TOP > 国内特許検索 > セシウム含有廃棄物の処理方法。

セシウム含有廃棄物の処理方法。 新技術説明会 実績あり

国内特許コード P140010879
整理番号 3870
掲載日 2014年8月11日
出願番号 特願2012-170952
公開番号 特開2014-032031
出願日 平成24年8月1日(2012.8.1)
公開日 平成26年2月20日(2014.2.20)
発明者
  • 高岡 昌輝
  • 中村 尊郁
  • 大下 和徹
  • 塩田 憲司
出願人
  • 国立大学法人京都大学
発明の名称 セシウム含有廃棄物の処理方法。 新技術説明会 実績あり
発明の概要 【課題】セシウム含有廃棄物を固化して処理するのに適しており、且つ、固化された被処理物からのセシウムの溶出が抑制されたセシウム含有廃棄物の処理方法を提供する。
【解決手段】
(1)アルミノケイ酸塩原料、及びアルカリ活性剤を含む溶液に、セシウム含有廃棄物を添加する工程1、及び、
(2)前記溶液を、ゲル化させる工程2を含む、
ことを特徴とするセシウム含有廃棄物の処理方法。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要



平成23年3月11日に起こった東日本大震災(以下、震災という。)により、大量の瓦礫が発生し、福島第一原子力発電所において事故が発生したため、瓦礫が放射能汚染を受けた。このため、震災により発生した瓦礫等を処理場で焼却すると、焼却残渣から、8,000Bq/kgを超える高濃度の放射性セシウムが検出されている。このような焼却残渣を土中に埋め立てて処理すると、放射性セシウムが土中に溶出してしまうという問題がある。





放射性セシウムを含有する焼却残渣をセメントで固化することによって、不溶化して処理を行うことが検討されているが、それでも溶出率が高く、放射性セシウムの不溶化が十分ではない。このため、放射性セシウムを不溶化して処理することができ、被処理物を土中に埋め立てても、放射性セシウムが溶出し難いセシウム含有廃棄物の処理方法の開発が求められている。





廃棄物を固化して処理する処理方法として、下水汚泥溶融スラグ粉末を活性フィラーとし、ケイ酸ナトリウム水溶液をシリケートモノマー供給源として、これをポリマー化することでジオポリマーのモノマー源のシリケートモノマーが、下水汚泥溶融スラグ由来の金属イオンにより縮重合して固化したマトリックス構造体中に、下水汚泥溶融スラグ粉末が分散している構造を有する固化体とする下水汚泥溶融スラグ固化体の製造方法が提案されている(特許文献1参照)。





しかし、上記下水汚泥溶融スラグ固化体の製造方法は、Pが豊富に含まれている下水汚泥溶融スラグの再資源化を可能とし、下水汚泥溶融スラグ固化体製品を提供することを目的としており、放射性セシウムを含有する廃棄物を固化させ、且つ放射性セシウムが溶出しない処理方法とするための最適の条件については検討されておらず、セシウム含有廃棄物の処理に適した方法であるとはいえない。放射性セシウムを不溶化して処理することができ、被処理物を土中に埋め立てた場合、放射性セシウムの溶出が抑制された、セシウム含有廃棄物の処理方法は、未だ開発されていない。

産業上の利用分野



本発明は、セシウム含有廃棄物の処理方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
(1)アルミノケイ酸塩原料、及びアルカリ活性剤を含む溶液に、セシウム含有廃棄物を添加する工程1、及び、
(2)前記溶液を、ゲル化させる工程2を含む、
ことを特徴とするセシウム含有廃棄物の処理方法。

【請求項2】
前記アルミノケイ酸塩原料は、メタカオリン、及びケイ酸アルミニウムから選択される少なくとも1種である、請求項1に記載のセシウム含有廃棄物の処理方法。

【請求項3】
前記アルカリ活性剤は、水酸化ナトリウム、及びケイ酸ナトリウムを含む、請求項1又は2に記載のセシウム含有廃棄物の処理方法。

【請求項4】
前記セシウム含有廃棄物の含有量は、前記セシウム含有廃棄物と、前記アルミノケイ酸塩原料との含有量の合計を100重量%として、30~90重量%である、請求項1~3のいずれかに記載のセシウム含有廃棄物の処理方法。

【請求項5】
前記アルミノケイ酸塩原料、及び前記セシウム含有廃棄物の含有量の合計は、前記アルミノケイ酸塩原料、前記セシウム含有廃棄物、及び前記アルカリ活性剤の含有量の合計を100重量%として、45~90重量%である、請求項1~4のいずれかに記載のセシウム含有廃棄物の処理方法。

【請求項6】
前記セシウム含有廃棄物は、セシウムが付着した瓦礫を焼却して生じる飛灰である、請求項1~5のいずれかに記載のセシウム含有廃棄物の処理方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close