TOP > 国内特許検索 > 細胞培養システム

細胞培養システム

国内特許コード P160013162
整理番号 S2014-1617-N0
掲載日 2016年8月4日
出願番号 特願2014-197443
公開番号 特開2016-067232
出願日 平成26年9月26日(2014.9.26)
公開日 平成28年5月9日(2016.5.9)
発明者
  • 谷口 英樹
  • 武部 貴則
  • 関根 圭輔
  • 中尾 敦
  • 廣松 崇史
  • 砂山 裕信
  • 西村 哲也
出願人
  • 公立大学法人横浜市立大学
  • バイオメディカ・ソリューション株式会社
  • 澁谷工業株式会社
発明の名称 細胞培養システム
発明の概要 【課題】作業用アイソレータにおける細胞の培養に必要な作業を効率的に、また処理される細胞に雑菌が混入することなく、短時間で速やかに実行できるようにする。
【解決手段】作業用アイソレータ21は無菌空間を形成する。インキュベータ33は作業用アイソレータ21に接続され、細胞を収容して培養する。収納庫52は作業用アイソレータ21で使用する物品を収納する。収納庫52に外部から物品を搬入するため、パスボックス51を設ける。収納庫52と作業用アイソレータ21とを直接的または間接的に連結する。
【選択図】図4
従来技術、競合技術の概要


特許文献1に開示されているように、iPS細胞等の多機能性幹細胞から得られる臓器細胞と、血管内皮を構成する血管内皮細胞と、組織で機能する細胞の支持構造を形成する間葉系細胞とをそれぞれ培養した後、最適な混合比率で共培養することにより、微小血管構造を有する立体的な器官芽を試験管内で誘導することができ、さらに、これを生体内に移植することで臓器を作製することができる。



このような細胞や組織の培養を行うために、無菌空間を形成するアイソレータと、アイソレータに着脱自在に接続され、細胞を収容して培養するインキュベータとを備え、アイソレータ内で培養に必要な作業を行うように構成されたシステムが知られている。例えば特許文献2に開示されたシステムでは、インキュベータが接続された2つのアイソレータを、滅菌庫を介して連結しており、各インキュベータにおいて、異なる細胞の培養を行うことが可能である。

産業上の利用分野


本発明は、損傷を受けた生体機能に対して、幹細胞などを用いて復元させる再生医療において使用される細胞培養システムに関し、より詳しくは、細胞を調製するための作業用アイソレータに、細胞を収容して培養するインキュベータを接続して構成した細胞培養システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
無菌空間を形成する作業用アイソレータと、前記作業用アイソレータに接続されて細胞を収容して培養するインキュベータとを備えた細胞培養システムにおいて、
前記作業用アイソレータで使用する物品を収納する収納庫と、この収納庫に外部から物品を搬入するためのパスボックスとを備え、
前記収納庫と作業用アイソレータとを直接的または間接的に連結して構成したことを特徴とする細胞培養システム。

【請求項2】
内部に形成した無菌空間に移送手段を配置した移送用アイソレータを設けるとともに、前記作業用アイソレータとインキュベータを複数備え、
前記移送用アイソレータの搬送経路に沿って前記複数の作業用アイソレータを連結し、この移送用アイソレータを介して前記収納庫と作業用アイソレータを連結したことを特徴とする請求項1に記載の細胞培養システム。

【請求項3】
前記物品を収容する複数の収容体を備え、前記物品を前記収容体に収容した状態で前記収納庫に物品を収容するとともに、前記移送手段で移送することを特徴とする請求項2に記載の細胞培養システム。

【請求項4】
前記移送手段の移送経路は直線的に形成されており、前記移送手段は前記収容体を往復動可能に移送することを特徴とする請求項3に記載の細胞培養システム。

【請求項5】
前記収納庫が着脱可能に設けられていることを特徴とする請求項1または2に記載の細胞培養システム。

【請求項6】
前記複数のインキュベータで種類の異なる細胞を培養し、相互に異なるインキュベータで培養された細胞をいずれかの作業用アイソレータで混合することを特徴とする請求項2に記載の細胞培養システム。

【請求項7】
前記複数のインキュベータで種類の同じ細胞を培養し、相互に異なるインキュベータで培養された細胞をいずれかの作業用アイソレータで混合することを特徴とする請求項2に記載の細胞培養システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014197443thum.jpg
出願権利状態 公開
※ ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close