TOP > 国内特許検索 > LSD1の過剰発現またはLSD1をコードする遺伝子の増幅を伴う悪性腫瘍を予防または治療するための医薬および予後予測用の乳癌組織検査キット

LSD1の過剰発現またはLSD1をコードする遺伝子の増幅を伴う悪性腫瘍を予防または治療するための医薬および予後予測用の乳癌組織検査キット

国内特許コード P150011941
整理番号 S2014-1545-N0
掲載日 2015年4月27日
出願番号 特願2014-186221
公開番号 特開2016-056152
出願日 平成26年9月12日(2014.9.12)
公開日 平成28年4月21日(2016.4.21)
発明者
  • 佐藤 工
  • セドキーナ アンナ
  • 永澤 慧
出願人
  • 学校法人 聖マリアンナ医科大学
発明の名称 LSD1の過剰発現またはLSD1をコードする遺伝子の増幅を伴う悪性腫瘍を予防または治療するための医薬および予後予測用の乳癌組織検査キット
発明の概要 【課題】LSD1の過剰発現を伴う悪性腫瘍に対して有効な医薬を提供すること、および従来よりも高精度に乳癌の予後を予測できるキットを提供すること。
【解決手段】PARP阻害剤を含む医薬は、LSD1の過剰発現を伴う悪性腫瘍に対して有効であり、これらの悪性腫瘍を予防または治療するために用いることができる。抗LSD1抗体、LSD1をコードする遺伝子を特異的に増幅するためのプライマーまたはLSD1をコードする遺伝子に特異的な配列と相補的な配列を有するプローブを含む、乳癌の予後予測用キットによれば、乳癌の予後を従来よりも高精度に予測することができる。
【選択図】図5
従来技術、競合技術の概要


LSD1は、ヒストンH3の4番目と9番目のリジン残基がモノメチル化またはジメチル化されている時に、これらの残基の脱メチル化を行う酵素である。LSD1は、この性質により、エピジェネティックな遺伝子発現制御を介し、細胞分化の促進および細胞周期の制御等に関与することが知られている。LSD1の過剰発現は様々な悪性腫瘍で見られ、なかでも、食道扁平上皮癌(非特許文献1)、非小細胞性肺癌(非特許文献2)、原発性肝細胞癌(非特許文献3)および大腸癌(非特許文献4)等では、LSD1の過剰発現が見られると患者の予後が不良になりやすいことが知られている。



また、悪性腫瘍では、遺伝子(DNA)の増幅が見られることがある。遺伝子の増幅による、その転写・翻訳産物の過剰な発現も、細胞の分化または分裂に異常が生じる原因となりうる。そのため、LSD1をコードする遺伝子が増幅していると、LSD1が過剰発現していることが予測される。



乳癌でも、LSD1の過剰発現がみられることがあると報告されているが、乳癌におけるLSD1の過剰発現と患者の予後との関連は明らかになっていない。乳癌は、遺伝子発現解析の結果によって、Luminal A、Luminal B、HER2(またはHER2-enriched)およびBasal likeの4病型に分類される。これらのうち、Luminal A、Luminal BおよびHER2の3病型は、患者の予後が良好であることが多いか、または近年の治療法の発展により予後が改善されている。しかし、これらの病型の中にも患者が予後不良となるケースは見られる。また、Basal likeに分類されることはそれ自体が予後因子として用いられているが、Basal likeに分類される乳癌の中にも、患者が予後不良になるケースとそうではないケースとが見られる。

産業上の利用分野


本発明は、LSD1(Lysine Specific Demethylase 1)の過剰発現またはLSD1をコードする遺伝子の増幅を伴う悪性腫瘍を予防または治療するための医薬および予後予測用の乳癌組織検査キットに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
PARP阻害剤を含む、LSD1の過剰発現またはLSD1をコードする遺伝子の増幅を伴う悪性腫瘍を予防または治療するための医薬。

【請求項2】
前記悪性腫瘍は卵巣癌、非小細胞性肺癌、食道癌、大腸癌、悪性黒色腫、肝癌、リンパ腫、胃癌、膵臓がん、胆管癌、胆嚢癌、脳腫瘍および骨肉種のいずれかである、請求項1に記載の医薬。

【請求項3】
前記悪性腫瘍は非小細胞性肺癌、食道癌、大腸癌、悪性黒色腫、肝癌、リンパ腫、胃癌、膵臓がん、胆管癌、胆嚢癌、脳腫瘍および骨肉種のいずれかである、請求項1または2に記載の医薬。

【請求項4】
抗LSD1抗体と、LSD1をコードする遺伝子を特異的に増幅するためのプライマーと、LSD1をコードする遺伝子に特異的な配列と相補的な配列を有するプローブと、の少なくともいずれかを含む、予後予測用の乳癌組織検査キット。

【請求項5】
前記悪性腫瘍はトリプルネガティブ乳癌である、請求項4に記載のキット。

【請求項6】
前記悪性腫瘍はBasal-like乳癌である、請求項4に記載のキット。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014186221thum.jpg
出願権利状態 公開
※ 技術移転のお問い合わせはMPO㈱でも結構です。TEL:044-979-1631 FAX:044-979-1632 Mail:info@mpoinc.Co.jp WEB:http://www.mpoinc.co.jp


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close