付手段が、初期値として評価対象である評価対象語句の入力を受け付けるとともに、関連語句出力手段で出力される関連語句の入力を受け付けるものであり、関連情報生成手段が、各関連語句に関して、評価対象語句の入力を基準として当該関連語句が出力されるまでに語句入力受付手段で語句の入力を受け付けた回数に基づく階層情報を含む関連情報を生成することを特徴とする辞書評価支援装置。

【請求項2】
関連語句出力手段が、説明文章を一以上の説明文に分割し、その分割した各説明文に対して実行した形態素解析の結果に基づいて、各説明文に出現する語句に対して当該説明文における文頭からの出現順位を示す語句出現順位を付与し、所定の語句出現順位に係る語句を関連語句として出力するものである請求項1記載の辞書評価支援装置。

【請求項3】
関連語句出力手段が、語句出現順位が1位の語句を関連語句として出力するものである請求項2記載の辞書評価支援装置。

【請求項4】
見出し語検索手段において検索対象である語句が電子辞書の見出し語群に存在しない場合に、関連情報生成手段が関連情報として、関連情報の生成を終了する旨の終了情報を生成するものであり、関連情報出力手段がこの終了情報を含む関連情報を出力するものであって、この終了情報に基づいて語句入力受付手段が語句の入力受付を終了するものである請求項1、2又は3記載の辞書評価支援装置。

【請求項5】
語句入力受付手段が、関連語句出力手段において出力された関連語句が既に入力を受け付けた語句であると判断した場合、関連情報生成手段が、当該出力すべき関連語句とその関連語句を含む説明文章に対応する見出し語との双方向の関連性を示す関連情報を生成すると共に終了情報を生成するものであり、関連情報出力手段がこの終了情報を含む関連情報を出力するものであって、この終了情報に基づいて語句入力受付手段が語句の入力受付を終了するものである請求項1、2、3又は4記載の辞書評価支援装置。

【請求項6】
関連語句の階層情報について所定階層までの関連情報の生成を指定する旨の階層指定情報の入力を受け付ける階層指定情報受付手段を更に具備し、関連情報生成手段が、階層指定情報受付手段で受け付けた階層指定情報に対応する階層情報を有する関連情報を生成した場合、関連情報の生成を終了する旨の終了情報を生成するものであり、関連情報出力手段がこの終了情報を含む関連情報を出力するものであって、この終了情報に基づいて語句入力受付手段が語句の入力受付を終了するものである請求項1、2、3、4又は5記載の辞書評価支援装置。

【請求項7】
関連語句出力手段が、出力する関連語句に対して前記語句出現順位と共に、説明文章において当該関連語句を含む説明文が出現した順位を示す説明文出現順位を付与するものであり、関連情報生成手段において生成する関連情報が、直前に関連語句出力手段で出力した関連語句について、当該関連語句の語句出現順位を定数とし、且つ、当該関連語句が出現した説明文により構成される説明文章に対応する見出し語と、前記説明文出現順位とを変数とする関数によって表される情報から構成されるものである請求項2、3、4、5又は6記載の辞書評価支援装置。

【請求項8】
関連語句出力手段が、評価対象語句についてのみ説明文出現順位が1位から所定順位までの関連語句を出力し、評価対象語句以外の関連語句については説明文出現順位が1位の関連語句のみを出力するものである請求項7記載の辞書評価支援装置。

【請求項9】
評価対象語句に基づいて直接出力される関連語句の説明文出現順位を指定する説明文出現順位指定情報の入力を受け付ける説明文出現順位指定情報受付手段を更に具備し、語句入力受付手段が、説明文出現順位指定情報受付手段で受け付けた説明文出現順位指定情報に係る説明文出現順位を越える説明文出現順位を有する関連語句の入力を受け付けないものである請求項1、2、3、4、5、6、7又は8記載の辞書評価支援装置。

