TOP > 国内特許検索 > 携帯端末を用いた察知エージェントシステム、察知エージェントシステムにおける機械学習方法、及びこれを実施するためのプログラム

携帯端末を用いた察知エージェントシステム、察知エージェントシステムにおける機械学習方法、及びこれを実施するためのプログラム (未公開特許出願) コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P160013555
掲載日 2016年12月20日
出願番号 特願2016-175700
出願日 平成28年9月8日(2016.9.8)
発明者
  • 趙 強福
  • 橋本 雅人
出願人
  • 公立大学法人会津大学
発明の名称 携帯端末を用いた察知エージェントシステム、察知エージェントシステムにおける機械学習方法、及びこれを実施するためのプログラム (未公開特許出願) コモンズ 新技術説明会
発明の概要 機械学習による大規模な計算処理の不都合を解決し、ユーザの様々な情報を察知して、その情報を基にユーザに役立つ情報の提供や、問題解決する携帯端末を用いた察知エージェントシステムを提供する。
未公開特許(まだ出願公開されていない特許)については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示及び、ライセンスや共同研究等のご希望については、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close