TOP > 国内特許検索 > 電力パケット生成装置、電力ルータおよび電力ネットワーク

電力パケット生成装置、電力ルータおよび電力ネットワーク

国内特許コード P170013800
整理番号 (S2013-0969-N0)
掲載日 2017年3月16日
出願番号 特願2015-518260
出願日 平成26年5月20日(2014.5.20)
国際出願番号 JP2014063363
国際公開番号 WO2014189051
国際出願日 平成26年5月20日(2014.5.20)
国際公開日 平成26年11月27日(2014.11.27)
優先権データ
  • 特願2013-107393 (2013.5.21) JP
発明者
  • 引原 隆士
  • 東 俊一
  • 高橋 亮
  • 田代 圭司
出願人
  • 国立大学法人京都大学
発明の名称 電力パケット生成装置、電力ルータおよび電力ネットワーク
発明の概要 ミキサ(電力パケット生成装置)2は、スイッチ21A,21Bと、パケット生成手段28A,28Bと、セレクタ29とを備える。パケット生成器28A(28B)は、負荷4A(4B)について、電力パケットが供給されている状態および電力パケットが供給されていない状態それぞれにおいて印加されていると推定される電圧と、目標電圧とに基づいて、スイッチ21A(21B)をオンオフ動作させる。セレクタ29は、パケット生成器28A,28Bがスイッチ21A,21Bをオンオフ動作させる状態と、パケット生成器28A,28Bがスイッチ21A,21Bをオフで維持する状態とを切り替える。
従来技術、競合技術の概要


従来、電力をパケット化して送配電するシステムが提案されている(例えば、特許文献1参照)。
この種のシステムで用いられる電力パケットは、伝送される電力を担うペイロード部と、電力パケットの送信先を示すヘッダとを含んで構成されるものが一般的である。

産業上の利用分野


本発明は、電力パケット生成装置、電力ルータおよび電力ネットワークに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
少なくとも1つの直流電源の供給する電力から複数の負荷に供給する電力パケットを生成し、前記複数の負荷それぞれに目標電圧が印加されるように、生成した電力パケットを主伝送路に送出する電力パケット生成装置であって、
前記直流電源と前記主伝送路とを結合する複数の副伝送路それぞれに介挿された複数のスイッチと、
前記複数の負荷それぞれについて、前記電力パケットが供給されている第1状態および前記電力パケットが供給されていない第2状態それぞれにおいて印加されていると推定される電圧と、前記目標電圧とに基づいて、前記スイッチをオンオフ動作させることにより前記電力パケットを生成する複数のパケット生成器と、
前記パケット生成器が前記スイッチをオンオフ動作させる状態と、前記パケット生成器が前記スイッチをオフで維持する状態とを切り替える切替器と、を備える
ことを特徴とする電力パケット生成装置。

【請求項2】
前記複数のパケット生成器は、前記複数のスイッチそれぞれに対応して設けられ、
前記切替器は、複数のパケット生成器のいずれか1つを、前記スイッチをオンオフ動作させて前記電力パケットを生成する生成状態とし、他のパケット生成器全てを、前記スイッチをオフで維持することにより前記電力パケットを生成しない非生成状態とする
ことを特徴とする請求項1記載の電力パケット生成装置。

【請求項3】
前記切替器は、
前記複数の負荷それぞれにおいて、印加されていると推定される電圧と前記目標電圧との差分電圧が生じている場合、
前記複数の負荷それぞれにおける、印加されていると推定される電圧と前記目標電圧との差分電圧に基づいて、各パケット生成器を前記生成状態および前記非生成状態のいずれかにする
ことを特徴とする請求項2記載の電力パケット生成装置。

【請求項4】
前記パケット生成器は、過去に取得した目標電圧に基づいて前記スイッチをオンオフ動作させるための制御信号を生成する制御信号生成部を備える
ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の電力パケット生成装置。

【請求項5】
請求項1乃至4のいずれか1項に記載の電力パケット生成装置を含む
ことを特徴とする電力ネットワーク。

【請求項6】
受信した電力パケットの電力を蓄電する少なくとも1つの蓄電部と、
前記少なくとも1つの蓄電部の供給する電力から複数の負荷に供給する電力パケットを生成し、前記複数の負荷それぞれに目標電圧が印加されるように、生成した電力パケットを主伝送路に送出する電力パケット生成部と、を備える電力ルータであって、
前記電力パケット生成部は、
前記蓄電部と前記主伝送路とを結合する複数の副伝送路それぞれに介挿された複数のスイッチと、
前記複数の負荷それぞれについて、前記電力パケットが供給されている第1状態および前記電力パケットが供給されていない第2状態それぞれにおいて印加されていると推定される電圧と、前記目標電圧とに基づいて、前記スイッチをオンオフ動作させることにより前記電力パケットを生成する少なくとも1つのパケット生成器と、
前記パケット生成器が前記スイッチをオンオフ動作させる状態と、前記パケット生成器が前記スイッチをオフで維持する状態とを切り替える切替器と、を有する
ことを特徴とする電力ルータ。

【請求項7】
前記複数のパケット生成器は、前記複数のスイッチそれぞれに対して1個ずつ存在し、
前記切替器は、複数のパケット生成器のいずれか1つを、前記スイッチをオンオフ動作させて前記電力パケットを生成する生成状態とし、他のパケット生成器全てを、前記スイッチをオフで維持することにより前記電力パケットを生成しない非生成状態とする
ことを特徴とする請求項6記載の電力ルータ。

【請求項8】
前記切替器は、
前記複数の負荷それぞれにおいて、印加されていると推定される電圧と前記目標電圧との差分電圧が生じている場合、
前記複数の負荷それぞれにおける、印加されていると推定される電圧と前記目標電圧との差分電圧に基づいて、各パケット生成器を前記生成状態および前記非生成状態のいずれかにする
ことを特徴とする請求項7記載の電力パケット生成装置。

【請求項9】
前記パケット生成器は、過去に取得した目標電圧に基づいて前記スイッチをオンオフ動作させるための制御信号を生成する制御信号生成部を備える
ことを特徴とする請求項6乃至8のいずれか1項に記載の電力パケット生成装置。

【請求項10】
請求項6乃至9のいずれか1項に記載の電力ルータを含む
ことを特徴とする電力ネットワーク。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015518260thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close