TOP > 国内特許検索 > ダイナミックダンパ制御装置

ダイナミックダンパ制御装置

国内特許コード P150012203
整理番号 2014-028
掲載日 2015年8月20日
出願番号 特願2014-190102
公開番号 特開2016-061377
出願日 平成26年9月18日(2014.9.18)
公開日 平成28年4月25日(2016.4.25)
発明者
  • 井上 敏郎
  • 小松崎 俊彦
出願人
  • 本田技研工業株式会社
  • 国立大学法人金沢大学
発明の名称 ダイナミックダンパ制御装置
発明の概要 【課題】ダイナミックダンパの位置で防振対象部材の振動状態を検出し、防振することができ、防振効果の低減を抑えることができるダイナミックダンパ制御装置を提供する。
【解決手段】防振対象部材12の振動伝達経路に取り付けられる弾性部材16と、防振対象部材12に対して弾性部材16を介して配置される質量部材18と、を備える。弾性部材16は、印加する電力の大きさにより弾性率を可変とする弾性率可変手段22で構成されている。そして、弾性率可変手段22の変位量Xに基づき、防振対象部材12の振動周波数を取得し、振動周波数を低減する弾性率となるように弾性率可変手段22を制御する。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


振動体の振動を抑制するダイナミックダンパとして、例えば特許文献1記載のダイナミックダンパ装置や特許文献2記載の可変剛性型の動吸振器がある。



特許文献1には、防振対象部材に取り付けられた振動センサにより検出された振動周波数に基づいて、重心可変用アクチュエータを制御し、ダイナミックダンパの共振周波数を防振対象部材の振動周波数に合わせるように質量部材の重心を変化させる構成が開示されている。



特許文献2には、外部磁場により粘弾性特性が可変する磁性粒子複合粘弾性体を用いた可変剛性型の動吸振器が記載されている。この動吸振器を用いたシステムでは、主振動体に動吸振器を取り付け、主振動体の振動を加速度センサ等にて検知し、制御手段にて信号変換することでMRE(磁性粒子複合粘弾性体)に印加する電流値を制御する。

産業上の利用分野


本発明は、振動体の振動を抑制するダイナミックダンパ制御装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
防振対象部材の振動伝達経路に取り付けられる弾性部材と、
前記防振対象部材に対して前記弾性部材を介して配置される質量部材と、を備え、
前記弾性部材は、印加する電力の大きさにより弾性率を可変とする弾性率可変手段で構成され、
前記弾性率可変手段の変位量を検出する検出手段を有し、
前記検出手段により検出された前記弾性率可変手段の変位量に基づき、前記防振対象部材の振動周波数を取得し、
前記振動周波数を低減する弾性率となるように前記弾性率可変手段を制御すること
を特徴とするダイナミックダンパ制御装置。

【請求項2】
請求項1記載のダイナミックダンパ制御装置において、
前記弾性率可変手段に電力を供給することで弾性率を制御する制御手段を備え、
前記制御手段は、
前記検出手段により検出された前記弾性率可変手段の変位量を周波数に変換し、
その中で最も振幅の大きい周波数の振動を低減するように前記弾性率可変手段に電力を供給すること
を特徴とするダイナミックダンパ制御装置。

【請求項3】
請求項1又は2記載のダイナミックダンパ制御装置において、
前記弾性率可変手段は、
導電性の磁性粒子が内部に分散され、印加される磁場の強さに応じて弾性率が変化すると共に、変形に伴って所定の方向における電気抵抗値が変化する磁気粘弾性エラストマと、
電力により前記磁気粘弾性エラストマに磁場を印加すると共に、印加する磁場の強さを変更可能な磁場印加手段と、
前記磁気粘弾性エラストマの電気抵抗を検出する抵抗検出手段と、を備え、
前記抵抗検出手段の検出値と、前記磁場印加手段が印加する磁場の強さとに基づいて、前記磁気粘弾性エラストマの変位量を検出すること
を特徴とするダイナミックダンパ制御装置。

【請求項4】
請求項3記載のダイナミックダンパ制御装置において、
予め計測された前記防振対象部材の振動周波数を低減するように、前記弾性率可変手段に磁場を印加する永久磁石を備え、
前記取得された前記防振対象部材の振動周波数が所定値を超えた場合には、
前記制御手段により前記弾性率可変手段に磁場を印加することで弾性率を制御すること
を特徴とするダイナミックダンパ制御装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014190102thum.jpg
出願権利状態 公開
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close