TOP > 国内特許検索 > 細胞死抑制剤及びその製造方法

細胞死抑制剤及びその製造方法 NEW

国内特許コード P170013785
整理番号 (S2013-0673-N0)
掲載日 2017年3月16日
出願番号 特願2015-504347
出願日 平成26年3月5日(2014.3.5)
国際出願番号 JP2014055533
国際公開番号 WO2014136808
国際出願日 平成26年3月5日(2014.3.5)
国際公開日 平成26年9月12日(2014.9.12)
優先権データ
  • 特願2013-043562 (2013.3.5) JP
  • 特願2013-043563 (2013.3.5) JP
発明者
  • 佐藤 あやの
  • 仁科 勇太
出願人
  • 国立大学法人 岡山大学
発明の名称 細胞死抑制剤及びその製造方法 NEW
発明の概要 下記式(1)



で表される化合物、又は下記式(2)



で表される化合物の少なくとも一方を有効成分として含有する細胞死抑制剤。当該細胞死抑制剤は、高い細胞死抑制活性を有する。
従来技術、競合技術の概要


細胞死抑制剤は、脳梗塞や急性肝機能障害等の細胞死が急速に起こる病気の症状緩和薬として期待されている。これまでに、いくつかの細胞死抑制剤が報告されており、細胞死の抑制機構は複数存在することが知られている。



細胞死抑制剤の一つとして、活性酸素等を補足するラジカルスカベンジャーとして機能する化合物からなるものが知られている。ラジカルスカベンジャーが活性酸素等を補足することにより、活性酸素等によって引き起こされる細胞死が抑制される。ラジカルスカベンジャーとして機能するエダラボン(edaravone)は、脳保護剤として、脳梗塞の治療に用いられている。しかしながら、エラダボンの副作用により、重篤な急性腎不全が起こるおそれがあることが報告されている(非特許文献1)。また、薬物(アセトアミノフェン)性急性肝機能障害の治療に、N-アセチルシステイン(NAC)が投与される。NACが、ラジカルスカベンジャーとして機能したり、グルタチオンの生合成を補助したりすることにより症状が緩和されると考えられている。NACは、重篤な副作用が少なく、経口投与が可能である。しかしながら、NACは効果の持続時間が短いうえに、初期段階でNACを投与しなければ効果が得られないという問題があった(非特許文献2)。



一方、非特許文献3には、含フッ素インドール誘導体からなるカスパーゼ阻害剤が記載されている。当該含フッ素インドール誘導体がカスパーゼを阻害することにより、カスパーゼが関与する細胞死が抑制される可能性があると記載されている。しかしながら、非特許文献3には、前記含フッ素インドール誘導体がラジカルスカベンジャーとして機能するかどうかについて記載されていない。また、細胞死抑制活性が不十分である場合があった。特許文献1には、インドリルピロール誘導体からなる細胞死抑制剤が記載されている。しかしながら、当該細胞死抑制剤は、細胞死抑制活性が不十分である場合があった。非特許文献4には、ビスインドールマレイミドによる細胞死の抑制について記載されている。しかしながら、当該化合物は、細胞死抑制活性が不十分である場合があった。

産業上の利用分野


本発明は、含フッ素複素芳香族化合物を有効成分とする細胞死抑制剤及びその製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
下記式(1)
【化1】


[式中、Rは、ハロゲン原子、炭素数1~4のアルキル基又は炭素数1~4のアルコキシ基を示す。nは、0~4の整数である。Rは、炭素数1~4のフルオロアルキル基を示す。]
で表される化合物、又は
下記式(2)
【化2】


[式中、Rは、水素原子、置換基を有してもよい炭素数1~1
0の炭化水素基又は置換基を有してもよい炭素数2~10のアシル基を示す。Rは、水素原子又はメチル基を示す。R、R4及びnは、式(1)と同じである。]
で表される化合物の少なくとも一方を有効成分として含有する細胞死抑制剤。

【請求項2】
フルオロカルボン酸無水物と、下記式(3)
【化3】


[式中、R及びnは、式(1)と同じである。]
で表される化合物を反応させることにより、式(1)で表される化合物を得る請求項1に記載の細胞死抑制剤の製造方法。

【請求項3】
フルオロカルボン酸無水物と、下記式(4)
【化4】


[式中、R及びRは、式(2)と同じである。R及びnは、式(1)と同じである。]
で表される化合物を反応させることにより、式(2)で表される化合物を得る請求項1に記載の細胞死抑制剤の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015504347thum.jpg
出願権利状態 公開
特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。

技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close