TOP > 国内特許検索 > コンプトンカメラ

コンプトンカメラ

国内特許コード P150012270
整理番号 S2013-1437-N0
掲載日 2015年9月4日
出願番号 特願2013-212844
公開番号 特開2015-075424
出願日 平成25年10月10日(2013.10.10)
公開日 平成27年4月20日(2015.4.20)
発明者
  • 片岡 淳
  • 西山 徹
  • 大須賀 慎二
  • 平柳 通人
  • 足立 俊介
  • 内山 徹也
出願人
  • 学校法人早稲田大学
  • 浜松ホトニクス株式会社
発明の名称 コンプトンカメラ
発明の概要 【課題】ノイズを低減することができるコンプトンカメラを提供する。
【解決手段】コンプトンカメラ1は、散乱検出部10,吸収検出部20,信号処理部30,第1シールド部41および第2シールド部42を備える。散乱検出部10は、放射線源90から放出された放射線が入射すると、その入射した放射線のコンプトン散乱を検出する。吸収検出部20は、散乱検出部10でコンプトン散乱した放射線が入射すると、その入射した放射線の吸収を検出する。信号処理部30は、散乱検出部10における放射線のコンプトン散乱および吸収検出部20における放射線の吸収の同時検出事象に基づいて放射線源90の画像を求める。第1シールド部41,第2シールド部42は、散乱検出部10と吸収検出部20との間に設けられている。第1シールド部41は、前方散乱放射線を選択的に通過させ、後方散乱放射線を選択的に遮断する。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要



コンプトンカメラは、入射した放射線(主にガンマ線)のコンプトン散乱を検出する散乱検出部と、この散乱検出部でコンプトン散乱して入射した放射線の吸収を検出する吸収検出部とを備え、放射線のコンプトン散乱および吸収を同時検出する。そして、コンプトンカメラは、複数の同時検出事象について、散乱検出部において放射線がコンプトン散乱した位置、散乱検出部において放射線がコンプトン散乱した際に放射線が失ったエネルギー、吸収検出部において放射線が吸収された位置、および、吸収検出部において放射線が吸収された際に放射線が失ったエネルギーを求め、これらに基づいて放射線源の画像を取得することができる。

産業上の利用分野



本発明は、コンプトンカメラに関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
入射した放射線をコンプトン散乱させる散乱体を含み、その散乱体での放射線のコンプトン散乱を検出する散乱検出部と、
前記散乱体でコンプトン散乱して入射した放射線を吸収する吸収体を含み、その吸収体での放射線の吸収を検出する吸収検出部と、
前記散乱検出部における放射線のコンプトン散乱および前記吸収検出部における放射線の吸収の同時検出事象に基づいて放射線源の画像を求める信号処理部と、
前記散乱検出部と前記吸収検出部との間に設けられ、前記散乱体でコンプトン散乱した放射線(以下「前方散乱放射線」という。)、および、前記散乱体を散乱・吸収されることなく通過した後に前記吸収体でコンプトン散乱した放射線(以下「後方散乱放射線」という。)のうち、前記前方散乱放射線を選択的に通過させ、前記後方散乱放射線を選択的に遮断する第1シールド部と、
を備えることを特徴とするコンプトンカメラ。

【請求項2】
前記散乱検出部と前記第1シールド部との間に設けられ、前記第1シールド部への放射線の入射によって発生したX線を遮断する第2シールド部を更に備えることを特徴とする請求項1に記載のコンプトンカメラ。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 2G188BB02
  • 2G188BB03
  • 2G188BB04
  • 2G188CC15
  • 2G188CC16
  • 2G188CC18
  • 2G188CC21
  • 2G188CC23
  • 2G188DD05
  • 2G188DD30
  • 2G188EE16
  • 2G188FF11
  • 2G188FF14
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2013212844thum.jpg
出願権利状態 公開
技術導入、技術提携、実用化開発(受託研究・共同研究等)のご相談を承っております。お気軽にご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close