TOP > 国内特許検索 > 金型内ガス排出方法及びその方法を適用した成形用金型

金型内ガス排出方法及びその方法を適用した成形用金型 UPDATE 新技術説明会

国内特許コード P150012601
整理番号 S2014-0440-N0
掲載日 2015年11月26日
出願番号 特願2014-018687
公開番号 特開2015-145098
出願日 平成26年2月3日(2014.2.3)
公開日 平成27年8月13日(2015.8.13)
発明者
  • 是澤 宏之
  • 楢原 弘之
  • 大穂 泰正
出願人
  • 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 金型内ガス排出方法及びその方法を適用した成形用金型 UPDATE 新技術説明会
発明の概要 【課題】キャビティへのガスの流入を抑制してガスを排出する金型内ガス排出方法及びその方法を適用した成形用金型を提供する。
【解決手段】成形用材料11の注入口12及びガス排出口30が設けられた材料供給路13と、材料供給路13に連結されたキャビティ14とからなる金型内空間15を、成形用材料11の流れに沿って、ガス排出口30の下流側、かつ、キャビティ14の上流側の遮蔽位置で分割し、注入口12から材料供給路13内への成形用材料11の注入によって、材料供給路13内の遮蔽位置より上流側のガスを、キャビティ14に流入させず、ガス排出口30を介して外部に送り出した後、金型内空間15を前記遮蔽位置で分割した状態を解除して、成形用材料11をキャビティ14内に流入させる。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


成形用金型を用いて成形を行う際には、金型内の空間からガスを排出して、ショートショットやガス焼け等の発生を抑制している。ガスの排出は、成形用材料の充填の際に行われ、その具体例が、特許文献1、2に記載されている。
特許文献1には、キャビティ内のガス圧が所定の圧力を超えたときにガス抜き孔を開いてガスを排出する技術が記載され、特許文献2には、キャビティ内に突出可能に設置された突き出しピンに切欠き部を設けてガスを排出する旨が記載されている。

産業上の利用分野


本発明は、溶融金属や溶融樹脂等からなる成形用材料が注入される金型内空間からガスを排出する金型内ガス排出方法及びその方法を適用した成形用金型に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
成形用材料の注入口及びガス排出口が設けられた材料供給路と、前記材料供給路に連結されたキャビティとからなる金型内空間を、前記成形用材料の流れに沿って、前記ガス排出口の下流側、かつ、前記キャビティの上流側の遮蔽位置で分割する工程Aと、
前記注入口から前記材料供給路内に前記成形用材料を注入し、前記材料供給路内の前記遮蔽位置より上流側のガスを、前記キャビティに流入させず、前記ガス排出口を介して外部に送り出す工程Bと、
前記金型内空間を前記遮蔽位置で分割した状態を解除して、前記成形用材料を前記キャビティ内に流入可能にする工程Cとを有することを特徴とする金型内ガス排出方法。

【請求項2】
請求項1記載の金型内ガス排出方法において、前記ガス排出口は、前記金型内空間を分割する開閉手段に形成されていることを特徴とする金型内ガス排出方法。

【請求項3】
請求項1又は2記載の金型内ガス排出方法において、前記金型内空間を分割する開閉手段は、前記成形用材料が該開閉手段に接触して、前記金型内空間を分割した状態を解除することを特徴とする金型内ガス排出方法。

【請求項4】
請求項1~3のいずれか1項に記載の金型内ガス排出方法において、前記ガス排出口は、前記材料供給路内の前記キャビティへの連結領域に設けられていることを特徴とする金型内ガス排出方法。

【請求項5】
成形用材料の注入口が設けられた材料供給路と、前記材料供給路に連結されたキャビティとからなる金型内空間を備えた成形用金型において、
前記材料供給路にガス排出口が設けられ、
前記金型内空間を、前記成形用材料の流れに沿って、前記ガス排出口の下流側、かつ、前記キャビティの上流側の遮蔽位置で分割し、前記注入口からの前記成形用材料の注入によって、前記材料供給路内の前記遮蔽位置より上流側のガスが、前記キャビティに流入せず、前記ガス排出口を介して外部に送り出される状態にする開閉手段を備え、
前記開閉手段は、前記金型内空間を前記遮蔽位置で分割した状態を解除して、前記遮蔽位置まで達した前記成形用材料を前記キャビティ内に流入させることを特徴とする成形用金型。

【請求項6】
請求項5記載の成形用金型において、前記ガス排出口は、前記開閉手段に形成されていることを特徴とする成形用金型。

【請求項7】
請求項5又は6記載の成形用金型において、前記開閉手段は、前記成形用材料が該開閉手段に接触して、前記金型内空間を分割した状態を解除することを特徴とする成形用金型。

【請求項8】
請求項5~7のいずれか1項に記載の成形用金型において、前記ガス排出口は、前記材料供給路の前記キャビティへの連結領域に設けられていることを特徴とする成形用金型。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014018687thum.jpg
出願権利状態 公開
詳細は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close