TOP > 国内特許検索 > 磁界の可視化装置

磁界の可視化装置 コモンズ

国内特許コード P140010957
整理番号 N13104
掲載日 2014年8月28日
出願番号 特願2014-085079
公開番号 特開2015-206592
出願日 平成26年4月17日(2014.4.17)
公開日 平成27年11月19日(2015.11.19)
発明者
  • 卜 穎剛
  • 水野 勉
出願人
  • 国立大学法人信州大学
発明の名称 磁界の可視化装置 コモンズ
発明の概要 【課題】 簡易な構成で、磁界の強度分布を視覚的にわかりやすく表示することを可能にする磁界の可視化装置を提供する。
【解決手段】 磁界強度をカラー表示する表示部を備える磁界の可視化装置であって、前記表示部は、基板上にマトリクス状に多数個の発光ユニット12を整列して配置した表示基板10を備え、発光ユニット12は、磁気センサと、発光色がそれぞれ赤、緑、青である第1、第2、第3の発光素子と、前記磁気センサにより検知された磁界強度に応じて前記第1、第2、第3の発光素子を選択し、かつ磁界強度に応じて前記第1、第2、第3の発光素子の発光強度を制御して点灯させる制御部とを備える。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


磁界の分布を可視化する装置として、基板の表裏にマトリクス状に、ホール素子、サーチコイル等の磁界測定装置と、LED等の表示素子とを、それぞれ表裏位置を対応させて配置し、磁界測定装置により検出された磁界強度に応じて、対応する位置の表示素子の明るさを変えるようにした装置がある(特許文献1)。この装置では、磁界の強さによって表示素子の明るさが変わるから、マトリクス配置された表示素子の明るさの分布を見ることにより、磁界の分布を知ることができる。



また、対象物から発生する電磁波の強度の空間的な分布を可視化する装置として、多数個のループアンテナをアレー状に配置したアレーアンテナと、各々のループアンテナにそれぞれ1つの画素を対応させた表示部とを設け、電磁波エネルギーの変化をループアンテナに鎖交する磁界変化として検出し、その検出結果(電磁波の強さ)を表示部の対応する画素で色分けして表示することにより、電磁波強度の分布を可視化した装置がある(特許文献2)。

産業上の利用分野


本発明は、磁界強度をカラー表示により表示することにより可視化した磁界の可視化装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
磁界強度をカラー表示する表示部を備える磁界の可視化装置であって、
前記表示部は、基板上にマトリクス状に多数個の発光ユニットを整列して配置した表示基板を備え、
前記発光ユニットは、磁気センサと、発光色がそれぞれ赤、緑、青である第1、第2、第3の発光素子と、前記磁気センサにより検知された磁界強度に応じて前記第1、第2、第3の発光素子を選択し、かつ磁界強度に応じて前記第1、第2、第3の発光素子の発光強度を制御して点灯させる制御部とを備えることを特徴とする磁界の可視化装置。

【請求項2】
前記発光ユニットは、前記磁気センサと、前記第1、第2、第3の発光素子と、前記制御部とを一つの基板に搭載してパッケージ化した、単位パッケージとして構成されていることを特徴とする請求項1記載の可視化装置。

【請求項3】
前記制御部は、前記磁気センサによる磁界の測定範囲を、低域(磁界強度:B1以下)、中域(磁界強度:B1~B2~B3)、高域(磁界強度B3以上)に区分し、
磁界強度B1以下の範囲では、第1、第2、第3の発光素子から任意に選択した一つの発光素子:Aのみを点灯させ、磁界強度B3以上の範囲ではA以外の二つの発光素子から選択した発光素子:Cのみを点灯させ、磁界強度B1~B2の範囲については、発光素子:Aと残りの発光素子:Bとを点灯させ、磁界強度B2~B3の範囲については、発光素子:Bと発光素子:Cとを選択し、
前記磁界強度B1~B2の範囲においては、磁界強度が強くなるとともに発光素子:Aの発光強度を徐々に弱めるとともに、発光素子:Bの発光強度を徐々に強め、前記磁界強度B2~B3の範囲においては、磁界強度が強くなるとともに発光素子:Bの発光強度を徐々に弱めるとともに、発光素子:Cの発光強度を徐々に強めるように制御することを特徴とする請求項1または2記載の磁気の可視化装置。

【請求項4】
前記磁気センサとして、ホールセンサまたはアンテナを使用することを特徴とする請求項1~3のいずれか一項記載の磁界の可視化装置。

【請求項5】
請求項1記載の磁界の可視化装置に用いる表示基板であって、
基板上にマトリクス状に多数個の発光ユニットが整列して配置され、
前記発光ユニットは、
磁気センサと、
発光色がそれぞれ赤、緑、青である第1、第2、第3の発光素子と、
前記磁気センサにより検知された磁界強度に応じて前記第1、第2、第3の発光素子を選択し、かつ磁界強度に応じて前記第1、第2、第3の発光素子の発光強度を制御して点灯させる制御部と、
を備えることを特徴とする表示基板。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014085079thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close