TOP > 国内特許検索 > 癌細胞の検出方法及び癌細胞検出キット

癌細胞の検出方法及び癌細胞検出キット UPDATE

国内特許コード P160013304
整理番号 S2014-1407-N0
掲載日 2016年9月23日
出願番号 特願2015-014586
公開番号 特開2016-138840
登録番号 特許第6028253号
出願日 平成27年1月28日(2015.1.28)
公開日 平成28年8月4日(2016.8.4)
登録日 平成28年10月28日(2016.10.28)
発明者
  • 福山 隆
  • 市来 嘉伸
  • 山▲崎▼ 等
  • 小林 憲忠
  • 山村 瑠衣
出願人
  • 学校法人北里研究所
発明の名称 癌細胞の検出方法及び癌細胞検出キット UPDATE
発明の概要 【課題】より高精度に癌細胞を検出することができる、癌細胞の検出方法及び癌細胞検出キットを提供する。
【解決手段】生体試料中の癌細胞の検出方法であって、細胞膜表面上に存在するKK-LC-1タンパク質の発現を検出する工程を備える癌細胞の検出方法、及び、KK-LC-1タンパク質に対する抗体又はアプタマーを備える癌細胞検出キット。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


癌/精巣抗原は、癌細胞と精巣以外では発現が認められないタンパク質の総称である。癌/精巣抗原の1つであるKitakyushu lung cancer antigen-1(以下、「KK-LC-1」という。)は、肺癌細胞株が特異的に発現する抗原として同定されたものである(例えば、非特許文献1を参照。)。

産業上の利用分野


本発明は、癌細胞の検出方法及び癌細胞検出キットに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
生体試料中の癌細胞の検出方法であって、C末端領域を細胞外に露出した形態で細胞膜表面上に局在するKK-LC-1タンパク質を検出する工程を備える、癌細胞の検出方法。

【請求項2】
請求項1に記載の癌細胞の検出方法に用いられる癌細胞検出キットであって、KK-LC-1タンパク質に対する抗体又はアプタマーを備える、キット。

【請求項3】
前記抗体又は前記アプタマーが、ポジトロン核種で標識されている、請求項2に記載のキット。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close