TOP > 国内特許検索 > エノキタケ抽出物の製造方法、エノキタケ抽出物および食品添加剤

エノキタケ抽出物の製造方法、エノキタケ抽出物および食品添加剤 コモンズ

国内特許コード P160012788
整理番号 (S2012-0689-N0)
掲載日 2016年2月18日
出願番号 特願2014-515615
出願日 平成25年5月13日(2013.5.13)
国際出願番号 JP2013063296
国際公開番号 WO2013172304
国際出願日 平成25年5月13日(2013.5.13)
国際公開日 平成25年11月21日(2013.11.21)
優先権データ
  • 特願2012-112438 (2012.5.16) JP
発明者
  • 河原 秀久
  • 小出 芳栄
出願人
  • 学校法人 関西大学
  • 有限会社一栄
発明の名称 エノキタケ抽出物の製造方法、エノキタケ抽出物および食品添加剤 コモンズ
発明の概要 本発明は、エノキタケ子実体をアルコールに浸漬した後に前記アルコールから分離することと、分離した前記エノキタケ子実体を80℃以上の水に浸漬した後に上澄みを抽出物として得ることと、を備えるエノキタケ抽出物の製造方法等である。
従来技術、競合技術の概要


キノコやカビ等の菌類、地衣類等から抽出される抽出物は、粘着性や乳化性を示す低分子タンパク質であるハイドロフォビンを含むことが知られている。このハイドロフォビンを増粘剤、乳化剤、界面活性剤等の各種剤へ利用することが検討されている。
例えば、特許文献1乃至3には、真菌類由来のハイドロフォビンを食品添加剤として使用することが記載されている。



特許文献1乃至3には、ハイドロフォビンを得る方法として、真菌からハイドロフォビンをコードする遺伝子を取り出し宿主細胞に導入する遺伝子組み換えの手法によってハイドロフォビンを得ること、及び、真菌の菌糸体からエタノール等でハイドロフォビンを抽出することが記載されている。



しかしながら、遺伝子組み換え技術で製造されたハイドロフォビンは、安全性の観点から食品添加剤として食品へ使用することを制限される場合がある。
また、真菌の菌糸体からエタノール等で抽出するという一般的な抽出方法では、抽出量が少なく抽出効率が悪いという問題がある。



非特許文献1には、ハイドロフォビンの抽出方法として、ドデシル硫酸ナトリウム(SDS)等の薬品で処理することが記載されている。かかる方法によればハイドロフォビンの抽出量は増加する。しかし、かかる抽出方法で抽出されたハイドロフォビンは安全性の観点からみると好ましくない。

産業上の利用分野


本発明は、エノキタケ抽出物の製造方法、エノキタケ抽出物およびエノキタケ抽出物を含む食品添加剤に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
エノキタケ子実体をアルコールに浸漬した後に前記アルコールから分離することと、
分離した前記エノキタケ子実体を80℃以上の水に浸漬した後に上澄みを抽出物として得ることと、を備えるエノキタケ抽出物の製造方法。

【請求項2】
前記エノキタケ子実体をアルコールに浸漬する前に、前記エノキタケ子実体を酸性溶液に浸漬しその後に前記酸性溶液から分離することを、備える請求項1に記載のエノキタケ抽出物の製造方法。

【請求項3】
前記酸性溶液はpH1.0~3.0である請求項2に記載のエノキタケ抽出物の製造方法。

【請求項4】
前記酸性溶液は酢酸溶液である請求項2または3に記載のエノキタケ抽出物の製造方法。

【請求項5】
エノキタケ子実体をアルコールに浸漬した後に前記アルコールから分離し、
分離した前記エノキタケ子実体を80℃以上の水に浸漬することで抽出されたエノキタケ抽出物。

【請求項6】
請求項5に記載のエノキタケ抽出物を含む食品添加剤。



国際特許分類(IPC)
  • A23L  31/00    
  • A23L  29/10    
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014515615thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close