TOP > 国内特許検索 > 抗体情報取得装置、抗体情報取得方法、および、プログラム

抗体情報取得装置、抗体情報取得方法、および、プログラム 新技術説明会

国内特許コード P150011818
整理番号 S2014-1327-N0
掲載日 2015年3月31日
出願番号 特願2014-166471
公開番号 特開2016-042331
出願日 平成26年8月19日(2014.8.19)
公開日 平成28年3月31日(2016.3.31)
発明者
  • 山本 格
  • 木下 直彦
出願人
  • 国立大学法人 新潟大学
発明の名称 抗体情報取得装置、抗体情報取得方法、および、プログラム 新技術説明会
発明の概要 【課題】医学・生物学系の当業者が、それぞれの作業で必要な抗体が既にあるか、あるとしたらどの抗体が最も自分の作業に合致したものかを簡単に知る事が出来る抗体情報取得装置、抗体情報取得方法、および、プログラムを提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、記憶された論文情報に基づいて、抗体について書かれている論文中の部分を特定し、論文中の部分に対して、記憶されたタンパク質名、および、記憶された製造者名を照合し、論文中の部分に、タンパク質名および製造者名と一致するものがあると照合された場合、当該タンパク質名および当該製造者名と、照合対象の論文に関する論文情報と、を対応付けた抗体情報を登録し、登録された抗体情報に基づいて、任意の抗原に対して作製されている抗体が記載されている論文の数をランキング表示させる。
【選択図】図5
従来技術、競合技術の概要


従来から、抗体情報を取得する技術が開示されている。



非特許文献1乃至3に記載の手法においては、Antibodypedia(http://www.antibodypedia.com/)を用いて抗体を検索することが開示されている。



また、非特許文献4に記載の手法においては、Antibody Registry(http://antibodyregistry.org/)を用いて抗体を同定することが開示されている。

産業上の利用分野


本発明は、抗体情報取得装置、抗体情報取得方法、および、プログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
対象種に係わる論文に関する論文情報を記憶する対象種別論文記憶手段と、
前記対象種に係わるタンパク質のタンパク質名を少なくとも含むタンパク質情報を記憶する対象種別タンパク質記憶手段と、
抗体の製造者名を少なくとも含む製造者情報を記憶する製造者記憶手段と、
前記対象種別論文記憶手段に記憶された前記論文情報に基づいて、前記抗体について書かれている前記論文中の部分を特定する特定手段と、
前記論文中の部分に対して、前記対象種別タンパク質記憶手段に記憶された前記タンパク質名、および、前記製造者記憶手段に記憶された前記製造者名と照合する照合手段と、
前記照合手段により前記論文中の部分に、前記タンパク質名および前記製造者名と一致するものがあると照合された場合、当該タンパク質名および当該製造者名と、照合対象の前記論文に関する前記論文情報と、を対応付けた抗体情報を抗体情報記憶手段に登録する抗体情報登録手段と、
前記抗体情報記憶手段に登録された前記抗体情報に基づいて、任意の抗原に対して作製されている前記抗体が記載されている前記論文の数をランキング表示させるランキング表示手段と、
を備えたことを特徴とする、抗体情報取得装置。

【請求項2】
前記照合手段により前記論文中の部分に、前記タンパク質名および/または前記製造者名と一致するものがないと照合された場合、当該タンパク質名の候補となる候補タンパク質名および/または当該製造者名の候補となる候補製造者名を抽出する候補抽出手段と、
前記候補抽出手段により抽出された前記候補タンパク質名および/または前記候補製造者名と、照合対象の前記論文に関する前記論文情報と、を対応付けた仮登録データを仮登録データ記憶手段に登録する仮登録データ登録手段と、
前記仮登録データに含まれる前記候補タンパク質名および/または前記候補製造者名が、所定数以上の前記論文で使用されている場合、当該候補タンパク質名を前記タンパク質名として前記対象種別タンパク質記憶手段に登録、および/または、当該候補製造者名を前記製造者名として前記製造者記憶手段に登録する再登録手段と、
を更に備えたことを特徴とする、請求項1に記載の抗体情報取得装置。

