TOP > 国内特許検索 > コンテンツ配信装置、システム、及び方法

コンテンツ配信装置、システム、及び方法

国内特許コード P170013601
整理番号 S2015-0975-N0/1610
掲載日 2017年1月13日
出願番号 特願2015-085698
公開番号 特開2016-208172
出願日 平成27年4月20日(2015.4.20)
公開日 平成28年12月8日(2016.12.8)
発明者
  • 中里 秀則
出願人
  • 学校法人早稲田大学
発明の名称 コンテンツ配信装置、システム、及び方法
発明の概要 【課題】複数のユーザが同じコンテンツの配信を受ける場合に、そのコンテンツのキャッシュの占有時間を短縮する配信装置、システム及び方法を提供する。
【解決手段】要求受付部11は、ユーザ端末装置50からコンテンツ取得要求を受信する。コンテンツ配信部12は、コンテンツデータがキャッシュ部13に存在するときは、キャッシュ部13から取得したコンテンツデータを要求元のユーザ端末装置50に送信する。判断部14は、同じコンテンツを先行して送信している他のユーザ端末装置50が存在するか否かを判断する。コンテンツ配信部12は、判断部14において存在すると判断されると、先行して送信しているユーザ端末装置50におけるコンテンツデータの再生速度を遅くすること、及び、後からコンテンツ取得要求を送信したユーザ端末装置50におけるコンテンツデータの再生速度を速めることの少なくとも一方を実施する。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


ユーザからの要求に応じてコンテンツデータを配信するコンテンツ配信システムが知られている。コンテンツ配信システムの一形態として、ビデオ・オン・デマンド(VOD)システムが知られている(例えば特許文献1を参照)。VODシステムは、例えばテレビや映画などの映像と音声とを含むビデオデータ(コンテンツデータ)をユーザ端末からの要求に応じて配信する。一般に、VODシステムは、ビデオデータを大量に格納する大容量蓄積装置と、ユーザからの要求に応じてビデオデータを検索し、ユーザに提供する配信サーバとを含む。特許文献1では、ビデオデータを複数の分割データに分割し、分割データ単位でビデオデータの転送を行う。



コンテンツ配信では、通常、扱われるデータのサイズが大きいため、効率的にコンテンツ配信を行うことが重要である。特許文献1に記載のVODシステムでは、あるユーザと別のユーザとが同じコンテンツを視聴するときは、ビデオデータ(分割データ)を複数のユーザ端末に同報配信することが記載されている。同報配信を行うことで、コンテンツ配信の効率を向上できる。特許文献1では、同報配信するユーザ数が増えるほど、配信サーバ及び配信に用いられるネットワークの負荷を軽減できる。



特許文献1には、システムの余力が残り少ないときに、ユーザ端末装置での再生速度を視聴者が気づかない程度低速化することも記載されている。再生速度を低速化すると、再生中の分割データの再生時間は、通常の再生時間よりも長くなり、その分だけ、後に続く分割データの転送時期を遅らせることができる。これにより、負荷のピークを回避することができる。また、特許文献1には、後に続く分割データの転送時期を遅らせている間に他のユーザ端末から再生要求があれば、再生速度を低速化させたユーザと、後から要求したユーザとに、分割データコンテンツを同報転送で配信することもできると記載されている。

産業上の利用分野


本発明は、コンテンツ配信装置、システム、及び方法に関し、更に詳しくは、複数のユーザにコンテンツ配信を行うコンテンツ配信装置、システム、及び方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ユーザ端末装置から、取得を希望するコンテンツデータを指定するコンテンツ取得要求を受信する要求受付部と、
ネットワークの上流側から取得されたコンテンツデータを一時的に記憶するするキャッシュ部と、
前記要求受付部が受信したコンテンツ取得要求が指定するコンテンツデータが前記キャッシュ部に存在するときは、該キャッシュ部からコンテンツデータを取得して、前記コンテンツ取得要求の送信元のユーザ端末装置に送信するコンテンツ配信部と、
前記要求受付部が新たにコンテンツ取得要求を受信すると、該受信されたコンテンツ取得要求によって指定されるコンテンツデータを先行して送信している他のユーザ端末装置が存在するか否かを判断する判断部とを備え、
前記コンテンツ配信部は、前記判断部において存在すると判断されると、先行して送信しているユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を遅くすること、及び、後からコンテンツ取得要求を送信したユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を速めることの少なくとも一方を実施することを特徴とするコンテンツ配信装置。

