TOP > 国内特許検索 > 腎疾患診断のためのエクソソーム回収法

腎疾患診断のためのエクソソーム回収法 UPDATE コモンズ

国内特許コード P160012741
整理番号 NU-624
掲載日 2016年1月29日
出願番号 特願2015-196263
公開番号 特開2017-067706
出願日 平成27年10月1日(2015.10.1)
公開日 平成29年4月6日(2017.4.6)
発明者
  • 加藤 規利
出願人
  • 国立大学法人名古屋大学
発明の名称 腎疾患診断のためのエクソソーム回収法 UPDATE コモンズ
発明の概要 【課題】腎疾患の検査に有用な特定のエクソソームを回収する方法、及び回収されたエクソソームの用途を提供することを課題とする。
【解決手段】(1)生体試料からエクソソームを分離するステップ、(2)分離したエクソソームの中から、α8インテグリンを表面に発現しているエクソソームを分取するステップを含む、メサンギウム細胞由来のエクソソームの回収法が提供される。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


エクソソームは、ほぼ全ての細胞が放出する50~140nmの小嚢であり、その由来細胞が持つタンパク質、mRNA、microRNA(miRNA)等を内包する。脂質二重膜に覆われているが故にRNaseに耐性であり、且つ安定して長期保存できることから、バイオマーカーとして注目を集めている。従来、患者血漿、尿などの体液から超遠心法等を用いてエクソソームが分離されてきた(例えば非特許文献1を参照)。最近では、エクソソームの一般的な表面マーカーであるCD81などを用いて回収する方法(例えば特許文献1)も利用されている。



血中には様々な細胞由来のエクソソームが存在している。目的(標的)細胞由来のエクソソームを回収できれば、当該細胞が関与する疾患の診断や治療等に有益な情報が得られる可能性がある。実際、起始細胞に特異的なエクソソームを分離して解析すること(特許文献2)、尿試料中のエクソソームを特定のタンパク質に対する抗体を利用して濃縮すること(特許文献3)などが試みられている。

産業上の利用分野


本発明はエクソソームの回収技術に関する。詳しくは、生体試料からメサンギウム細胞由来のエクソソームを選択的に回収する方法及びその用途に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
以下のステップ(1)及び(2)を含む、メサンギウム細胞由来のエクソソームの回収法:
(1)生体試料からエクソソームを分離するステップ;
(2)分離したエクソソームの中から、α8インテグリンを表面に発現しているエクソソームを分取するステップ。

【請求項2】
抗α8インテグリン抗体による捕捉によって、ステップ(2)の分取が行われる、請求項1に記載の回収法。

【請求項3】
抗α8インテグリン抗体が固相担体に固定化されている、請求項2に記載の回収法。

【請求項4】
固相担体が磁気ビーズである、請求項3に記載の回収法。

【請求項5】
生体試料が血漿、血清又は尿である、請求項1~4のいずれか一項に記載の回収法。

【請求項6】
遠心処理、密度勾配遠心分離、フィルター処理、サイズ排除クロマトグラフィー及び超遠心処理からなる群より選択される一以上の処理によって、ステップ(1)の分離が行われる、請求項1~5のいずれか一項に記載の回収法。

【請求項7】
ステップ(2)の後、抗α8インテグリン抗体に捕捉された状態でエクソソームを回収する、請求項1~6のいずれか一項に記載の回収法。

【請求項8】
ステップ(2)の後、抗α8インテグリン抗体からエクソソームを脱離し、回収する、請求項1~6のいずれか一項に記載の回収法。

【請求項9】
α8インテグリンの発現を指標として回収したエクソソーム内又は表面の標的分子を検出することを特徴とする、腎疾患の検査法。

【請求項10】
標的分子がRNA、DNA又はタンパク質である、請求項9に記載の検査法。

【請求項11】
RNAがmicroRNAである、請求項10に記載の検査法。

【請求項12】
エクソソームが請求項1~6のいずれか一項に記載の回収法で回収されたものである、請求項9~11のいずれか一項に記載の検査法。

【請求項13】
エクソソームが請求項7に記載の回収法で回収されたものであり、
抗α8インテグリン抗体に捕捉された状態のエクソソームを試料として標的分子を検出する、請求項9~11のいずれか一項に記載の検査法。

【請求項14】
α8インテグリンの発現を指標として一定量の生体試料から回収したエクソソームの量を検出することを特徴とする、検査法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close