TOP > 国内特許検索 > ジフルオロメチルチオ化試薬およびジフルオロメチルチオ-エナミン誘導体の製造方法

ジフルオロメチルチオ化試薬およびジフルオロメチルチオ-エナミン誘導体の製造方法 (未公開特許出願) コモンズ

国内特許コード P150012660
掲載日 2015年12月4日
出願番号 特願2015-203685
出願日 平成27年10月15日(2015.10.15)
出願人
  • 国立大学法人名古屋工業大学
発明の名称 ジフルオロメチルチオ化試薬およびジフルオロメチルチオ-エナミン誘導体の製造方法 (未公開特許出願) コモンズ
発明の概要 "反応途中段階で、より活性化された構造に変換され、温和な条件下(常温常圧)でジフルオロメチルチオ化を可能とする。
様々な医・農薬の製造過程に見られる合成中間体であり、そのため、ジフルオロメチルチオ基を持つエナミンは、新しい合成中間体として有用である。"
※ 未公開特許の詳細内容の開示については、秘密保持を契約していただくことが前提となっております。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close