TOP > 国内特許検索 > 脂質ラフトのクラスター形成抑制剤

脂質ラフトのクラスター形成抑制剤 外国出願あり

国内特許コード P150011848
掲載日 2015年4月8日
出願番号 特願2014-097203
公開番号 特開2015-214500
出願日 平成26年5月8日(2014.5.8)
公開日 平成27年12月3日(2015.12.3)
発明者
  • 日臺 智明
  • 北野 尚孝
  • 真宮 淳
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 脂質ラフトのクラスター形成抑制剤 外国出願あり
発明の概要 【課題】細胞膜における脂質ラフトのクラスター形成を効果的に抑制することができる、脂質ラフトのクラスター形成抑制剤等を提供する。
【解決手段】本発明にかかる脂質ラフトのクラスター形成抑制剤は、血液凝固第9因子の全長からトリプシンドメイン(重鎖)部分と軽鎖部分とを除いた部分を含むペプチド、その誘導体、あるいはこれらの塩を含むことを特徴とするものである。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


止血凝固に携わる凝固第9因子(F9)は古くから知られる必須の血液凝固因子であり、血友病の原因タンパク質として周知である。F9は、血液凝固反応の過程において、凝固第11因子と凝固第7因子により、重鎖(トリプシンドメイン)と軽鎖との間に存在する中間部(Activation peptide(F9-AP))が切断され、活性化される。切断後も重鎖と軽鎖はジスルフィド結合によりつながっており、1つの分子として、血液凝固反応を促進する(非特許文献1)。しかしながら、中間部であるF9-APペプチドの機能についての報告はほとんどない。



ところで、従来の感染症に対する治療薬の多くは、病原体(ウイルス、細菌、原虫など)由来のタンパク質を標的とし、その機能の阻害により効果を発揮するものである。また、従来の癌細胞の情報伝達の阻害を目標とする分子標的薬は、情報伝達に携わるタンパク質の機能を阻害し、効果を発揮するものが多い。
しかしながら、単一のタンパク質に対する阻害剤は個々の病原体のタンパク質に対して開発されるため、病原体が異なれば無効となる。さらに、最大の欠点は薬剤耐性の成立である。病原体や癌細胞は、阻害剤の標的となるタンパク質の変異や、他の情報伝達系経路の代替により、薬の攻撃を無力化する。耐性化は、疾患を重症化するばかりでなく、長期にわたる開発の努力や費用を無駄にしてしまう。



さて、細胞膜は、通常、二層の脂質膜から構成されている。その中に、コレステロールやスフィンゴ脂質に富む領域があり、この領域は脂質ラフトと呼ばれている。脂質ラフトは、貪食(エンドサイトーシス)に必要な構造である。また、脂質ラフトには多くの膜タンパクが集まっており、種々の生物学的反応の場となっている。
細胞によるエンドサイトーシスは、細胞外から細胞内への物質と情報の入り口である。ウイルス、細菌、原虫など、多くの病原体は、細胞膜の脂質ラフトで起こるエンドサイトーシスを利用して細胞に入りこむ。よって、脂質ラフトのクラスター形成を抑制すれば、エンドサイトーシスを介した病原体の感染と増殖を抑制することができる。脂質ラフトのもう一つの機能は、細胞外から細胞内への細胞膜受容体を介した情報伝達であるが、脂質ラフトのクラスター形成を抑制すれば、当該受容体を介する複数の情報伝達を同時にブロックすることができる。

産業上の利用分野


本発明は、細胞膜における脂質ラフトのクラスター形成抑制剤等に関する。詳しくは、細胞膜におけるコレステロールやスフィンゴ脂質に富む領域である脂質ラフトのクラスター形成を抑制する活性を有するペプチドを含む、前記クラスター形成抑制剤等に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
血液凝固第9因子の全長からトリプシンドメイン部分と軽鎖部分とを除いた部分を含むペプチド、その誘導体、あるいはこれらの塩を含むことを特徴とする、脂質ラフトのクラスター形成抑制剤。

【請求項2】
以下の(a)、(b)又は(c)のペプチド、その誘導体あるいはこれらの塩を含むことを特徴とする、脂質ラフトのクラスター形成抑制剤。
(a) 配列番号10に示されるアミノ酸配列を含むペプチド。
(b) 配列番号10に示されるアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列を含み、かつ、脂質ラフトのクラスター形成抑制活性を有するペプチド。
(c) 配列番号10に示されるアミノ酸配列と80%以上の同一性を有するアミノ酸配列を含み、かつ、脂質ラフトのクラスター形成抑制活性を有するペプチド。

【請求項3】
血液凝固第9因子の全長からトリプシンドメイン部分と軽鎖部分とを除いた部分を含むペプチド、その誘導体、あるいはこれらの塩を含むことを特徴とする、細胞によるエンドサイトーシス抑制剤。

【請求項4】
以下の(a)、(b)又は(c)のペプチド、その誘導体あるいはこれらの塩を含むことを特徴とする、細胞によるエンドサイトーシス抑制剤。
(a) 配列番号10に示されるアミノ酸配列を含むペプチド。
(b) 配列番号10に示されるアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列を含み、かつ、細胞によるエンドサイトーシス抑制活性を有するペプチド。
(c) 配列番号10に示されるアミノ酸配列と80%以上の同一性を有するアミノ酸配列を含み、かつ、細胞によるエンドサイトーシス抑制活性を有するペプチド。

【請求項5】
血液凝固第9因子の全長からトリプシンドメイン部分と軽鎖部分とを除いた部分を含むペプチド、その誘導体、あるいはこれらの塩を含むことを特徴とする、細胞膜受容体を介する細胞内への情報伝達抑制剤。

【請求項6】
以下の(a)、(b)又は(c)のペプチド、その誘導体あるいはこれらの塩を含むことを特徴とする、細胞膜受容体を介する細胞内への情報伝達抑制剤。
(a) 配列番号10に示されるアミノ酸配列を含むペプチド。
(b) 配列番号10に示されるアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列を含み、かつ、細胞膜受容体を介する細胞内への情報伝達抑制活性を有するペプチド。
(c) 配列番号10に示されるアミノ酸配列と80%以上の同一性を有するアミノ酸配列を含み、かつ、細胞膜受容体を介する細胞内への情報伝達抑制活性を有するペプチド。

【請求項7】
被験動物に請求項1又は2記載の抑制剤を投与することを特徴とする、脂質ラフトのクラスター形成抑制方法。

【請求項8】
被験動物に請求項3又は4記載の抑制剤を投与することを特徴とする、細胞によるエンドサイトーシス抑制方法。

【請求項9】
被験動物に請求項5又は6記載の抑制剤を投与することを特徴とする、細胞膜受容体を介する細胞内への情報伝達抑制方法。

【請求項10】
請求項1~6のいずれか1項に記載の抑制剤を含む、医薬組成物。

【請求項11】
感染症の治療又は予防に用いるものである、請求項10記載の組成物。

【請求項12】
細胞膜受容体を介する細胞内への情報伝達により生じる疾患若しくは病態の治療又は予防に用いるものである、請求項10記載の組成物。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close