【請求項3】
前記照合手段は、
基準となる基準文字列の位置に基づいて、前記論文中の部分の所定範囲に対して、前記対象種別タンパク質記憶手段に記憶された前記タンパク質名、および、前記製造者記憶手段に記憶された前記製造者名と照合することを特徴とする、請求項1または2に記載の抗体情報取得装置。

【請求項4】
前記特定手段により特定された前記論文中の部分に対して、空白、カンマ、ピリオド、および、改行コードを含む制御文字を削除し、大文字に変換した空白等削除文字列に加工する文字列加工手段、
を更に備え、
前記照合手段は、
前記空白等削除文字列に対して、前記対象種別タンパク質記憶手段に記憶された前記タンパク質名、および、前記製造者記憶手段に記憶された前記製造者名と照合することを特徴とする、請求項1乃至3のいずれか一つに記載の抗体情報取得装置。

【請求項5】
前記抗体情報登録手段は、
更に、前記抗体の区分情報、および/または、種情報を含む前記抗体情報を前記抗体情報記憶手段に登録することを特徴とする、請求項1乃至4のいずれか一つに記載の抗体情報取得装置。

【請求項6】
前記照合手段は、
更に、基準となる基準文字列の位置に基づいて、前記論文中の部分の所定範囲に対して、前記抗体の区分情報、および/または、種情報を取得することを特徴とする、請求項1または2に記載の抗体情報取得装置。

【請求項7】
前記論文中の部分は、
material and methodが記載されている部分であることを特徴とする、請求項1乃至6のいずれか一つに記載の抗体情報取得装置。

【請求項8】
抗体情報取得装置において実行される抗体情報取得方法であって、
対象種に係わる論文に関する論文情報を記憶する対象種別論文記憶手段に記憶された前記論文情報に基づいて、抗体について書かれている前記論文中の部分を特定する特定ステップと、
前記論文中の部分に対して、前記対象種に係わるタンパク質のタンパク質名を少なくとも含むタンパク質情報を記憶する対象種別タンパク質記憶手段に記憶された前記タンパク質名、および、前記抗体の製造者名を少なくとも含む製造者情報を記憶する製造者記憶手段に記憶された前記製造者名と照合する照合ステップと、
前記照合ステップにて前記論文中の部分に、前記タンパク質名および前記製造者名と一致するものがあると照合された場合、当該タンパク質名および当該製造者名と、照合対象の前記論文に関する前記論文情報と、を対応付けた抗体情報を抗体情報記憶手段に登録する抗体情報登録ステップと、
前記抗体情報記憶手段に登録された前記抗体情報に基づいて、任意の抗原に対して作製されている前記抗体が記載されている前記論文の数をランキング表示させるランキング表示ステップと、
を含むことを特徴とする、抗体情報取得方法。

【請求項9】
抗体情報取得装置に実行させるためのプログラムであって、
対象種に係わる論文に関する論文情報を記憶する対象種別論文記憶手段に記憶された前記論文情報に基づいて、抗体について書かれている前記論文中の部分を特定する特定ステップと、
前記論文中の部分に対して、前記対象種に係わるタンパク質のタンパク質名を少なくとも含むタンパク質情報を記憶する対象種別タンパク質記憶手段に記憶された前記タンパク質名、および、前記抗体の製造者名を少なくとも含む製造者情報を記憶する製造者記憶手段に記憶された前記製造者名と照合する照合ステップと、
前記照合ステップにて前記論文中の部分に、前記タンパク質名および前記製造者名と一致するものがあると照合された場合、当該タンパク質名および当該製造者名と、照合対象の前記論文に関する前記論文情報と、を対応付けた抗体情報を抗体情報記憶手段に登録する抗体情報登録ステップと、
前記抗体情報記憶手段に登録された前記抗体情報に基づいて、任意の抗原に対して作製されている前記抗体が記載されている前記論文の数をランキング表示させるランキング表示ステップと、
を実行させるためのプログラム。
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014166471thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close