TOP > 国内特許検索 > 階層構造データ検索システム,階層構造データ検索処理方法およびそのプログラム記録媒体

階層構造データ検索システム,階層構造データ検索処理方法およびそのプログラム記録媒体 コモンズ

国内特許コード P140010750
整理番号 00-66
掲載日 2014年7月10日
出願番号 特願2000-326409
公開番号 特開2002-132807
登録番号 特許第3538636号
出願日 平成12年10月26日(2000.10.26)
公開日 平成14年5月10日(2002.5.10)
登録日 平成16年4月2日(2004.4.2)
発明者
  • 村田 真樹
  • 内山 将夫
  • 井佐原 均
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 階層構造データ検索システム,階層構造データ検索処理方法およびそのプログラム記録媒体 コモンズ
発明の概要 【課題】 階層構造データを持つデータベースの検索において,データの階層構造の特徴を利用することによって,抽象化されたデータを効率よく検索する。
【解決手段】 検索対象のデータベースを,抽象度の低い下位階層のデータが抽象度の高い上位階層のデータによって挟まれる形でデータを保持する構造にする。検索キー整形部12は,入力検索キーが複数の連続したデータを指定するキーであって,それぞれ下位階層から上位階層までのいずれかの階層のデータを指定するものである場合に,複数の入力検索キーの間に含まれる階層のデータを補うことにより検索キーを整形する。全文検索実行部13は,その検索キーを用いてデータベースを全文検索する。
従来技術、競合技術の概要


データベースの検索で最も多く用いられている全文検索では,データベース中の全文字情報中に,検索キーとして指定された文字列が現れるかどうかを調べ,現れた場合にはその位置またはその文字列が含まれる部分の文字情報を出力する。このような全文検索処理を高速に実行するための検索エンジンについては,従来から多くの研究,開発が行われてきている。しかし,データが階層構造をなすデータベースの検索を,階層構造の特徴を利用して高速に実行するシステムの研究はあまり行われていない。
例えば言語コーパスのような階層構造をなすデータの検索において,抽象化データである「組織名」に何らかの「助詞」が付加された文字情報を検索したいというような場合,従来の単なる全文検索処理では,二つの検索キー「組織名」,「助詞」についてAND検索を行わなければならなかった。例えば検索キー「組織名」を用いて検索した結果について,さらに「組織名」の後に「助詞」が続くかどうかを調べ,「組織名」+「助詞」に適合するかどうかをチェックするという2段階の検索を行う。

産業上の利用分野


本発明は情報検索に関する。詳しくは,言語コーパスなどの階層構造をなすデータベースを高速に検索することを可能にした階層構造データ検索システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
入力した検索キーにより階層構造データを持つデータベースを検索するシステムにおいて,
前記データベースは,抽象度の低い下位階層のデータがそのデータに対応する2つの同じ抽象度の高い上位階層のデータによって挟まれる形でデータを保持するように構成され,
入力検索キーが第1番目のデータから第n番目(n≧2)までの複数のデータを指定するキーであって,それぞれ前記下位階層から上位階層までのいずれかの階層を含むデータを指定するものである場合に,前記入力検索キーにおける第i番目(iは1からn-1まで)のデータと第(i+1)番目のデータとの間に,第i番目のデータの直後にそのデータに対応する上位階層のデータが最上位階層データまで後方に向かって順番に並び,第(i+1)番目のデータの直前にそのデータに対応する上位階層のデータが最上位階層データまで前方に向かって順番に並ぶように,複数のデータの間に含まれる階層のデータを補うことにより検索キーを整形する検索キー整形手段と,
整形した検索キーを用いて前記データベースを全文検索する全文検索実行手段とを備えることを特徴とする階層構造データ検索システム。

【請求項2】
階層構造データを持つオリジナルのデータベースを入力し,抽象度の低い下位階層のデータがそのデータに対応する2つの同じ抽象度の高い上位階層のデータによって挟まれる形でデータを保持するようにデータベースを作り替える階層構造検索用データベース作成手段を備えることを特徴とする階層構造データ検索システム。

【請求項3】
抽象度の低い下位階層のデータがそのデータに対応する2つの同じ抽象度の高い上位階層のデータによって挟まれる形でデータを保持するように構成された階層構造データを持つデータベースを検索する検索処理方法であって,
入力検索キーが第1番目のデータから第n番目(n≧2)までの複数のデータを指定するキーであって,それぞれ前記下位階層から上位階層までのいずれかの階層を含むデータを指定するものである場合に,前記入力検索キーにおける第i番目(iは1からn-1まで)のデータと第(i+1)番目のデータとの間に,第i番目のデータの直後にそのデータに対応する上位階層のデータが最上位階層データまで後方に向かって順番に並び,第(i+1)番目のデータの直前にそのデータに対応する上位階層のデータが最上位階層データまで前方に向かって順番に並ぶように,複数のデータの間に含まれる階層のデータを補うことにより検索キーを整形する過程と,
整形した検索キーを用いて前記データベースを全文検索する過程とを有することを特徴とする階層構造データ検索処理方法。

【請求項4】
抽象度の低い下位階層のデータがそのデータに対応する2つの同じ抽象度の高い上位階層のデータによって挟まれる形でデータを保持するように構成された階層構造データを持つデータベースを,コンピュータによって検索するためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体であって,
入力検索キーが第1番目のデータから第n番目(n≧2)までの複数のデータを指定するキーであって,それぞれ前記下位階層から上位階層までのいずれかの階層を含むデータを指定するものである場合に,前記入力検索キーにおける第i番目(iは1からn-1まで)のデータと第(i+1)番目のデータとの間に,第i番目のデータの直後にそのデータに対応する上位階層のデータが最上位階層データまで後方に向かって順番に並び,第(i+1)番目のデータの直前にそのデータに対応する上位階層のデータが最上位階層データまで前方に向かって順番に並ぶように,複数のデータの間に含まれる階層のデータを補うことにより検索キーを整形する処理と,
整形した検索キーを用いて前記データベースを全文検索する処理とを,
コンピュータに実行させるためのプログラムを記録したことを特徴とする階層構造データ検索用プログラム記録媒体。
国際特許分類(IPC)
  • G06F 17/30    320
  • G06F 17/30    170
  • G06F 17/30    240
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2000326409thum.jpg
出願権利状態 登録
※ 詳細内容の開示にあたっては、別途、JSTと秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close