TOP > 国内特許検索 > データ圧縮器及びデータ解凍器

データ圧縮器及びデータ解凍器 新技術説明会

国内特許コード P150011514
整理番号 S2013-1060-N0
掲載日 2015年3月9日
出願番号 特願2013-118356
公開番号 特開2014-236449
出願日 平成25年6月4日(2013.6.4)
公開日 平成26年12月15日(2014.12.15)
発明者
  • 山際 伸一
  • 坂本 比呂志
出願人
  • 国立大学法人 筑波大学
  • 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 データ圧縮器及びデータ解凍器 新技術説明会
発明の概要 【課題】一定化された処理遅延での圧縮及び解凍処理を用いた送受信間における効率的なデータ伝送を行う。
【解決手段】本発明の一側面に係るデータ圧縮器は、複数の固定長のシンボルからなる入力データ列に含まれた、連続する2以上のシンボルが登録されている場合、2以上のシンボルを1つのシンボルに変換する変換部と、変換部で2以上のシンボルが1つのシンボルに変換された場合は、当該1つのシンボルを出力し、そうでない場合は、2以上のシンボルを出力する出力部とを含む。
【選択図】図6
従来技術、競合技術の概要



近年における、データストリームがネットワーク上を流れる環境下では、データストリームを形成するストリームデータに対するリアルタイム処理を行うため、ストリームデータを送受信する様々なエンティティ間におけるデータ伝送時間の短縮化が求められている。エンティティは、例えば、ネットワークに接続された様々な通信機器(端末装置,中継装置)である。また、データストリームは、通信機器内に搭載されたプロセッサ,LSI(Large Scale Integrated Circuit),FPGA(Field Programmable Gate Array)の

ような様々なストリームデータに対する処理を行う電子回路チップ間を流れる。電子回路チップもエンティティの1つであり、エンティティ間の通信は、通信機器間の通信だけでなく、通信機器内部の電子回路チップ間の通信(いわゆる内部通信)を含む。





近年では、ストリームデータ量が増大する傾向にある。或る量のストリームデータを送信側から受信側へ効率的に伝送する手法として、エンティティ間を結ぶ伝送路の周波数を上げる(伝送帯域を広げる)ことや、エンティティ間を複数の伝送路で結び、ストリームデータを並列に送信することが考えられる。しかしながら、これらの手法は、物理的、周波数的な限界がいずれ来ると考えられている。





そこで、送信側エンティティでストリームデータの圧縮を行うことで、送信データ量の減少に伴うデータ伝送時間の短縮化を以て、データ伝送の効率化を図ることが考えられている。例えば、通信機器において、送信データを圧縮装置(LZWやRLEなど複数の圧縮アルゴリズムを含む)に接続し、元の送信データと、複数の圧縮アルゴリズムのそれぞれによる処理を経たデータとのそれぞれのデータサイズを比較し、最も小さいサイズのデータを通信機器から送出する技術がある(例えば、特許文献1)。

産業上の利用分野



本発明は、データ圧縮器及びデータ解凍器に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
複数の固定長のシンボルからなる入力データ列に含まれた、連続する2以上のシンボルが登録されている場合、前記2以上のシンボルを1つのシンボルに変換する変換部と、
前記変換部で前記2以上のシンボルが1つのシンボルに変換された場合は、当該1つのシンボルを出力し、そうでない場合は、前記2以上のシンボルを出力する出力部と、
を含むデータ圧縮器。

【請求項2】
前記出力部の、前記2以上のシンボルが1つのシンボルに変換された場合の出力は、そうでない場合の出力が取り得ない値となる
請求項1に記載のデータ圧縮器。

【請求項3】
前記変換部は、前記2以上のシンボルが1つのシンボルに変換された場合、当該1つのシンボルに変換したことを示すフラグを出力し、そうでない場合、前記2以上のシンボルの各々に変換していないことを示すフラグを出力する
請求項1又は2に記載のデータ圧縮器。

【請求項4】
前記変換部は、CAM(Content Addressable Memory)である
請求項1から3のいずれか一項に記載のデータ圧縮器。

【請求項5】
所定のルールに基づいて、前記入力データ列に含まれる前記シンボル間の区切位置を決定する区切位置決定部
をさらに含み、
前記変換部は、前記区切位置を基準として、前記連続する2以上のシンボルが登録されているか判断する
請求項1から4のいずれか一項に記載のデータ圧縮器。

【請求項6】
前記区切位置決定部は、前記シンボルに対して予め定められた優先度を用いて、連続する2つの前記シンボルが示す値の優先度に基づいて、前記区切位置を決定する
請求項5に記載のデータ圧縮器。

【請求項7】
請求項1から6のいずれか一項に記載のデータ圧縮器を複数直列に接続し、
前段のデータ圧縮器の出力を後段のデータ圧縮器に入力する
データ圧縮装置。

【請求項8】
入力データ列に含まれる固定長のシンボルが、圧縮処理において2以上のシンボルから変換されたシンボルとして登録されている場合、当該シンボルを前記2以上のシンボルに変換する変換部と、
前記変換部で前記シンボルが前記2以上のシンボルに変換された場合は、前記2以上のシンボルを出力し、そうでない場合は、前記入力データ列に含まれるシンボルを出力する出力部と、
を含むデータ解凍器。

【請求項9】
前記圧縮処理において2以上のシンボルから変換されたシンボルは、アドレスとして登録されており、前記変換部は、前記アドレスに対応付けて保持する2以上のシンボルを出力するメモリである
請求項8記載のデータ解凍器。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2013118356thum.jpg
出願権利状態 公開
この特許について質問等ある場合は、電子メールによりご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close