TOP > 国内特許検索 > 膀胱癌の悪性度の検査方法

膀胱癌の悪性度の検査方法

国内特許コード P140010922
掲載日 2014年8月26日
出願番号 特願2006-031618
公開番号 特開2007-212252
登録番号 特許第4815589号
出願日 平成18年2月8日(2006.2.8)
公開日 平成19年8月23日(2007.8.23)
登録日 平成23年9月9日(2011.9.9)
発明者
  • 大山 力
  • 西村 紳一郎
  • 中川 裕章
出願人
  • 国立大学法人弘前大学
発明の名称 膀胱癌の悪性度の検査方法
発明の概要 【課題】 再発や転移の危険性、予後の予測を客観的・定量的に行える膀胱癌の悪性度診断方法を提供すること。
【解決手段】 体内から採取した膀胱癌組織におけるN型糖鎖の発現分布を膀胱正常上皮組織における発現分布と比較し、糖鎖コード410.16のオリゴ糖および/または糖鎖コード310.8のオリゴ糖の検出量が膀胱正常上皮組織由来の検出量よりも多い方が、悪性度が低い乃至良性と判断する。
【選択図】 図2
従来技術、競合技術の概要



従来から、膀胱癌の悪性度の診断は、主として病理組織学的評価に基づいて行われてきており、膀胱癌には大きく分けて2種類のタイプ、即ち、乳頭状で予後が良好な表在性の癌と、結節状で筋層を越えて他の臓器や組織にまで浸潤しうる、再発や転移を起こす予後が不良な浸潤性の癌が存在することが知られている。しかしながら、病理組織学的評価に基づく診断は主観的な判断が含まれるなど客観性に乏しく限界があり、再発や転移の危険性、予後の予測を正確に行うことは困難である。このような問題点に鑑み、例えば特許文献1では、膀胱癌患者の血液中の可溶性Fas濃度を測定し、濃度が一定値未満の場合には予後良好、濃度が一定値以上の場合には予後不良と判定することによる診断方法が提案されているが、より優れた診断方法が望まれている。

【特許文献1】

開2000-131321号公報

産業上の利用分野



本発明は、膀胱癌の悪性度診断方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
膀胱癌の悪性度の検査方法であって、体内から採取した膀胱癌組織におけるN型糖鎖の発現分布を膀胱正常上皮組織における発現分布と比較し、下記の構造式(1)および/または構造式(2)で表される構造を持つオリゴ糖および/またはそのシアル酸結合体の検出量が膀胱正常上皮組織由来の検出量よりも多い方が、悪性度が低い乃至良性であるとの検査結果とする方法。
【化1】


【化2】



【請求項2】
膀胱癌の悪性度の検査方法であって、体内から採取した膀胱癌組織におけるN型糖鎖の発現分布を膀胱正常上皮組織における発現分布と比較し、下記の構造式(1)および/または構造式(2)で表される構造を持つオリゴ糖および/またはそのシアル酸結合体の検出量が膀胱正常上皮組織由来の検出量よりも少ない方が、悪性度が高い乃至悪性であるとの検査結果とする方法。
【化3】


【化4】



【請求項3】
膀胱癌の悪性度の検査方法であって、体内から採取した膀胱癌組織におけるN型糖鎖の発現分布を分析し、下記の構造式(1)で表される構造を持つオリゴ糖の検出量が全体の4.50%以上(モル比)の場合、悪性度が低い乃至良性であるとの検査結果とする方法。
【化5】



【請求項4】
膀胱癌の悪性度の検査方法であって、体内から採取した膀胱癌組織におけるN型糖鎖の発現分布を分析し、下記の構造式(2)で表される構造を持つオリゴ糖の検出量が全体の4.00%以上(モル比)の場合、悪性度が低い乃至良性であるとの検査結果とする方法。
【化6】



【請求項5】
膀胱癌の悪性度の検査方法であって、体内から採取した膀胱癌組織におけるN型糖鎖の発現分布を分析し、下記の構造式(1)で表される構造を持つオリゴ糖の検出量が全体の4.50%未満(モル比)の場合、悪性度が高い乃至悪性であるとの検査結果とする方法。
【化7】



【請求項6】
膀胱癌の悪性度の検査方法であって、体内から採取した膀胱癌組織におけるN型糖鎖の発現分布を分析し、下記の構造式(2)で表される構造を持つオリゴ糖の検出量が全体の4.00%未満(モル比)の場合、悪性度が高い乃至悪性であるとの検査結果とする方法。
【化8】



【請求項7】
下記の構造式(1)で表される構造を持つオリゴ糖の膀胱癌の悪性度を検査するための使用。
【化9】



【請求項8】
下記の構造式(2)で表される構造を持つオリゴ糖の膀胱癌の悪性度を検査するための使用。
【化10】


国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006031618thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close