TOP > 国内特許検索 > 生体材料パターニング用樹脂基材およびその製造方法ならびに生体材料パターニング材およびその製造方法

生体材料パターニング用樹脂基材およびその製造方法ならびに生体材料パターニング材およびその製造方法 UPDATE コモンズ

国内特許コード P150011995
整理番号 412
掲載日 2015年6月1日
出願番号 特願2012-256965
公開番号 特開2014-103857
登録番号 特許第6070106号
出願日 平成24年11月23日(2012.11.23)
公開日 平成26年6月9日(2014.6.9)
登録日 平成29年1月13日(2017.1.13)
発明者
  • 宮田 隆志
  • 河村 暁文
  • 来田 智行
出願人
  • 学校法人 関西大学
発明の名称 生体材料パターニング用樹脂基材およびその製造方法ならびに生体材料パターニング材およびその製造方法 UPDATE コモンズ
発明の概要 【課題】本発明の課題は、洗浄などの煩雑な工程を必要とせずに作製することができると共に2種以上の生体材料をパターニングすることもできる生体材料パターニング用樹脂基材を提供することにある。
【解決手段】本発明に係る生体材料パターニング用樹脂基材100,100Aでは、(a)第1架橋領域Rc0,Rc1、(b)第1架橋領域における架橋度と異なる架橋度を有する第2架橋領域および(c)未架橋領域Rn0,Rn1のうちの少なくとも2種の領域によりパターンPn0,Pn1が形成される。なお、架橋領域は、未架橋領域に対して窪んでいてもよい。また、この生体材料パターニング用樹脂基材において、未架橋領域は「光多量化官能基含有高分子を主成分とする高分子材料」から形成されていることが好ましく、架橋領域は「光架橋化高分子を主成分とする高分子材料」から形成されていることが好ましい。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



近年、再生医療、組織工学の発展に伴って、細胞培養技術の開発は極めて重要な課題となってきた。特に、単純な細胞培養だけではなく、基材上の任意の場所に細胞を接着させて細胞のパターニングを行う技術は、医療分野だけではなく、電気・電子工学、エネルギー分野などに利用するためのバイオテクノロジーとして重要である。そのような細胞パターニング技術では、細胞培養に用いる基材の表面改質技術が重要となる。一般に細胞は疎水性表面に接着しやすく、親水性表面に接着しにくい。従来技術では、このような性質を利用し、基材表面に親水性領域と疎水性領域のパターンを形成させることにより、細胞接着に強弱をつけて細胞パターニングを行っている。

産業上の利用分野



本発明は、生体材料をパターニングするための生体材料パターニング用樹脂基材およびその製造方法に関する。また、本発明は、生体材料を基板上にパターニングした生体材料パターニング材およびその製造方法にも関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
シンナモイル基を有するポリジメチルシロキサンから成り、(a)第1架橋領域、(b)前記第1架橋領域における架橋度と異なる架橋度を有する第2架橋領域および(c)未架橋領域のうち、前記未架橋領域を含む少なくとも2種の領域によりパターンが形成される基材を準備する準備工程と、
前記架橋領域に細胞が付着された後に前記未架橋領域に細胞が付着される付着工程と
前記付着工程後に(a)前記架橋領域の架橋度を部分的に変化させる加工および(b)前記未架橋領域を部分的に架橋させる加工の少なくとも一方の加工を行う加工工程と
を備える、生体材料パターニング材の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012256965thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close