TOP > 国内特許検索 > 電極及び二次電池

電極及び二次電池 UPDATE コモンズ

国内特許コード P160012976
整理番号 N15100
掲載日 2016年5月11日
出願番号 特願2016-060877
公開番号 特開2017-174692
出願日 平成28年3月24日(2016.3.24)
公開日 平成29年9月28日(2017.9.28)
発明者
  • 手嶋 勝弥
  • 是津 信行
出願人
  • 国立大学法人信州大学
発明の名称 電極及び二次電池 UPDATE コモンズ
発明の概要 【課題】Mn含有複合酸化物を正極活物質として使用した場合に高電圧で金属が電解液中に溶出するのを防止し、サイクル特性が良好な電極及び二次電池の提供。
【解決手段】電極活物質の表面に撥水材料の被覆層を備えた電極。撥水材料としてフッ素系材料、具体的には、トリデカフルオロ-1,1,2,2-テトラヒドロオクチルトリエトキシシラン(FAS)のようなフルオロアルキル基置換シラン化合物が好ましい。前記電極活物質が、スピネル構造又は層状岩塩構造を有し、化学組成を示す一般式が式(1)で示されるリチウム複合酸化物を有することが好ましい、電極。LiNia-xMn2-a-yx+y4-b・・・(1)
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


近年、小型化、軽量化、高容量化が期待される電池として、リチウムイオン電池等の、非水電解液系の二次電池が提案され、実用に供されている。このリチウムイオン電池は、リチウムイオンを可逆的に脱挿入可能な性質を有する正極及び負極と、非水系の電解質とにより構成されている。
リチウム複合酸化物は、リチウム二次電池の正極活物質として用いられている。リチウム二次電池は、既に携帯電話用途やノートパソコン用途などの小型電源として実用化されている。更に自動車用途や電力貯蔵用途などの中・大型電源においても適用が試みられている。このように適用範囲の拡大に伴い、リチウム二次電池の長寿命化は重要な課題である。



正極活物質に用いられるリチウム複合酸化物には、リチウム、ニッケル、マンガン及び酸素を含む、LNMO型の複合酸化物が用いられる。
LNMO型の複合酸化物は、高電位で使用でき、かつ安全性も高いことから大型電池への適用が進んでおり、高容量化するための試みがされている。
例えば、特許文献1には、LNMO型のリチウム複合酸化物を用いた電池の容量を向上させるため、添加剤の含有量を削減し、空隙の少ない緻密なリチウム複合酸化膜を製造したことが記載されている。

産業上の利用分野


本発明は電極及び二次電池に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
電極活物質の表面に撥水材料の被覆層を備えたことを特徴とする電極。

【請求項2】
前記撥水性材料がフッ素系材料である請求項1に記載の電極。

【請求項3】
前記電極活物質が、スピネル構造または層状岩塩構造を有し、化学組成を示す一般式がLiNiMn2-a4-b(0<a≦0.6、0≦b≦1)で示されるリチウム複合酸化物を有する、請求項1又は2に記載の電極。

【請求項4】
前記電極活物質が、スピネル構造または層状岩塩構造を有し、化学組成を示す一般式が下記式(1)で示されるリチウム複合酸化物を有する、請求項1又は2に記載の電極。
LiNia-xMn2-a-yx+y4-b・・・(1)
[一般式(1)中、0<a≦0.6、0≦b≦1、0≦x≦0.1、0≦y≦0.1、a-x>0.4、2-a-y>1.4である。但し、x及びyがともに0の場合を除く。Mは、Ti、V、Cr、Fe、Co、Cu、Zu、Snからなる群より選択される1種以上の金属元素である。]

【請求項5】
請求項1~4のいずれか1項に記載の電極を有する二次電池。
国際特許分類(IPC)
Fターム
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close