TOP > 国内特許検索 > 放射線量測定方法及び測定装置

放射線量測定方法及び測定装置

国内特許コード P160012969
整理番号 13974
掲載日 2016年5月9日
出願番号 特願2014-129848
公開番号 特開2016-008893
出願日 平成26年6月25日(2014.6.25)
公開日 平成28年1月18日(2016.1.18)
発明者
  • 伊藤 敬輔
  • 石川 高史
  • 内藤 裕之
  • 伊藤 主税
出願人
  • 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 放射線量測定方法及び測定装置
発明の概要 【課題】 高放射線量場において実用し得る放射線量測定方法及び装置を実現する。
【解決手段】 放射線感応部1のシンチレーター発光機構部1aは、ルビーを使用して放射線量測定対象物から放出される放射線に感応して放射線量に応じてシンチレーター光1bを発生するように構成し、この発光をフッ素ドープ石英コア3aを使用して構成した光ファイバー3によって放射線量測定対象物から離れて位置する信号処理部2に伝送するように構成し、この信号処理部において、光学フィルター2aを介在させてシンチレーター光以外の波長の光を遮断し、前記光学フィルターを通過した光を光電変換回路2bによって光電変換して放射線量に対応する電力量の電気信号を得るように構成する。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


原子力施設の高放射線量場における放射線量の測定には、耐放射線性に優れた遠隔操作式の測定装置が必要である。



遠隔操作式の放射線量測定装置として、放射線感応部にシンチレーター発光機構を使用し、放射線量測定対象物から放出される放射線に感応して該放射線の線量に応じて発光するシンチレーター光を光ファイバーによって放射線量測定対象物から離れて位置する信号処理部に伝送し、この信号処理部においてシンチレーター光を電気信号に変換して放射線量を測定する構成が提案されている。



このような構成の放射線量測定装置は、測定作業者や信号処理部が進入することができないような狭隘な場所や高放射線で危険な場所に位置する放射線量測定対象物に対向するように放射線感応部を挿し入れることにより、放射線量測定対象物から放出される放射線の線量に応じたシンチレーター光を発生させ、このシンチレーター光を光ファイバーによって放射線量測定対象物から離れた広範な場所や安全な場所まで伝送し、そこに位置させた信号処理部においてシンチレーター光を電気信号に変換して計数することにより放射線量測定対象物が放出する放射線量を測定するように使用される。
【特許文献1】
特開平9-140658号公報

産業上の利用分野


本発明は、放射線量測定方法及び測定装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
放射線感応部にシンチレーター発光機構を使用し、放射線量測定対象物から放出される放射線に感応して該放射線の線量に応じて発光するシンチレーター光を光ファイバーによって放射線量測定対象物から離れて位置する信号処理部に伝送し、この信号処理部においてシンチレーター光を電気信号に変換して放射線量測定対象物から放出される放射線量を測定する放射線量測定方法において、
前記シンチレーター発光機構部には、感応部材としてルビーを使用して放射線量に対応したシンチレーター光を発生させ、
前記光ファイバーには、フッ素ドープ石英コアを使用して前記シンチレーター光を伝送させ、
前記信号処理部には、光学フィルターを介在させてシンチレーター光以外の波長の光を遮断し、前記光学フィルターを通過した光を光電変換して放射線量に対応する電力量の電気信号を得ることを特徴とする放射線量測定方法。

【請求項2】
請求項1において、感応部材としてのルビーは、人工ルビーを使用することを特徴とする放射線量測定方法。

【請求項3】
放射線感応部にシンチレーター発光機構を使用し、放射線量測定対象物から放出される放射線に感応して該放射線の線量に応じて発光するシンチレーター光を光ファイバーによって放射線量測定対象物から離れて位置する信号処理部に伝送し、この信号処理部においてシンチレーター光を電気信号に変換して放射線量測定対象物から放出される放射線量を測定する放射線量測定装置において、
前記シンチレーター発光機構部は、感応部材としてルビーを使用して放射線量に対応したシンチレーター光を発生するように構成し、
前記光ファイバーは、フッ素ドープ石英コアを使用して前記シンチレーター光を伝送するように構成し、
前記信号処理部は、光学フィルターを介在させてシンチレーター光以外の波長の光を遮断し、前記光学フィルターを通過した光を光電変換して放射線量に対応する電力量の電気信号を得るように構成したことを特徴とする放射線量測定装置。

【請求項4】
請求項3おいて、感応部材としてのルビーは、人工ルビーを使用したことを特徴とする放射線量測定装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 2G188CC13
  • 2G188CC15
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014129848thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close