TOP > 国内特許検索 > 油脂産生酵母及び油脂製造方法

油脂産生酵母及び油脂製造方法 新技術説明会

国内特許コード P140010888
整理番号 AL05P002
掲載日 2014年8月19日
出願番号 特願2014-157746
公開番号 特開2016-034240
出願日 平成26年8月1日(2014.8.1)
公開日 平成28年3月17日(2016.3.17)
発明者
  • 島 純
  • 谷村 あゆみ
  • 高島 昌子
  • 遠藤 力也
  • 大熊 盛也
  • 杉田 隆
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
  • 国立研究開発法人理化学研究所
  • 学校法人 明治薬科大学
発明の名称 油脂産生酵母及び油脂製造方法 新技術説明会
発明の概要 【課題】バイオマスから油脂を製造するために有用な新規酵母の提供。
【解決手段】ロードスポリジウム トルロイデス(Rhodosporidium toruloides)IPM33-18株(NITE BP-01900)又はその遺伝子改変体を提供する。また、IPM33-18株等を、炭素源を含有する培地中で培養し、培養物中に油脂を蓄積させる工程と、前記培養物から前記油脂を回収する工程と、を含む油脂の製造方法を提供する。この製造方法では、前記培養物の液体分画から前記油脂を回収することが可能である。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


化石燃料への依存から脱却するため、また温暖化ガスの排出を抑制するため、カーボンニュートラルな資源であるバイオマスの有効利用が求められている。特許文献1には、バイオマスの利用に関し、クロレラ等の藻類を用いて油脂を産生する技術が開示されている。当該文献に開示される技術は、藻類と水とを含む混合物を圧力容器内で爆砕することによって、有機溶媒を用いずに藻体から油脂を回収するものである。



本発明に関連して、特許文献2には、炭水化物から油脂を生成するトリコスポロン(Trichosporon)属酵母が開示されている。

産業上の利用分野


本発明は、油脂産生酵母及び油脂製造方法に関する。より詳しくは、油脂を菌体外に蓄積する酵母株及びこれを用いた油脂の製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ロードスポリジウム トルロイデス(Rhodosporidium toruloides)IPM33-18株(NITE BP-01900)又はその遺伝子改変体を、炭素源を含有する培地中で培養し、培養物中に油脂を蓄積させる工程と、
前記培養物から前記油脂を回収する工程と、
を含む油脂の製造方法。

【請求項2】
前記培養物の液体分画から油脂を回収する工程を含む、請求項1記載の製造方法。

【請求項3】
菌体から油脂を抽出する工程を含まないことを特徴とする請求項1又は2記載の製造方法。

【請求項4】
菌体から油脂を回収する工程を含む、請求項1又は2記載の製造方法。

【請求項5】
前記遺伝子改変が、2-デオキシグルコース耐性変異の導入である請求項1~4のいずれか一項に記載の製造方法。

【請求項6】
ロードスポリジウム トルロイデス(Rhodosporidium toruloides)IPM33-18株(NITE BP-01900)又はその遺伝子改変体。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014157746thum.jpg
出願権利状態 公開
参考情報 (研究プロジェクト等) ALCA(先端的低炭素化技術開発) 未利用バイオマスを活用したバイオリピッドプラットフォームの構築 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close