TOP > 国内特許検索 > 逆洗型ろ過装置およびプレート式熱交換器

逆洗型ろ過装置およびプレート式熱交換器

国内特許コード P150012592
整理番号 S2014-0385-N0
掲載日 2015年11月25日
出願番号 特願2014-007445
公開番号 特開2015-134338
出願日 平成26年1月20日(2014.1.20)
公開日 平成27年7月27日(2015.7.27)
発明者
  • 西岡 成憲
  • 小坂 宏史
  • 池上 康之
  • 浦田 和也
出願人
  • 水野ストレーナー工業株式会社
  • 国立大学法人佐賀大学
発明の名称 逆洗型ろ過装置およびプレート式熱交換器
発明の概要 【課題】効果的にオゾンを供給して、より効率的よく付着物を除去することができる付着物除去技術を提供する。
【解決手段】圧力容器と、1つまたは複数のろ過エレメントと、接続したろ過エレメントからろ過水を逆流させてろ過エレメントの洗浄を行う逆洗配管と、ろ過エレメントに対する前記逆洗配管の接続を切り替える切替手段とを備えたろ過ユニットが設けられた逆洗型ろ過装置であって、ろ過エレメントにオゾンを供給することにより、ろ過エレメントに形成された付着物を除去する付着物除去手段が設けられており、付着物除去手段が圧力容器内の水を排水する排水機構と、排水された圧力容器内に気体のオゾンを供給するオゾン供給機構と、供給されたオゾンを、圧力容器内のろ過エレメントと逆洗配管とを経由して形成された循環ラインに強制的に循環させるオゾン循環機構とを備えている逆洗型ろ過装置。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


近年、広範な分野で水を浄化する水処理技術が重要視されており、例えば、船舶のバラスト水管理システム、海水温度差発電の熱交換機用の水処理システム、水力発電所・ダム・農業用水等の取水システム、下水処理システム、工場排水システム、海水の真水化・飲料水化プラント設備などの水処理システムに逆洗型ろ過装置が広く用いられている。



この逆洗型ろ過装置は、例えば、圧力容器と、前記圧力容器内に配置された複数の筒状ろ過エレメントとを備えており、ろ過運転時、原水をろ過エレメントの内側に流入させてろ過エレメントに形成されるろ過流路を通過させてろ過水を生成する一方、複数のろ過エレメントの中から適宜選択されるろ過エレメントに対してろ過水を外側から内側に逆流させて洗浄(逆洗)を順次行うことにより、ろ過流路に詰まった微生物などの不純物を除去して、連続ろ過を可能にしている(例えば、特許文献1)。

産業上の利用分野


本発明は、バイオフィルムなどの付着物を除去する付着物除去手段を備えた逆洗型ろ過装置および前記付着物除去手段を備えたプレート式熱交換器に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
圧力容器と、前記圧力容器内に配置され内側から外側に向けて原水を通過させてろ過する1つまたは複数のろ過エレメントと、前記ろ過エレメントの何れかに接続し、当該接続したろ過エレメントからろ過水を逆流させてろ過エレメントの洗浄を行う逆洗配管と、前記ろ過エレメントに対する前記逆洗配管の接続を切り替える切替手段とを備えたろ過ユニットが設けられた逆洗型ろ過装置であって、
前記ろ過エレメントにオゾンを供給することにより、前記ろ過エレメントに形成された付着物を除去する付着物除去手段が設けられており、
前記付着物除去手段が
前記圧力容器内の水を排水する排水機構と、
排水された前記圧力容器内に気体のオゾンを供給するオゾン供給機構と、
供給された前記オゾンを、前記圧力容器内の前記ろ過エレメントと前記逆洗配管とを経由して形成された循環ラインに強制的に循環させるオゾン循環機構と
を備えていることを特徴とする逆洗型ろ過装置。

【請求項2】
前記オゾン循環機構が、供給された前記オゾンを、前記逆洗配管を逆流させて循環させるオゾン循環機構であることを特徴とする請求項1に記載の逆洗型ろ過装置。

