TOP > 国内特許検索 > プラスチック標準物質およびその製造方法

プラスチック標準物質およびその製造方法

国内特許コード P140011046
整理番号 2002-P15
掲載日 2014年10月30日
出願番号 特願2003-047422
公開番号 特開2004-257809
登録番号 特許第4154689号
出願日 平成15年2月25日(2003.2.25)
公開日 平成16年9月16日(2004.9.16)
登録日 平成20年7月18日(2008.7.18)
発明者
  • 中村 利廣
  • 中野 和彦
出願人
  • 学校法人明治大学
発明の名称 プラスチック標準物質およびその製造方法
発明の概要 【課題】既知の元素がプラスチック基材中に既知量分散し、所定の厚さを有するプラスチック標準物質に関し、正確な分析結果を得ることができるプラスチック標準物質、およびその製造方法を提供する。
【解決手段】このプラスチック標準物質の複数箇所に所定の励起ビームを照射し前記元素から発生する蛍光X線のX線強度のばらつきが、相対標準偏差10%以下に抑えられたものであることを特徴とする。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要



【従来の技術】

重合を促進するため、あるいは物理的、化学的な特性を付与するため、プラスチックには微量の金属が添加されていることが多い。ところが、この金属が所定量を超えて添加されていると、添加された金属が、人体や環境にとって有害なものとして問題になる。そのため、今日では、プラスチック中に金属を所定量以上添加することを規制する動きが出てきており、これに伴い、プラスチック製品に含まれる金属元素の濃度を正確に求めることが望まれる。





ところで、従来より、プラスチック製品に含まれる金属元素の定量には、原子吸光光度法が用いられている。しかしながら、この原子吸光分析法では、試料が分析後に原形を留めておらず、また、前処理が煩雑である。





そこで、プラスチック製品に含まれる金属元素の定量に、前処理が比較的簡単で、試料が分析後でも原形を留めている蛍光X線分析法を用いることが考えられる。この蛍光X線分析法の中には、既知の標準試料から得た、分析元素の濃度とX線強度との対応関係を表す検量線を用いる検量線法や、既知の標準試料を測定することで得た測定X線強度と、その標準試料から理論的に算出した理論X線強度との比(装置感度係数)を用いるファンダメンタルパラメータ法(以下、FP法と称する)がある。これらいずれの方法においても、既知の標準試料、すなわち分析対象試料の基材と同じ基材に、分析元素を既知量添加した試料が必要になる。





既知の元素をプラスチック基材に既知量添加したプラスチック標準試料としては、ポリエチレンパウダーに分析元素を添加し、200℃でポリエチレンパウダーを融解させながら混合、撹拌を行い、押出成型によって得られたブロック状のプラスチック標準試料が知られている(例えば、非特許文献1、非特許文献2参照)。





【非特許文献1】

エー・ラーンベルトリィ、ダブリュ・ヴァン・ボールム アンド ピー・ケヴォーヴィエ(A. Lambertry, W. Van Borm and P. Que vauviller)著、「コラボレイティヴ スタディ トゥー インプ ルーヴ ザ クオリティ コントロール オブ トレース エレメント デターミネーションズ イン ポリマーズ。パート2。サーティフィケーション オブ ポリエチレン リファレンス マテリアルズ(CMRs 680 アンド 681)フォー As、Br、Cd、Cl、Cr、Hg、Pb、アンド S コンテント(Collaborati ve study to improve the quality control of trace element determinations in polymers. Part 2. Certification of polyethylene reference materials (CRMs 680 and 681) for As, Br, Cd, Cl, Cr, Hg, Pb, and S content)」、フレズィーニオス ジャーナル オブ アナリティカル ケミストリ、ベルリン、スプリンガー(Fresenius' journal of analytical chemistry, Berlin, Springer)、370、811-818(2001)

【非特許文献2】

ピー・エイチ・ケヴォーヴィエ(Ph. Quevauviller)著、「サー ティファイド オブ リファレンス マテリアルズ フォー ザ クオリティ コントロール オブ インオーガニック アナリシス オブ マニュファクチュアド プロダクツ(グラス、ポリマーズ、ペイントコーティングズ)(Certified of reference materials for the quality control of inorganic analysis of manuf actured products (glass, polymers, paint coatings))」、トレンズ インアナリティカル ケミストリ、アムステルダム、ザ ネザーランズ、エルゼヴィエ サイエンティフィック パブシー・オー(trend's in analytical chemistry, Amsterdam, The Netherlands, Elsevier Scientific Pub. Co.)、 vol.20、 no.8 446-456(2001)

産業上の利用分野



【発明の属する技術分野】

本発明は、既知の元素がプラスチック基材中に既知量分散し、所定の厚さを有するプラスチック標準物質、およびその製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
プラスチック基材中に既知の元素が既知量分散した薄膜からなるプラスチック標準物質において、
このプラスチック標準物質の複数箇所に所定の励起ビームを照射し前記元素から発生する蛍光X線のX線強度のばらつきが、相対標準偏差10%以下に抑えられたものであることを特徴とするプラスチック標準物質。

【請求項2】
前記元素が、金属元素であることを特徴とする請求項1記載のプラスチック標準物質。

【請求項3】
プラスチック基材中に既知の元素が既知量分散した薄膜からなるプラスチック標準物質の製造方法において、
常温下において液状のプラスチック基材、既知の元素を既知量含む標準溶液及び硬化剤混合する混合工程と、
前記混合工程を実施することで得られた混合溶液が硬化する前に、該混合溶液から薄膜を形成する形成工程と、
前記形成工程を実施することで得られた薄膜を硬化させる硬化工程と、
硬化された薄膜の複数個所に所定の励起ビームを照射し前記元素から発生する蛍光X線のX線ばらつきが相対標準偏差で10%以下であるものを合格とする判断工程と
を有することを特徴とするプラスチック標準物質の製造方法。

【請求項4】
前記標準溶液が、金属塩類および有機金属化合物の少なくともいずれか一方を用いて調整されたことを特徴とする請求項3記載のプラスチック標準物質の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2003047422thum.jpg
出願権利状態 登録
掲載中の発明について更に詳しい内容の説明を御希望の際は、お気軽にお問い合せください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close