TOP > 国内特許検索 > 情報処理装置、侵害検知装置、情報処理方法、およびプログラム

情報処理装置、侵害検知装置、情報処理方法、およびプログラム

国内特許コード P150011878
整理番号 4935
掲載日 2015年4月15日
出願番号 特願2015-032135
公開番号 特開2016-153975
出願日 平成27年2月20日(2015.2.20)
公開日 平成28年8月25日(2016.8.25)
発明者
  • 田中 克己
  • 谷川 英和
出願人
  • 国立大学法人京都大学
  • 株式会社アイ・アール・ディー
発明の名称 情報処理装置、侵害検知装置、情報処理方法、およびプログラム
発明の概要 【課題】従来、商標権の侵害を効率的に検知するための支援ができなかった。
【解決手段】標章に関する情報である標章関連情報を受け付ける受付部と、標章関連情報を用いて、標章に類似する1以上の類似標章を生成する類似標章生成部と、1以上の類似標章を出力する類似標章出力部と、1以上の類似標章をキーとして用いて、Web検索を行うWeb検索部と、Web検索部の検索結果を用いて、商標侵害に関する情報である侵害情報を取得する侵害情報取得部と、侵害情報を出力する侵害情報出力部とを具備する情報処理装置により、商標権の侵害を効率的に検知するための支援ができる。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


従来、クライアントサーバシステムにおいて知的所有権種目の侵害を発見し報告する方法及びシステムがあった(例えば、特許文献1参照)。

産業上の利用分野


本発明は、標章関連情報を受け付け、標章関連情報が示す標章に類似する1以上の標章を生成する情報処理装置等に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
標章に関する情報である標章関連情報を受け付ける受付部と、
前記標章関連情報を用いて、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する類似標章生成部と、
前記1以上の類似標章を出力する類似標章出力部とを具備する情報処理装置。

【請求項2】
前記1以上の類似標章をキーとして用いて、Web検索を行うWeb検索部と、
前記Web検索部の検索結果を用いて、商標侵害に関する情報である侵害情報を取得する侵害情報取得部と、
前記侵害情報を出力する侵害情報出力部とをさらに具備する請求項1記載の情報処理装置。

【請求項3】
前記類似標章生成部は、
1以上のルールを格納しているルール格納手段と、
前記標章関連情報を用いて、前記1以上のルールを適用し、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する類似標章生成手段とを具備する請求項1または請求項2記載の情報処理装置。

【請求項4】
前記類似標章生成部は、
前記標章関連情報を用いて、前記標章に類似する1以上の称呼を取得する称呼取得手段と、
前記称呼取得手段が取得した1以上の各称呼から、1以上の漢字からなる1以上の標章、または1以上のアルファベットからなる1以上の標章、漢字とアルファベットとカタナカとひらがなのうちの2種類以上の文字を用いた混合文字列からなる1以上の標章、または1以上の漢字からなる1以上の標章と1以上のアルファベットからなる1以上の標章と1以上の混合文字列からなる1以上の標章のうちの2種類以上の類似標章を取得する類似標章生成手段とを具備する請求項1または請求項2記載の情報処理装置。

【請求項5】
前記類似標章生成部は、
1以上のルールを格納しているルール格納手段をさらに具備し、
前記類似標章生成手段は、
前記標章関連情報を用いて、前記1以上のルールを適用し、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する請求項4記載の情報処理装置。

【請求項6】
前記標章関連情報は、称呼であり、
前記類似標章生成部は、
前記称呼を用いて、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する請求項1から請求項5いずれか一項に記載の情報処理装置。

【請求項7】
前記類似標章生成部が生成した1以上の類似標章のうち、予め決められた条件に合致する1以上の標章を削除する不適切標章削除部をさらに具備し、
前記類似標章出力部は、
前記不適切標章削除部が1以上の標章を削除した結果、残った1以上の各標章を出力する請求項1から請求項6いずれか一項に記載の情報処理装置。

【請求項8】
前記類似標章生成部は、
前記称呼取得手段が取得した1以上の各称呼のうち、予め決められた条件に合致する1以上の称呼を削除する不適切称呼削除手段をさらに具備し、
前記類似標章生成手段は、
前記不適切称呼削除手段が1以上の称呼を削除した結果、残った1以上の各称呼から、1以上の漢字からなる1以上の標章、または1以上のアルファベットからなる1以上の標章、漢字とアルファベットとカタナカとひらがなのうちの2種類以上の文字を用いた混合文字列からなる1以上の標章、または1以上の漢字からなる1以上の標章と1以上のアルファベットからなる1以上の標章と1以上の混合文字列からなる1以上の標章のうちの2種類以上の類似標章を取得する請求項4または請求項5記載の情報処理装置。

【請求項9】
前記受付部は、
指定商品または指定役務に関連する商品関連情報をも受け付け、
前記Web検索部は、
前記類似標章生成部が生成した1以上の各類似標章、および前記商品関連情報をキーとしてWeb検索を行う請求項2から請求項8いずれか一項に記載の情報処理装置。

【請求項10】
標章に関する情報である標章関連情報を受け付ける受付部と、前記標章関連情報を用いて、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する類似標章生成部と、前記1以上の類似標章を蓄積する類似標章出力部とを具備する情報処理装置が蓄積した1以上の各類似標章をキーとして用いて、Web検索を行うWeb検索部と、
前記Web検索部の検索結果を用いて、商標侵害に関する情報である侵害情報を取得する侵害情報取得部と、
前記侵害情報を出力する侵害情報出力部とを具備する侵害検知装置。

【請求項11】
受付部、類似標章生成部、および類似標章出力部により実現される情報処理方法であって、
前記受付部が、標章に関する情報である標章関連情報を受け付ける受付ステップと、
前記類似標章生成部が、前記標章関連情報を用いて、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する類似標章生成ステップと、
前記類似標章出力部が、前記1以上の類似標章を出力する類似標章出力ステップとを具備する情報処理方法。

【請求項12】
Web検索部、侵害情報取得部、および侵害情報出力部により実現される情報処理方法であって、
前記Web検索部が、標章に関する情報である標章関連情報を受け付ける受付部と、前記標章関連情報を用いて、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する類似標章生成部と、前記1以上の類似標章を蓄積する類似標章出力部とを具備する情報処理装置が蓄積した1以上の各類似標章をキーとして用いて、Web検索を行うWeb検索ステップと、
前記侵害情報取得部が、前記Web検索ステップにおける検索結果を用いて、商標侵害に関する情報である侵害情報を取得する侵害情報取得ステップと、
前記侵害情報出力部が、前記侵害情報を出力する侵害情報出力ステップとを具備する情報処理方法。

【請求項13】
コンピュータを、
標章に関する情報である標章関連情報を受け付ける受付部と、
前記標章関連情報を用いて、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する類似標章生成部と、
前記1以上の類似標章を出力する類似標章出力部として機能させるためのプログラム。

【請求項14】
コンピュータを、
標章に関する情報である標章関連情報を受け付ける受付部と、前記標章関連情報を用いて、前記標章に類似する1以上の類似標章を生成する類似標章生成部と、前記1以上の類似標章を蓄積する類似標章出力部とを具備する情報処理装置が蓄積した1以上の各類似標章をキーとして用いて、Web検索を行うWeb検索部と、
前記Web検索部の検索結果を用いて、商標侵害に関する情報である侵害情報を取得する侵害情報取得部と、
前記侵害情報を出力する侵害情報出力部として機能させるためのプログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 5L049CC16
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015032135thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close