TOP > 国内特許検索 > 哺乳動物における膵癌を診断するための診断キット、それを用いた検査方法および診断マーカー

哺乳動物における膵癌を診断するための診断キット、それを用いた検査方法および診断マーカー

国内特許コード P150011541
掲載日 2015年3月20日
出願番号 特願2014-020302
公開番号 特開2014-183839
出願日 平成26年2月5日(2014.2.5)
公開日 平成26年10月2日(2014.10.2)
優先権データ
  • 特願2013-029776 (2013.2.19) JP
発明者
  • 松本 和也
  • 三浦 典正
  • 植木 賢
  • 汐田 剛史
出願人
  • 国立大学法人鳥取大学
発明の名称 哺乳動物における膵癌を診断するための診断キット、それを用いた検査方法および診断マーカー
発明の概要 【課題】膵癌の診断に有用な血液中のバイオマーカーを提供する。
【解決手段】哺乳動物における膵癌を診断するための診断キットであって、その哺乳動物から得られた血液中のhTERTをコードするmRNAを定量的に検出するためのhTERT検出試薬を有し、そのhTERTをコードするmRNAの量が膵癌の診断の指標となる、診断キットを提供する。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



膵癌診療ガイドラインによると、膵癌治療開始前の確定診断が望ましいとされる。なかでも膵腫瘤に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検(以下EUS-FNA)は、正診率85~91%とされているが、約10%を正診できないことが課題である。またEUS-FNA施行可能な施設は限られており、現行の膵癌に対するバイオマーカーの正診率は70%程度と満足できるものではない。したがって、膵癌に対するサロゲートマーカーの開発が求められている。





本発明者のうち一部のメンバーは、ヒト血清中から微量のmRNAを抽出し、特定の遺伝子発現を定量化する方法を確立し、肝細胞癌のバイオマーカーとしてhuman telomerase reverse transcriptase mRNA(以下hTERT mRNA)の臨床的有用性を報告してきた(特許文献1および非特許文献1)。





また、非特許文献2には、human telomerase reverse transcriptase(以下hTERT)遺伝子の1塩基多型(SNPs)の膵癌との関係について解析した結果が報告されている。さらに、非特許文献3には、生検で入手した各種癌組織から顕微解剖して得られたサンプルについてhTERT mRNAをリアルタイムRT-PCRで定量した結果が報告されている。そして、非特許文献4および非特許文献5には、膵液中のhTERT mRNAをRT-PCR(またはリアルタイムRT-PCR)で定量した結果が報告されている。また、非特許文献6には、アデノウイルスベクターでhTERTを発現させると、他の成分との相乗効果で抗腫瘍効果があることが報告されている。





一方、非特許文献7には、血清中のcarbohydrate antigen 19-9(以下CA19-9)の量が膵癌のバイオマーカーとして利用可能であることが報告されている。

産業上の利用分野



本発明は、哺乳動物における膵癌を診断するための診断キット、それを用いた検査方法および診断マーカーに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
哺乳動物における膵癌を診断するための診断キットであって、
前記哺乳動物から得られた血液または唾液中のTERTをコードするmRNAを定量的に検出するためのTERT検出試薬を有し、
前記TERTをコードするmRNAの量が膵癌の診断の指標となる、
診断キット。

【請求項2】
請求項1に記載の診断キットにおいて、
前記膵癌の病期分類がTS1またはTS2である、
診断キット。

【請求項3】
請求項1または2に記載の診断キットにおいて、
前記TERT検出試薬が、TERTをコードするmRNAにハイブリダイズ可能な1組のプライマーを含む、
診断キット。

【請求項4】
請求項3に記載の診断キットにおいて、
前記哺乳動物がヒトであり、
前記TERTがhTERTであり、
前記1組のプライマーが、
(1)SEQ ID:1及びSEQ ID:2、SEQ ID:3及びSEQ ID:4、SEQ ID:5及びSEQ ID:6、SEQ ID:7及びSEQ ID:8のいずれかの組合せ、または
(2)(1)のいずれかの組合せとの間で80%以上の塩基配列の同一性を有する組合せ、
のいずれかからなる、
診断キット。

【請求項5】
請求項4に記載の診断キットにおいて、
前記1組のプライマーが、蛍光色素を用いたリアルタイムRT-PCRに用いるための1組のプライマーである、
診断キット。

【請求項6】
請求項1~5のいずれかに記載の診断キットにおいて、
前記哺乳動物から得られた血液または唾液中のCA19-9を定量的に検出するためのCA19-9検出試薬をさらに有し、
前記TERTをコードするmRNAの量と前記CA19-9の量とを含む総合指標を、膵癌の診断の指標として示す、
診断キット。

【請求項7】
請求項6に記載の診断キットにおいて、
前記CA19-9検出試薬が、CA19-9に特異的に結合するモノクローナル抗体を含む、
診断キット。

【請求項8】
哺乳動物における膵癌を検査するための検査方法であって、
請求項1~7に記載の診断キットを用いて、前記哺乳動物から得られた血液または唾液中の膵癌の診断の指標を得る工程を含む、
検査方法。

【請求項9】
哺乳動物における膵癌を診断するための診断マーカーであって、
前記哺乳動物から得られた血液または唾液中のhTERTをコードするmRNAの量を含む、
診断マーカー。

【請求項10】
請求項9に記載の診断マーカーにおいて、
前記哺乳動物から得られた血液または唾液中のCA19-9の量をさらに含み、
前記TERTをコードするmRNAの量と前記CA19-9の量とを含む総合指標を、膵癌の診断の指標として示す、
診断マーカー。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014020302thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close