TOP > 国内特許検索 > 穿刺針、及び穿刺ユニット

穿刺針、及び穿刺ユニット NEW

国内特許コード P170013682
整理番号 S2015-1569-N0
掲載日 2017年2月1日
出願番号 特願2015-120510
公開番号 特開2017-000620
出願日 平成27年6月15日(2015.6.15)
公開日 平成29年1月5日(2017.1.5)
発明者
  • 青柳 誠司
  • 鈴木 昌人
  • 芳賀 善九
  • 都 博之
出願人
  • 学校法人 関西大学
発明の名称 穿刺針、及び穿刺ユニット NEW
発明の概要 【課題】 容易に製造することができる穿刺針、及び穿刺ユニットを提供することを課題とする。
【解決手段】 皮膚に刺し込む針本体であって、先端部が先細りに形成され、内部に流体を流通させる流通路と、該針本体の少なくとも先端部に並設される複数の歯部とを有する針本体を備え、該針本体は、中心線に沿う方向に対して直交する方向で隣り合うように配置される複数の分割体を有し、該分割体は、前記中心線に沿う方向に延びる胴部と、該胴部の先端部から延出し且つ先細りに形成される刺部と、前記中心線に沿う方向に延び且つ前記流通路の一部を構成する流通路形成部とを有する穿刺針、及び該穿刺針を備える穿刺ユニット。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


従来から、例えば、採血や、検査等を行う際に人の皮膚に刺し込んで血液を採取するための穿刺針が提供されている。



そして、穿刺針には、人に与える痛みを抑えるように構成されたものがある。例えば、かかる穿刺針の一種として、筒状で先端部が先鋭に形成された針本体と、該針本体と同方向に延びる一対の補助針であって、該針本体を介して並ぶ一対の補助針と、を備えるものがある。



各補助針の先端部は、先細りに形成される。さらに、補助針は、少なくとも先端部から基端部に向けて並設される複数の突起部であって、針本体側とは反対側に向けて突出する複数の突起部を有する。



この種の穿刺針を皮膚に刺し込むには、一対の補助針のうちの何れか一方の補助針を進出させるとともに針本体を後退させた後に、両方の補助針を後退させながら針本体を進出させ、さらに、何れか他方の補助針を進出させるとともに針本体を後退させた後に、再び両方の補助針を後退させながら針本体を進出させる動作を繰り返し行う。



このようにすると、針本体を進出させるときに、両方の補助針を後退させることによって穿刺針の周囲の皮膚の変形を抑えることができるため、人に与える痛みを抑えながら針本体を皮膚内の目的の位置に向けて刺し込むことができ、該目的の位置に到達させた針本体を介して血液を採取することができるとされている(例えば、特許文献1参照)。



ところで、この種の穿刺針を製造するには、金型を用いた成形方法(例えば、注型法や、射出成型等)によって筒状の針本体と、一対の補助針とを一組にした成形物を成形することがある。



しかしながら、中空である針本体と、該針本体の両側に配置され且つ複数の突起部を有する一対の補助針とを一組にした成形物を成形する場合、例えば、成形物を金型から取り外し難いことや、金型に流し込んだ樹脂が該金型内全体に行き渡り難いこと等が成形物の成形し難さ(すなわち、穿刺針の製造し難さ)につながることがある。そのため、上述の穿刺針には、容易に製造できるようにすることが求められている。

産業上の利用分野


本発明は、人の皮膚に刺し込む穿刺針、及び該穿刺針を備える穿刺ユニットに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
皮膚に刺し込む針本体であって、先端部が先細りに形成され、内部に流体を流通させる流通路と、該針本体の少なくとも先端部に並設される複数の歯部とを有する針本体を備え、該針本体は、中心線に沿う方向に対して直交する方向で隣り合うように配置される複数の分割体を有し、該分割体は、前記中心線に沿う方向に延びる胴部と、該胴部の先端部から延出し且つ先細りに形成される刺部と、前記中心線に沿う方向に延び且つ前記流通路の一部を構成する流通路形成部とを有する穿刺針。

【請求項2】
前記流通路形成部は、前記胴部のみに形成され、前記刺部は、中実であり且つ先鋭に形成される請求項1に記載の穿刺針。

【請求項3】
前記流通路形成部は、前記胴部を貫通するように形成される流通孔を有する請求項2に記載の穿刺針。

【請求項4】
上記請求項1乃至請求項3の何れか一項に記載の穿刺針と、前記穿刺針の前記各分割体を前記針本体の中心線に沿う方向に動かす駆動装置とを備え、該駆動装置は、前記各分割体の少なくとも一つの分割体を他の分割体に対して相対的に進出させるように構成される穿刺ユニット。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015120510thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close