TOP > 国内特許検索 > 医療情報表示システム、サーバー及びプログラム

医療情報表示システム、サーバー及びプログラム

国内特許コード P160013310
整理番号 S2015-0444-N0
掲載日 2016年9月23日
出願番号 特願2015-010865
公開番号 特開2016-136296
出願日 平成27年1月23日(2015.1.23)
公開日 平成28年7月28日(2016.7.28)
発明者
  • 小山 裕司
  • 松本 省二
  • 吉良 潤一
出願人
  • 公立大学法人首都大学東京
  • 国立大学法人九州大学
  • 一般財団法人平成紫川会
発明の名称 医療情報表示システム、サーバー及びプログラム
発明の概要 【課題】 高度急性期患者の各種検査等が行われる場合にも、各医療スタッフや検査部門間で、処置状況を共有することができる医療情報表示システムを提供すること。
【解決手段】 本発明の医療情報表示システムは、情報端末とサーバーで構成され、情報端末が院内ネットワークを介してサーバーに接続されている。情報端末は、入力部と端末通信制御部と各処置タスクに対応した画像表示領域が個々に規定され、全ての処置タスクに対応する全画像表示領域が1つの表示画面内に配置され、端末通信制御部で受信された配信データに基づく処置の進行状況を表す画面を表示する表示部とを備え、サーバーは、表示部に表示される画面に対応した初期画面情報を記憶した記憶部と、処置状況に応じて対応する画像表示領域の画像表示が変化するように当該画像表示領域の表示情報を設定する表示情報設定部と、表示情報をもとに配信データを生成する配信データ生成部とを備える。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


従来から、医療関係の分野においても、ネットワークを介した医療情報を表示するシステムが提案されている。
例えば特許文献1には、カルテ管理サーバーにアクセスすることで、救急車の車内や搬送予定先の医療機関もこの患者のカルテ情報を参照できる医療情報システムが開示されている。また特許文献2には、臨床情報や診断・治療の決定補助など用いる、複数の対話的表示領域を備えた臨床管理・意思決定システムが開示されており、病院内の情報システムに接続された固定或いはリモートデバイスからアクセス可能であり、医師の判断を支援するシステムとなっている。

産業上の利用分野


本発明は、サーバーと複数の情報端末が所定のネットワークを介して接続される医療情報表示システム、サーバー及びプログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
複数の情報端末が所定のネットワークを介してサーバーと接続され、各情報端末に入力されたデータを該サーバーで処理して配信データを作成し、該配信データに基づく処置の進行状況を該情報端末に共通に表示する医療情報表示システムであって、
前記情報端末は、
患者に対して所定の処置を施す処置タスクの処置状況を入力する入力部と、
前記処置タスクの処置状況を前記サーバーに送信すると共に、前記サーバーから配信される前記配信データを受信する端末通信制御部と、
前記各処置タスクに対応した画像表示領域が個々に規定されており、全ての前記処置タスクに対応する全画像表示領域が1つの表示画面内に配置された画面であって、前記端末通信制御部で受信された前記配信データに基づく処置の進行状況を表す画面を表示する表示部とを備え、
前記サーバーは、
前記表示部に表示される前記画面に対応して、前記画像表示領域が個々に規定されており、全画像表示領域が1つの表示画面内に配置された初期画面情報を記憶した記憶部と、
前記情報端末から送信される前記処置タスクの処置状況に応じて、対応する前記画像表示領域の画像表示が変化するように、当該画像表示領域の表示情報を設定する表示情報設定部と、
前記表示情報をもとに、前記配信データを生成する配信データ生成部と、
前記処置状況を受信すると共に、前記配信データを、前記ネットワークを介して各情報端末に配信する通信制御部とを備える医療情報表示システム。

【請求項2】
前記表示情報設定部は、対応する前記画像表示領域の領域表示色が、認識された前記処置タスクの処置状況に応じて変化するように、前記表示情報を設定することを特徴とする請求項1に記載の医療情報表示システム。

【請求項3】
前記表示情報設定部は、1つの前記処置タスクが終了したことを認識した場合には、その次段となる前記処置タスクの前記画像表示領域に対して、所定の前記表示情報を設定することを特徴とする請求項1又は2に記載の医療情報表示システム。

【請求項4】
前記初期画面情報は、前記処置タスクに対応した前記画像表示領域とは別の領域に、時間の経過情報を表示する時間経過表示領域をさらに備えており、
前記表示情報設定部は、全ての前記処置タスクが終了する目標時間までの残存時間又は経過時間のうち、少なくとも一方を常時表示させるように、前記時間経過表示領域の表示情報を設定することを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の医療情報表示システム。

【請求項5】
前記記憶部は、一部の前記処置タスクに対応した画像表示領域のみが規定された個別初期画面情報をさらに備えており、
前記配信データ生成部では、前記表示情報設定部で設定される前記表示情報のうち、前記一部の処置タスクにおける表示情報をもとに、特定の前記情報端末に配信する個別配信データを生成することを特徴とする請求項1又は2に記載の医療情報表示システム。