【請求項3】
1つのろ過エレメントに対して前記逆洗配管を所定時間継続して接続させて、供給された前記オゾンが所定のろ過エレメントに局所的に供給されるように、前記逆洗配管の回転を制御する制御部を備えていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の逆洗型ろ過装置。

【請求項4】
圧力容器と、前記圧力容器内に配置され内側から外側に向けて原水を通過させてろ過する1つまたは複数のろ過エレメントと、前記ろ過エレメントの何れかに接続し、当該接続したろ過エレメントからろ過水を逆流させてろ過エレメントの洗浄を行う逆洗配管と、前記ろ過エレメントに対する前記逆洗配管の接続を切り替える切替手段とを備えたろ過ユニットが設けられた逆洗型ろ過装置であって、
前記ろ過エレメントにオゾンを供給することにより、前記ろ過エレメントに形成された付着物を除去する付着物除去手段が設けられており、
前記付着物除去手段が
前記圧力容器内の水を清水に置換する清水置換機構と、
置換された前記圧力容器内の清水にオゾンを供給するオゾン供給機構と、
前記オゾンが供給された清水を、前記圧力容器内の前記ろ過エレメントと前記逆洗配管とを経由して形成された循環ラインに強制的に循環させるオゾン循環機構と
を備えていることを特徴とする逆洗型ろ過装置。

【請求項5】
前記オゾン供給機構が、マイクロバブルノズルを備えており、前記清水にオゾンのマイクロバブルを供給するオゾン供給機構であることを特徴とする請求項4に記載の逆洗型ろ過装置。

【請求項6】
前記オゾン循環機構が、前記オゾンが供給された清水を、前記逆洗配管を逆流させて循環させるオゾン循環機構であることを特徴とする請求項4または請求項5に記載の逆洗型ろ過装置。

【請求項7】
1つのろ過エレメントに対して前記逆洗配管を所定時間継続して接続させて、前記オゾンが供給された清水が所定のろ過エレメントに局所的に供給されるように、前記逆洗配管の回転を制御する制御部を備えていることを特徴とする請求項4ないし請求項6のいずれか1項に記載の逆洗型ろ過装置。

【請求項8】
前記原水が、海水であることを特徴とする請求項1ないし請求項7のいずれか1項に記載の逆洗型ろ過装置。

【請求項9】
積層された複数の熱交換プレートのそれぞれを境にして低温流体を流通させる流路と高温流体を流通させる流路が交互に形成された熱交換ユニットを少なくとも1つ備えたプレート式熱交換器であって、
選択された少なくとも何れかの流路にオゾンを供給することにより、選択された前記流路に形成された付着物を除去する付着物除去手段が設けられており、
前記付着物除去手段が
選択された前記流路内の水を排水する排水機構と、
排水された前記流路内に気体のオゾンを供給するオゾン供給機構と、
供給された前記オゾンを、選択された前記流路を経由して形成された循環ラインに強制的に循環させるオゾン循環機構と
を備えていることを特徴とするプレート式熱交換器。

【請求項10】
積層された複数の熱交換プレートのそれぞれを境にして低温流体を流通させる流路と高温流体を流通させる流路が交互に形成された熱交換ユニットを少なくとも1つ備えたプレート式熱交換器であって、
選択された少なくとも何れかの流路にオゾンを供給することにより、選択された前記流路に形成された付着物を除去する付着物除去手段が設けられており、
前記付着物除去手段が
選択された前記流路内の媒体を清水に置換する清水置換機構と、
置換された前記流路内の清水にオゾンを供給するオゾン供給機構と、
前記オゾンが供給された清水を、選択された前記流路を経由して形成された前記循環ラインに強制的に循環させるオゾン循環機構と
を備えていることを特徴とするプレート式熱交換器。

【請求項11】
前記オゾン供給機構が、マイクロバブルノズルを備えており、前記清水にオゾンのマイクロバブルを供給するオゾン供給機構であることを特徴とする請求項10に記載のプレート式熱交換器。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014007445thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は,下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close