TOP > 国内特許検索 > 認証処理装置及び認証処理方法

認証処理装置及び認証処理方法

国内特許コード P160013228
整理番号 S2015-0264-N0
掲載日 2016年8月18日
出願番号 特願2014-254347
公開番号 特開2016-115199
出願日 平成26年12月16日(2014.12.16)
公開日 平成28年6月23日(2016.6.23)
発明者
  • 佐藤 公則
  • 渡邊 睦
  • 鹿嶋 雅之
  • 池之上 太一
出願人
  • 国立大学法人 鹿児島大学
発明の名称 認証処理装置及び認証処理方法
発明の概要 【課題】認証処理システムを導入し易くすると共に、非接触で、且つ、セキュリティ性の確保を実現する仕組みを提供する。
【解決手段】認証対象者の手200の距離画像を動画撮影する距離画像センサ110と、距離画像センサ110による動画撮影領域を複数の区分領域に分けて各区分領域に対して一意の番号を設定する番号設定部133と、距離画像センサ110による動画撮影により得られた距離画像に基づいて認証対象者の指先211の静止位置を示す静止位置情報を取得する静止位置情報取得部134と、当該静止位置情報に基づいて静止位置が属する区分領域を判別し、当該区分領域に設定されている番号を取得する番号取得部135と、番号取得部135において時系列で取得された番号である時系列番号と暗証番号記憶部131に記憶されている認証対象者の暗証番号とに基づいて認証対象者の認証処理を行う認証処理部136を備える。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


現在、銀行の現金自動預け払い機(ATM:Automated Teller Machine)などでは、セキュリティキーとして暗証番号が用いられ、例えば、4桁の数字が利用されている。その一方で、カードの偽造や暗証番号入力時の盗撮などによる犯罪は、後を絶たないのが現状である。



このような背景のもと、近時では、セキュリティ向上の観点から、セキュリティキーとして、手の指紋や静脈パターンなどのバイオメトリック情報を用いた認証が提案されて実現されている(例えば、下記の特許文献1及び特許文献2参照)。

産業上の利用分野


本発明は、認証対象者の認証処理を行う認証処理装置及び認証処理方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
認証対象者の手の距離画像を動画撮影する距離画像センサを備え、前記距離画像を用いて前記認証対象者の認証処理を行う認証処理装置であって、
前記認証対象者の暗証番号を記憶する記憶手段と、
前記距離画像センサによる動画撮影領域を複数の区分領域に分けて、各区分領域に対して一意の番号を設定する番号設定手段と、
前記動画撮影により得られた前記距離画像に基づいて前記手における指先の静止位置を示す静止位置情報を取得する静止位置情報取得手段と、
前記静止位置情報に基づいて前記静止位置が属する前記区分領域を判別し、前記番号設定手段によって当該区分領域に設定された番号を取得する番号取得手段と、
前記番号取得手段において時系列で取得された番号である時系列番号と、前記暗証番号とに基づいて、前記認証対象者の認証処理を行う認証処理手段と
を有することを特徴とする認証処理装置。

【請求項2】
前記認証対象者が前記各区分領域に対して前記一意の番号を対応付けるための対応付け情報を入力する入力手段を更に有し、
前記番号設定手段は、前記対応付け情報に従って前記各区分領域に対して前記一意の番号を設定することを特徴とする請求項1に記載の認証処理装置。

【請求項3】
前記各区分領域は、六面体の形状からなる領域であることを特徴とする請求項1または2に記載の認証処理装置。

【請求項4】
前記各区分領域は、球体の形状からなる領域であることを特徴とする請求項1または2に記載の認証処理装置。

【請求項5】
前記距離画像センサは、暗箱内に設置されており、当該暗箱内に挿入された前記手の前記距離画像を動画撮影することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の認証処理装置。

【請求項6】
認証対象者の手の距離画像を動画撮影する距離画像センサと、前記認証対象者の暗証番号を記憶する記憶手段とを備え、前記距離画像を用いて前記認証対象者の認証処理を行う認証処理装置による認証処理方法であって、
前記距離画像センサによる動画撮影領域を複数の区分領域に分けて、各区分領域に対して一意の番号を設定する番号設定ステップと、
前記動画撮影により得られた前記距離画像に基づいて前記手における指先の静止位置を示す静止位置情報を取得する静止位置情報取得ステップと、
前記静止位置情報に基づいて前記静止位置が属する前記区分領域を判別し、前記番号設定ステップによって当該区分領域に設定された番号を取得する番号取得ステップと、
前記番号取得ステップにおいて時系列で取得された番号である時系列番号と、前記暗証番号とに基づいて、前記認証対象者の認証処理を行う認証処理ステップと
を有することを特徴とする認証処理方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014254347thum.jpg
出願権利状態 公開
特許の内容に興味を持たれた方、ライセンスをご希望の方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close