【請求項10】
関連情報出力手段で出力した関連情報に基づいて、評価対象語句を起点とし各関連語句の評価対象語句に対する位置付けを表した樹系図を生成する樹系図生成手段と、生成した樹系図をディスプレイに表示可能な画像データとして出力する樹系図出力手段とを更に具備している請求項1、2、3、4、5、6、7、8又は9記載の辞書評価支援装置。

【請求項11】
関連情報出力手段で出力した関連情報に含まれる前記階層情報、語句出現順位及び説明文出現順位に基づいて、評価対象語句を起点とし各関連語句の評価対象語句に対する位置付けを表した樹系図を生成する樹系図生成手段と、生成した樹系図をディスプレイに表示可能な画像データとして出力する樹系図出力手段とを更に具備している請求項9記載の辞書評価支援装置。

【請求項12】
樹系図生成手段が、階層情報ごと、語句出現順位ごと、及び説明文出現順位ごとに異なる太さの直線で、評価対象語句と関連語句、及び関連語句と他の関連語句とを接続した樹系図を作成するものである請求項11記載の辞書評価支援装置。

【請求項13】
評価対象語句及び関連語句の品詞を指定する品詞指定情報を受け付ける品詞指定受付手段を更に具備し、語句入力受付手段が、品詞指定受付手段で受け付けた品詞のみの入力を受け付けるものであり、関連語句出力手段が、形態素解析に基づいて品詞指定受付手段で受け付けた品詞に対応する語句のみを関連語句として出力する請求項1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11又は12記載の辞書評価支援装置。

【請求項14】
コンピュータに見出し語群と各見出し語に対応する説明文章とを少なくとも格納した電子辞書を読み込ませ、当該電子辞書の内容を評価する指標となる情報を出力するために、当該コンピュータを、
語句の入力を受け付ける語句入力受付手段と、この受け付けた語句を電子辞書に格納された見出し語群から検索する見出し語検索手段と、この検索結果に基づいて当該語句を見出し語とする説明文章を電子辞書から抽出する説明文章抽出手段と、抽出した説明文章に対して形態素解析を実行し当該説明文章に含まれる語句のうち少なくとも一部の語句を前記見出し語に関連する関連語句として出力する関連語句出力手段と、出力した各関連語句について見出し語を基準とする関連性を示し前記指標となる情報である関連情報を生成する関連情報生成手段と、生成した関連情報を出力する関連情報出力手段とを具備し、前記語句入力受付手段が、初期値として評価対象である評価対象語句の入力を受け付けるとともに、関連語句出力手段で出力される関連語句の入力を受け付けるものであり、関連情報生成手段が、各関連語句に関して、評価対象語句の入力を基準として当該関連語句が出力されるまでに語句入力受付手段で語句の入力を受け付けた回数に基づく階層情報を含む関連情報を生成する辞書評価支援装置として機能させることを特徴とする辞書評価支援プログラム。