【請求項6】
複数の情報端末が所定のネットワークを介して接続されるサーバーであって、
前記情報端末は、患者に施す各処置タスクに対応した画像表示領域が個々に規定されており、全ての前記処置タスクに対応する全画像表示領域が1つの表示画面内に配置された画面であって、前記端末通信制御部で受信された前記配信データに基づく処置の進行状況を表す画面を表示する表示部を有し、
前記サーバーは、
前記各処置タスクに対応した画像表示領域が各処置タスクに対応して個々に規定されており、全ての前記画像表示領域が1つの表示画面内に配置されるように予め設定された初期画面情報を記憶した記憶部と、
前記情報端末から送信される前記処置タスクの処置状況に応じて、対応する前記画像表示領域の表示画像が変化するように、当該画像表示領域に表示する画像、文字、及びそれらの色に関する表示情報を設定する表示情報設定部と、
前記表示情報をもとに配信データを生成する配信データ生成部と、
前記処置タスクの処置状況を受信すると共に、前記配信データを前記ネットワークに配信する通信制御部とを備え、
生成した前記配信データを前記各情報端末に対して共通に表示させることを特徴とするサーバー。

【請求項7】
前記表示情報設定部は、対応する前記画像表示領域を表す画像の領域表示色が、認識された前記処置タスクの処置状況に応じて変化するように、前記表示情報を設定することを特徴とする請求項6に記載のサーバー。

【請求項8】
前記表示情報設定部は、1つの前記処置タスクが終了したことを認識した場合には、その次段となる前記処置タスクの前記画像表示領域に対して、所定の前記表示情報を設定することを特徴とする請求項6又は7に記載のサーバー。

【請求項9】
前記初期画面情報は、前記処置タスクに対応した前記画像表示領域とは別の領域に、時間の経過情報を表示する時間経過表示領域をさらに備えており、
前記表示情報設定部は、全ての前記処置タスクが終了する目標時間までの残存時間又は経過時間のうち、少なくとも一方を常時表示させるように、前記時間経過表示領域の表示情報を設定することを特徴とする請求項6~8のいずれかに記載のサーバー。

【請求項10】
前記記憶部は、一部の前記処置タスクに対応した画像表示領域のみが規定された個別初期画面情報をさらに備えており、
前記配信データ生成部では、前記表示情報設定部で設定される前記表示情報のうち、前記一部の処置タスクにおける表示情報をもとに、特定の前記情報端末に配信する個別配信データを生成することを特徴とする請求項6又は7に記載のサーバー。

【請求項11】
複数の情報端末が所定のネットワークを介して接続されるサーバーとして構成するコンピュータに所定のステップを実行させるプログラムであって、
前記情報端末は、患者に施す各処置タスクに対応した画像表示領域が個々に規定されており、全ての前記処置タスクに対応する全画像表示領域が1つの表示画面内に配置された画面であって、前記端末通信制御部で受信された前記配信データに基づく処置の進行状況を表す画面を表示する表示部を有し、
前記コンピュータは、前記各処置タスクに対応した画像表示領域が各処置タスクに対応して個々に規定されており、全ての処置タスク前記画像表示領域が1つの表示画面内に配置されるように予め設定された初期画面情報を記憶した記憶部を備え、
前記情報端末から送信される前記処置タスクの処置状況を受信するステップと、
受信した前記処置タスクの処置状況に応じて、対応する前記画像表示領域の表示画像が変化するように、当該画像表示領域に表示する画像、文字、及びそれらの色に関する表示情報を設定するステップと、
前記表示情報をもとに配信データを生成するステップと、
前記配信データを前記ネットワークに配信するステップと、
を実行させるプログラム。

【請求項12】
前記表示情報を設定するステップでは、対応する前記画像表示領域を表す画像の領域表示色が、認識された前記処置タスクの処置状況に応じて変化するように、前記表示情報を設定することを特徴とする請求項11記載のプログラム。

【請求項13】
前記表示情報を設定するステップでは、1つの前記処置タスクが終了したことを認識した場合には、その次段となる前記処置タスクの前記画像表示領域に対して、所定の前記表示情報を設定することを特徴とする請求項11又は12に記載のプログラム。

【請求項14】
前記初期画面情報は、前記処置タスクに対応した前記画像表示領域とは別の領域に、時間の経過情報を表示する時間経過表示領域をさらに備えており、
前記表示情報を設定するステップでは、全ての前記処置タスクが終了する目標時間までの残存時間又は経過時間のうち、少なくとも一方を常時表示させるように、前記時間経過表示領域の表示情報を設定することを特徴とする請求項11~13のいずれかに記載のプログラム。

【請求項15】
前記記憶部は、一部の前記処置タスクに対応した画像表示領域のみが規定された個別初期画面情報をさらに備えており、
前記配信データを生成するステップでは、前記表示情報を設定するステップで設定される前記表示情報のうち、前記一部の処置タスクにおける表示情報をもとに、特定の前記情報端末に配信する個別配信データを生成することを特徴とする請求項11又は12に記載のプログラム。


国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 5L099AA01
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015010865thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close