TOP > 国内特許検索 > アルデヒド製造用触媒及びアルデヒドの製造方法

アルデヒド製造用触媒及びアルデヒドの製造方法

国内特許コード P160013070
整理番号 H17-109D
掲載日 2016年6月29日
出願番号 特願2005-189306
公開番号 特開2007-007520
登録番号 特許第4675170号
出願日 平成17年6月29日(2005.6.29)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
登録日 平成23年2月4日(2011.2.4)
発明者
  • 今村 速夫
  • 酒多 喜久
  • 田中 秀二
出願人
  • 国立大学法人山口大学
発明の名称 アルデヒド製造用触媒及びアルデヒドの製造方法
発明の概要 【課題】 本発明は、カルボン酸エステルを水素化して主生成物としてアルコールを製造する際に用いられるアルコール製造用触媒において多用される金属を活性成分とし、容易に入手可能な一般的な原料を用いて簡便に調製又は使用でき、アセトアルデヒドなどの脂肪族低級アルデヒドを効率よく製造できる、カルボン酸エステルを水素化して主生成物としてアルデヒドを製造する場合に用いられるアルデヒド製造用触媒、及びそのアルデヒド製造用触媒を用いてカルボン酸エステルを水素化してアルデヒドを製造するアルデヒドの製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明は、銅及び周期律表第8族金属の中から選ばれる少なくとも1種の金属が珪酸カルシウムに担持されていることを特徴とするアルデヒド製造用触媒であり、またその触媒を用いてカルボン酸エステルを水素化してアルデヒドを製造することを特徴とするアルデヒドの製造方法により解決される。
【選択図】 なし
従来技術、競合技術の概要


カルボン酸エステルを水素化して主生成物としてアルデヒドを製造する場合に用いられるアルデヒド製造用触媒としては、例えば、酸化ジルコニウムとランタニド元素からなる触媒(特許文献1)、酸化ハフニウム触媒(特許文献2)、酸化ランタン触媒(特許文献3)、及び高純度酸化クロム触媒(特許文献4)などが知られている。



また、カルボン酸エステルの水素化反応におけるアルデヒド製造用触媒として、コバルトと酸化ジルコニウムからなる触媒(特許文献5)、鉄カルボニルから製造された鉄触媒(特許文献6)、チタンの酸化物質と一種以上の共存金属(銅、コバルト、ニッケルなど)からなる触媒(特許文献7)、及びルテニウム/スズ型バイメタル触媒(特許文献8)なども知られている。その他、酸化亜鉛-酸化クロム触媒により、酢酸及びn-酪酸などの低級カルボン酸のエステルを水素化する方法(特許文献9)も知られている。



【特許文献1】
特開平8-231458号公報
【特許文献2】
特公平6-37419号公報
【特許文献3】
特開2002-3431号公報
【特許文献4】
特開平5-310630号公報
【特許文献5】
特開昭61-115043号公報
【特許文献6】
特開昭64-83040号公報
【特許文献7】
特開平3-118344号公報
【特許文献8】
特開平5-294882号公報
【特許文献9】
特公昭47-38410号公報

産業上の利用分野


本発明は、カルボン酸エステルを水素化して主生成物としてアルデヒドを製造する場合に用いられるアルデヒド製造用触媒、及びそのアルデヒド製造用触媒を用いてカルボン酸エステルを水素化してアルデヒドを製造するアルデヒドの製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
カルボン酸エステルを水素化してアルデヒドを製造する際に用いられ、
銅及び周期律表第8族金属の中から選ばれる少なくとも1種の金属が珪酸カルシウムに担持されていることを特徴とするアルデヒド製造用触媒。

【請求項2】
銅及び周期律表第8族金属の中から選ばれる少なくとも1種の金属が0.1~15質量%珪酸カルシウムに担持されていることを特徴とする請求項1記載のアルデヒド製造用触媒。

【請求項3】
ランタニド元素の金属がさらに担持されていることを特徴とする請求項1又は2記載のアルデヒド製造用触媒。

【請求項4】
前記ランタニド元素の金属が、サマリウム、ランタン、セリウム、ネオジム、イッテルビウム及びユーロピウムのうち少なくとも一つの金属であることを特徴とする請求項3記載のアルデヒド製造用触媒。

【請求項5】
銅及び周期律表第8族金属の中から選ばれる少なくとも1種の金属1モルに対し、ランタニド元素の金属が0.01~0.3モルの割合で存在することを特徴とする請求項3又は4記載のアルデヒド製造用触媒。

【請求項6】
前記珪酸カルシウムは、BET比表面積が50~500m/gであり、吸油量が50~500ml/100gの多孔質珪酸カルシウムであることを特徴とする請求項1乃至5のいずれかに記載のアルデヒド製造用触媒。

【請求項7】
請求項1乃至6のいずれかに記載のアルデヒド製造用触媒の存在下でカルボン酸エステルを水素化してアルデヒドを製造することを特徴とするアルデヒドの製造方法。

【請求項8】
珪酸カルシウムに銅及び周期律表第8族金属の中から選ばれる少なくとも1種の金属を担持して前記アルデヒド製造用触媒を製造し、製造した前記アルデヒド製造用触媒を単離せずにその反応槽に前記カルボン酸エステルを加えてその水素化を行なうことを特徴とする請求項7記載のアルデヒドの製造方法。

【請求項9】
カルボン酸エステルと水素の混合物を前記アルデヒド製造用触媒と接触させることを特徴とする請求項7又は8記載のアルデヒドの製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
山口TLOは平成11年11月に山口大学の教官50名の出資により設立された、リエゾン一体型のTLO活動会社です。山口大学を主とし、山口県内の大学・高専の研究成果をご紹介致します。特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close