【請求項15】
関連語句出力手段が、説明文章を一以上の説明文に分割し、その分割した各説明文に対して実行した形態素解析の結果に基づいて、各説明文に出現する語句に対して当該説明文における文頭からの出現順位を示す語句出現順位を付与し、所定の語句出現順位に係る語句を関連語句として出力するようにコンピュータを機能させる請求項14記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項16】
関連語句出力手段が、語句出現順位が1位の語句を関連語句として出力するようにコンピュータを機能させる請求項15記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項17】
見出し語検索手段において検索対象である語句が電子辞書の見出し語群に存在しない場合に、関連情報生成手段が関連情報として、関連情報の生成を終了する旨の終了情報を生成し、関連情報出力手段がこの終了情報を含む関連情報を出力し、この終了情報に基づいて語句入力受付手段が語句の入力受付を終了するようにコンピュータを機能させる請求項14、15又は16記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項18】
語句入力受付手段が、関連語句出力手段において出力された関連語句が既に入力を受け付けた語句であると判断した場合、関連情報生成手段が、当該出力すべき関連語句とその関連語句を含む説明文章に対応する見出し語との双方向の関連性を示す関連情報を生成すると共に終了情報を生成し、関連情報出力手段がこの終了情報を含む関連情報を出力し、この終了情報に基づいて語句入力受付手段が語句の入力受付を終了するようにコンピュータを機能させる請求項14、15、16又は17記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項19】
コンピュータに、関連語句の階層情報について所定階層までの関連情報の生成を指定する旨の階層指定情報の入力を受け付ける階層指定情報受付手段を更に具備させ、関連情報生成手段が、階層指定情報受付手段で受け付けた階層指定情報に対応する階層情報を有する関連情報を生成した場合、関連情報の生成を終了する旨の終了情報を生成し、関連情報出力手段がこの終了情報を含む関連情報を出力し、この終了情報に基づいて語句入力受付手段が語句の入力受付を終了するように当該コンピュータを機能させる請求項14、15、16、17又は18記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項20】
関連語句出力手段が、出力する関連語句に対して前記語句出現順位と共に、説明文章において当該関連語句を含む説明文が出現した順位を示す説明文出現順位を付与し、関連情報生成手段において生成する関連情報を、直前に関連語句出力手段で出力した関連語句について、当該関連語句の語句出現順位を定数とし、且つ、当該関連語句が出現した説明文により構成される説明文章に対応する見出し語と、前記説明文出現順位とを変数とする関数によって表される情報から構成するようにコンピュータを機能させる請求項15、16、17、18又は19記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項21】
関連語句出力手段が、評価対象語句についてのみ説明文出現順位が1位から所定順位までの関連語句を出力し、評価対象語句以外の関連語句については説明文出現順位が1位の関連語句のみを出力するようにコンピュータを機能させる請求項20記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項22】
コンピュータに、評価対象語句に基づいて直接出力される関連語句の説明文出現順位を指定する説明文出現順位指定情報の入力を受け付ける説明文出現順位指定情報受付手段を更に具備させ、語句入力受付手段が、説明文出現順位指定情報受付手段で受け付けた説明文出現順位指定情報に係る説明文出現順位を越える説明文出現順位を有する関連語句の入力を受け付けないように当該コンピュータを機能させる請求項14、15、16、17、18、19、20又は21記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項23】
コンピュータに、関連情報出力手段で出力した関連情報に基づいて、評価対象語句を起点とし各関連語句の評価対象語句に対する位置付けを表した樹系図を生成する樹系図生成手段と、生成した樹系図をディスプレイに表示可能な画像データとして出力する樹系図出力手段とを更に具備させる請求項14、15、16、17、18、19、20、21又は22記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項24】
コンピュータに、関連情報出力手段で出力した関連情報に含まれる前記階層情報、語句出現順位及び説明文出現順位に基づいて、評価対象語句を起点とし各関連語句の評価対象語句に対する位置付けを表した樹系図を生成する樹系図生成手段と、生成した樹系図をディスプレイに表示可能な画像データとして出力する樹系図出力手段とを更に具備させる請求項22記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項25】
樹系図生成手段が、階層情報ごと、語句出現順位ごと、及び説明文出現順位ごとに異なる太さの直線で、評価対象語句と関連語句、及び関連語句と他の関連語句とを接続した樹系図を作成するようにコンピュータを機能させる請求項24記載の辞書評価支援プログラム。

【請求項26】
コンピュータに、評価対象語句及び関連語句の品詞を指定する品詞指定情報を受け付ける品詞指定受付手段を更に具備させ、語句入力受付手段が、品詞指定受付手段で受け付けた品詞のみの入力を受け付け、関連語句出力手段が、形態素解析に基づいて品詞指定受付手段で受け付けた品詞に対応する語句のみを関連語句として出力するようにコンピュータを機能させる請求項14、15、16、17、18、19、20、21、22又は23記載の辞書評価支援プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2003019549thum.jpg
出願権利状態 登録
※ 詳細内容の開示にあたっては、別途、JSTと秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close