TOP > 国内特許検索 > 配位子及び希土類錯体

配位子及び希土類錯体

国内特許コード P170013841
整理番号 (S2013-1136-N0)
掲載日 2017年3月16日
出願番号 特願2015-525284
出願日 平成26年7月4日(2014.7.4)
国際出願番号 JP2014067861
国際公開番号 WO2015002282
国際出願日 平成26年7月4日(2014.7.4)
国際公開日 平成27年1月8日(2015.1.8)
優先権データ
  • 特願2013-141994 (2013.7.5) JP
発明者
  • 長谷川 靖哉
  • 平井 悠一
  • 中西 貴之
  • 伏見 公志
出願人
  • 国立大学法人北海道大学
発明の名称 配位子及び希土類錯体
発明の概要 ポリマー等に相溶性を示すことに加えて、ガラス転移温度を有する新規な希土類錯体を提供する。前記希土類錯体を形成するための配位子、希土類錯体の製造方法、前記希土類錯体の用途も提供する。
下記一般式(1)で示される化合物が配位子である。
1-L1-Ar-L2-X2 (1)
一般式(1)中、
Arは、芳香族ヘテロ炭化水素基又は芳香族炭化水素基を示し、Arに結合するL1及びL2は、Arを中心に分子内で屈曲するように結合しており、
1及びL2は、独立に、リンカーを示す
1及びX2は、独立に、O=P(Ar11Ar12)-でホスホリル基(但し、Ar11及びAr12は、独立に、置換若しくは無置換アリール基、置換若しくは無置換ヘテロアリール基、又は置換若しくは無置換アラルキル基を示す)を示す。前記化合物と希土類元素を含むクラスター構造を有する錯体を提供する。
従来技術、競合技術の概要


希土類錯体は、蛍光またはリン光などの発光を示すものが多く、かつ錯体を構成する配位子が有機物である場合にはポリマー等に相溶性を示すことからポリマー材料に混合して発光素子や蛍光インクなどに用いることが提案されている(特許文献1、2、非特許文献1)。



特許文献1 WO2012/15072
特許文献2 日本特開2010-95514号公報



非特許文献1 K.Miyama,Y.Hasegawa et al, Chem.Eur.J.,2011,17,521-528
特許文献1、2及び非特許文献1の全記載は、ここに特に開示として援用される。

産業上の利用分野


本発明は、配位子及び希土類錯体に関する。
[関連出願の相互参照]
本出願は、2013年7月5日出願の日本特願2013-141994号の優先権を主張し、その全記載は、ここに特に開示として援用される。

特許請求の範囲 【請求項1】
下記一般式(1)で示される化合物。
1-L1-Ar-L2-X2 (1)
一般式(1)中、
Arは、芳香族ヘテロ炭化水素基又は芳香族炭化水素基を示し、Arに結合するL1及びL2は、Arを中心に分子内で屈曲するように結合しており、
1及びL2は、独立に、リンカーを示す。
1及びX2は、独立に、O=P(Ar11Ar12)-でホスホリル基(但し、Ar11及びAr12は、独立に、置換若しくは無置換アリール基、置換若しくは無置換ヘテロアリール基、又は置換若しくは無置換アラルキル基を示す)を示す。

【請求項2】
前記芳香族ヘテロ炭化水素基は、硫黄原子、酸素原子及び窒素原子からなる群から選ばれる原子を1~3個含み、縮環していてもよい5~14員芳香族ヘテロ炭化水素基である請求項1に記載の化合物。

【請求項3】
前記芳香族炭化水素基は、炭素原子を6~14個含み、縮環していてもよい芳香族炭化水素基である請求項1に記載の化合物。

【請求項4】
リンカーは、-C≡C-、-CH=CH-、芳香族炭化水素基又は芳香族ヘテロ炭化水素基である請求項1~3のいずれか1項に記載の化合物。

【請求項5】
1及びX2は、独立に、O=P(Ar11Ar12)-で示される修飾ホスホリル基を示し、Ar11及びAr12は、独立に、置換若しくは無置換アリール基、置換若しくは無置換ヘテロアリール基、又は置換若しくは無置換アラルキル基を示す)を示す請求項1~4のいずれか1項に記載の化合物。

【請求項6】
請求項1~5のいずれか1項に記載の化合物と希土類元素を含む錯体。

【請求項7】
請求項1~5のいずれか1項に記載の化合物と希土類元素との含有量が等モル量である、請求項6に記載の錯体。

【請求項8】
希土類元素を介して、請求項1~5のいずれか1項に記載の化合物が2~6量体化した、好ましくは3量体化したクラスター構造を有する錯体である、請求項6又は7に記載の錯体。

【請求項9】
配位化合物をさらに含み、前記配位化合物は、希土類元素イオンに配位する請求項6~8のいずれか1項に記載の錯体。

【請求項10】
ガラス転移温度を有する請求項6~9のいずれか1項に記載の錯体。

【請求項11】
希土類元素が、Sc、Y、La、Ce、Pr、Nd、Pm、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Yb及びLuから成る群から選ばれる1種又は2種以上の元素である請求項6~10のいずれか1項に記載の錯体。

【請求項12】
請求項1~5のいずれか1項に記載の化合物と希土類元素含有化合物とを溶媒中で混合して、前記化合物と前記希土類元素との錯体を得ることを含む、錯体の製造方法。

【請求項13】
請求項1~5のいずれか1項に記載の化合物と希土類元素含有化合物の混合比(請求項1~5のいずれか1項に記載の化合物のモル数/希土類元素のモル数)を0.2~5の範囲とする、請求項12に記載の製造方法。

【請求項14】
請求項6~11のいずれか1項に記載の錯体を発光材料として用いた発光素子。

【請求項15】
請求項6~11のいずれか1項に記載の錯体の薄膜を有する請求項14に記載の発光素子。

【請求項16】
請求項6~11のいずれか1項に記載の錯体を含有する、発光性インキ組成物又は発光性プラスチック組成物。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close