TOP > 国内特許検索 > 画像処理システム

画像処理システム

国内特許コード P150011926
整理番号 25‐5
掲載日 2015年4月23日
出願番号 特願2013-151273
公開番号 特開2015-022605
出願日 平成25年7月22日(2013.7.22)
公開日 平成27年2月2日(2015.2.2)
発明者
  • 六井 淳
出願人
  • 国立大学法人島根大学
発明の名称 画像処理システム
発明の概要 【課題】画像の補正を行う画像処理システムにおいて、入力画像の画質劣化の原因が多種多様である場合にも対応可能で汎用性の高い画像処理システムを提供することを課題としている。
【解決手段】入力された画像を補正する画像処理システムであって、画像を入力する入力手段11と、該入力された画像である入力画像に基づいてヒストグラムを生成するヒストグラム生成手段14と、該生成したヒストグラムを、確率分布を用いてモデル化するモデル化手段16と、該モデル化手段16によってモデル化された統計モデルに基づいて、前記入力画像の補正を行う補正手段17と、補正手段17からの画像を出力画像として出力する出力手段19とを備えている。
【選択図】図3
従来技術、競合技術の概要



印刷物や歴史的に有名な絵画等の画像は、塗料の経時変化や異物の付着等によって、元画像に対して、状態が大きく変化する場合がある他、印刷物の画像では、プリンタ個々の配色の違いによっても、元画像に対して状態が大きく変化し、このような状態の変化は、画像の品質(画質)を大きく低下させる。





このようにして画質が低下した画像を元の画像に近い状態に戻す技術として、画像を入力する入力手段と、前記入力された画像である入力画像の補正を行う補正手段と、補正手段からの画像を出力画像として出力する出力手段とを備えた画像処理システムが公知である(例えば、特許文献1参照。)。

産業上の利用分野



この発明は、画像の補正を行う画像処理システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
入力された画像を補正する画像処理システムであって、
画像を入力する入力手段と、
該入力された画像である入力画像に基づいてヒストグラムを生成するヒストグラム生成手段と、
該生成したヒストグラムを、確率分布を用いてモデル化するモデル化手段と、
該モデル化手段によってモデル化された統計モデルに基づいて、前記入力画像の補正を行う補正手段と、
補正手段からの画像を出力画像として出力する出力手段とを備えた
ことを特徴とする画像処理システム。

【請求項2】
前記モデル化手段は、混合ガウス分布を用いて、上記モデル化を行う
請求項1に記載の画像処理システム。

【請求項3】
上記混合ガウス分布に含まれるパラメータを、変分ベイズ法を用いて、決定するパラメータ決定手段を備えた
請求項2に記載の画像処理システム。

【請求項4】
入力画像であるカラー画像を、予め定めた複数の基準色毎に分割する分割手段と、
分割手段によって分割された複数の基準色画像を合成する合成手段とを備え、
前記ヒストグラム生成手段は、各基準色画像のヒストグラムを生成し、
前記モデル化手段は、基準色画像毎にヒストグラムの上記モデル化を行い、
前記補正手段は、基準色画像毎に上記補正を行い、
前記合成手段は、補正手段によって補正された各基準色画像を合成する
請求項1乃至3の何れかに記載の画像処理システム。

【請求項5】
上記基準色が赤、緑及び青の3色である
請求項4に記載の画像処理システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2013151273thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close