【請求項2】
前記コンテンツ配信部は、前記要求受付部が受信したコンテンツ取得要求が指定するコンテンツデータがキャッシュ部に存在しないときは、前記ネットワークの上流側からコンテンツデータを取得して前記ユーザ端末装置に送信し、かつ前記キャッシュ部に取得したコンテンツデータを一時的に記憶するする請求項1に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項3】
前記コンテンツ配信部は、前記先行して送信しているユーザ端末装置と前記後からコンテンツ取得要求を発生させたユーザ端末装置とに送信するコンテンツデータをそれぞれ書き換えることにより、前記先行して送信しているユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を遅くすること、及び、前記後からコンテンツ取得要求を送信したユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を速めることを実施する請求項1又は2に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項4】
前記コンテンツデータが、連続して順次に転送される一連の分割データを含み、各分割データは前記ユーザ端末装置における再生のタイミングを制御する再生タイミングデータを含んでおり、前記コンテンツ配信部は、前記分割データの再生タイミングデータを書き換え、該再生タイミングデータが書き換えられた分割データを前記ユーザ端末装置に送信することで、前記ユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を変更する請求項1から3何れか1項に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項5】
前記コンテンツ取得部は、ネットワークの上流側から分割データを取得すると、該取得した分割データが、前記後から送信されたコンテンツ取得要求によって指定されたコンテンツデータに含まれるものであるか否かを判定し、含まれる旨を判定すると、前記取得した分割データの再生タイミングデータの書き換えを行う請求項4に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項6】
前記コンテンツ配信部は、前記先行して送信しているユーザ端末装置へのコンテンツデータの送信と、後からコンテンツ取得要求を送信したユーザ端末装置へのコンテンツデータの送信との間の時間差がなくなるまで、前記ユーザ端末装置における再生速度の変更を継続する請求項4又は5に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項7】
前記コンテンツ配信部は、前記時間差がなくなった後は、前記先行して送信しているユーザ端末装置と前記後からコンテンツ取得要求を送信したユーザ端末装置とに、前記分割データを同時に送信する請求項6に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項8】
前記キャッシュ部は、前記分割データ単位でコンテンツデータを一時的に記憶しており、前記後からコンテンツ取得要求を発生させたユーザ端末装置へ一時的に記憶していた分割データを送信した時刻以後に、当該分割データが前記キャッシュ部から削除される請求項4から7何れか1項に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項9】
前記コンテンツ取得要求が、取得を希望するコンテンツデータのコンテンツ名を含み、前記判断部は、前記コンテンツ名に基づいて、前記コンテンツ取得要求によって指定されるコンテンツデータを先に送信している他のユーザ端末装置が存在するか否かを判断する請求項1から8何れか1項に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項10】
前記コンテンツ配信部は、前記コンテンツデータを前記ユーザ端末装置にストリーミング送信する請求項1から9何れか1項に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項11】
コンテンツ指向ネットワークのルータ装置である請求項1から10何れか1項に記載のコンテンツ配信装置。

【請求項12】
コンテンツデータを保持するコンテンツデータサーバ装置と、該コンテンツデータサーバ装置とネットワークを介して接続された1以上のコンテンツ配信装置とを備え、ユーザ端末装置に前記コンテンツデータを送信するコンテンツ配信システムであって、
前記コンテンツ配信装置が、
前記ユーザ端末装置から、取得を希望するコンテンツデータを指定するコンテンツ取得要求を受信する要求受付部と、
前記コンテンツ取得要求によって指定されたコンテンツデータを要求元のユーザ端末装置に送信するコンテンツ配信部と、
前記要求受付部が新たにコンテンツ取得要求を受信すると、該受信されたコンテンツ取得要求によって指定されるコンテンツデータを先行して送信している他のユーザ端末装置が存在するか否かを判断する判断部とを備え、
前記コンテンツ配信部は、前記判断部において存在すると判断されると、先行して送信しているユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を遅くすること、及び、後からコンテンツ取得要求を送信したユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を速めることの少なくとも一方を実施することを特徴とするコンテンツ配信システム。

【請求項13】
コンテンツ配信装置がユーザ端末装置にコンテンツデータを送信するコンテンツ配信方法であって、
前記コンテンツ配信装置が、前記ユーザ端末装置から、取得を希望するコンテンツデータを指定するコンテンツ取得要求を受信するステップと、
前記コンテンツ配信装置が、前記受信したコンテンツ取得要求によって指定されたコンテンツデータを要求元のユーザ端末装置に送信するステップと、
前記コンテンツ配信装置が、前記受信したコンテンツ取得要求によって指定されるコンテンツデータを先行して送信している他のユーザ端末装置が存在するか否かを判断するステップと、
前記コンテンツ配信装置が、前記判断するステップにおいて存在すると判断すると、前記先行して送信している他のユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を遅くすること、及び、前記コンテンツ取得要求の送信元のユーザ端末装置におけるコンテンツデータの再生速度を速めることの少なくとも一方を実施することを特徴とするコンテンツ配信方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015085698thum.jpg
出願権利状態 公開
技術導入、技術提携、実用化開発(受託研究・共同研究等)のご相談を承っております。お気軽にご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close