TOP > 国内特許検索 > カプセル型化合物、陰イオン除去剤、及び陰イオン除去方法

カプセル型化合物、陰イオン除去剤、及び陰イオン除去方法 新技術説明会

国内特許コード P150012449
掲載日 2015年10月21日
出願番号 特願2012-554850
登録番号 特許第5954829号
出願日 平成24年1月26日(2012.1.26)
登録日 平成28年6月24日(2016.6.24)
国際出願番号 JP2012051720
国際公開番号 WO2012102356
国際出願日 平成24年1月26日(2012.1.26)
国際公開日 平成24年8月2日(2012.8.2)
優先権データ
  • 特願2011-016235 (2011.1.28) JP
発明者
  • 近藤 満
出願人
  • 国立大学法人静岡大学
発明の名称 カプセル型化合物、陰イオン除去剤、及び陰イオン除去方法 新技術説明会
発明の概要 本発明では、下記一般式(1)で表されるカプセル骨格及び該カプセル骨格に内包された硫酸イオンからなるカプセル型2価カチオンと、前記カプセル型2価カチオンに対する対イオンとしての硫酸イオンと、からなるカプセル型化合物が提供される〔一般式(1)中、R、R、R、R、R、R、R、R、R、R10、R11、R12、及びR13は、それぞれ独立に、水素原子又はメチル基を表し、M及びMは、それぞれ独立に、Cu2+、Fe2+、Ni2+、Co2+、又はZn2+を表す。〕。


従来技術、競合技術の概要


過塩素酸イオン(ClO)、テトラフルオロホウ酸イオン(BF)、硝酸イオン(NO)、及び臭化物イオン(Br)は、有害イオンでありながら水に対する溶解性が高いため、水溶液中からの除去が困難な陰イオンである。また、これらの陰イオンに加えてヨウ化物イオン(I)も、水に対する溶解性が高く水溶液中からの除去が困難な陰イオンである。
例えば、過塩素酸イオンは、乳幼児や子供が過量に摂取すると、成長障害や知的障害を引き起こすことが懸念されている。



水溶液中から過塩素酸イオン等の陰イオンを除去する方法としては、例えば、イオン交換樹脂を用いる方法が知られている(例えば、特開2004-346299号公報及び「NEDO海外レポート、No.946、2004.12.15」参照)。
また、過塩素酸イオンを含む水溶液に、1,4-ビス(イミダゾール-1-イル-メチル)2,3,5,6-テトラメチルベンゼン(以下、「bitb」ともいう)を添加することにより、bitb4分子及びCu2+2個からなるカプセル骨格中に過塩素酸イオンが内包された構造の捕捉カプセル型分子を生成させ、生成した捕捉カプセル型分子を沈殿させる方法が知られている(例えば、国際公開第2008/029804号パンフレット参照)。bitbは、過塩素酸イオン(ClO)以外にも、テトラフルオロホウ酸イオン(BF)等その他の陰イオンの除去にも効果を示すことが知られている(例えば、特開2010-022886号公報及び特開2010-042403号公報参照)。

産業上の利用分野


本発明は、カプセル型化合物、陰イオン除去剤、及び陰イオン除去方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
下記一般式(1)で表されるカプセル骨格及び該カプセル骨格に内包された硫酸イオン(SO2-)からなるカプセル型2価カチオンと、前記カプセル型2価カチオンに対する対イオンとしての硫酸イオン(SO2-)と、からなるカプセル型化合物。
【化1】




〔一般式(1)中、R、R、R、R、R、R、R、R、R、R10、R11、R12、及びR13は、それぞれ独立に、水素原子又はメチル基を表す。一般式(1)中、M及びMは、それぞれ独立に、Cu2+、Fe2+、Ni2+、Co2+、又はZn2+を表す。一般式(1)中、破線は配位結合を表す。〕

【請求項2】
前記M及び前記Mが、同一種である請求項1に記載のカプセル型化合物。

【請求項3】
前記M及び前記Mが、Cu2+である請求項1又は請求項2に記載のカプセル型化合物。

【請求項4】
前記R、前記R、前記R、前記R、前記R、前記R、前記R、前記R、前記R、前記R10、前記R11、前記R12、及び前記R13が、水素原子である請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のカプセル型化合物。

【請求項5】
請求項1~請求項4のいずれか1項に記載のカプセル型化合物を有効成分として含む陰イオン除去剤。

【請求項6】
ClO、BF、NO、Br、及びIからなる群から選択される少なくとも1種の陰イオン並びに水を含む水系試料と、請求項1~請求項4のいずれか1項に記載のカプセル型化合物と、を接触させて前記水系試料から前記陰イオンを除去する工程を含む陰イオン除去方法。

【請求項7】
前記水系試料が、少なくともClOを含む請求項6に記載の陰イオン除去方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012554850thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close