TOP > 国内特許検索 > ストレス耐性付与組成物、ストレス耐性付与方法、ストレス耐性体内増殖方法、及びストレス評価方法

ストレス耐性付与組成物、ストレス耐性付与方法、ストレス耐性体内増殖方法、及びストレス評価方法 (未公開特許出願) コモンズ 新技術説明会 外国出願あり

国内特許コード P160013085
整理番号 H26-018
掲載日 2016年7月7日
出願番号 特願2015-050490
出願日 平成27年3月23日(2015.3.23)
優先権データ
  • 特願2015-050490 (2015.3.23) JP
発明者
  • 早川 洋一
出願人
  • 国立大学法人佐賀大学
発明の名称 ストレス耐性付与組成物、ストレス耐性付与方法、ストレス耐性体内増殖方法、及びストレス評価方法 (未公開特許出願) コモンズ 新技術説明会 外国出願あり
発明の概要 全ての生物にストレス順応機構が存在する。昆虫も例外ではなく、最近、私達はストレスを受けた昆虫体内で分泌され、その後のストレスに対する抵抗性を増強させる内在性の生理活性因子を発見した。これが哺乳類においても有効か?もし、効果がなかった場合には、ヒトのストレス順応因子は何か?こうした問題の解明に私達の研究は有効であるはずと考える。
国際特許分類(IPC)
  • A61K 31/00
  • A61K 31/195
  • A61K 31/215
未公開特許(まだ出願公開されていない特許)については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示にあたっては、別途、大学と秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。
その手続き等について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close