TOP > 国内特許検索 > LIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法、及び腫瘍細胞増殖抑制ペプチド

LIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法、及び腫瘍細胞増殖抑制ペプチド UPDATE

国内特許コード P170013889
整理番号 (S2013-0860-N0)
掲載日 2017年3月21日
出願番号 特願2015-511230
登録番号 特許第6176800号
出願日 平成26年4月2日(2014.4.2)
登録日 平成29年7月21日(2017.7.21)
国際出願番号 JP2014059780
国際公開番号 WO2014168064
国際出願日 平成26年4月2日(2014.4.2)
国際公開日 平成26年10月16日(2014.10.16)
優先権データ
  • 特願2013-082272 (2013.4.10) JP
  • 特願2013-173696 (2013.8.23) JP
発明者
  • 中村 悟己
  • 椙村 春彦
出願人
  • 国立大学法人浜松医科大学
発明の名称 LIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法、及び腫瘍細胞増殖抑制ペプチド UPDATE
発明の概要 LIX1L遺伝子を高発現している腫瘍細胞に対して、LIX1L遺伝子の発現又は機能を抑制させることを特徴とする、LIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法。
従来技術、競合技術の概要


現在、悪性腫瘍に用いる抗腫瘍剤は、代謝拮抗薬(Ara-C、メソトレキセート等)、植物アルカロイド(ビンクリスチン)、アルキル化剤(エンドキサン)、抗癌抗生物質(アドリアマイシン、イダルビシンマイトマイシン等)、白金製剤(シスプラチン)等、数多く知られている。中でも、ポリペプチド剤としては、ヒトインターフェロン-γポリペプチド(例えば、特許文献1参照。)や、ヒト腫瘍壊死因子(TNF)又はその変換体の一部からなるポリペプチド(例えば、特許文献2参照。)等が挙げられる。特に近年は、腫瘍特異性の高い分子標的治療薬(イマチニブ等)、モノクローナル抗体(リツキシマブ等)等が目覚ましい進歩を認め、治療効果も高くなってきている。しかしながら、イマチニブ等の抗腫瘍剤は、抗腫瘍効果スペクトルが狭く、腫瘍ごとに薬剤を選択しなければならないことに加えて、薬剤耐性の問題もある。このため、医療の場では常に、より有効で抗腫瘍効果スペクトルが広い薬剤が求められている。



一方で、ヒトのLIX1L(Lix1 homolog-like、以下hLIX1Lということがある。)遺伝子は、337個のアミノ酸からなるLIX1L蛋白質をコードする構造遺伝子である。LIX1Lの分子生物学的な役割については未だ不明であるが、その発現量が細胞種によって異なることが報告されている。例えば特許文献3では、LIX1L遺伝子は、AhRアゴニストであってCYP1A1により活性化される化合物に対して感受性のある細胞と感受性のない細胞において、発現量に統計学的な有意差(P<1.0×10-5)が存在する266種の遺伝子のうちの1つであったことが報告されている。また、特許文献4では、アレルギーに応じて発現量が増大又は減少する多数の遺伝子群のうちの1つとしてLIX1L遺伝子が挙げられている。

産業上の利用分野


本発明は、LIX1Lを高発現している腫瘍細胞(LIX1L高発現腫瘍細胞)の細胞増殖抑制作用を有するペプチド、及びこのペプチドを用いたLIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法に関する。
本願は、2013年4月10日に、日本に出願された特願2013-082272号、及び2013年8月23日に、日本に出願された特願2013-173696号に基づき優先権を主張し、その内容をここに援用する。

特許請求の範囲 【請求項1】
LIX1L遺伝子を高発現している腫瘍細胞(ただし、ヒトの生体内の細胞を除く。)に対して、LIX1L遺伝子の発現又は機能を抑制させる、LIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法。

【請求項2】
RNA干渉によりLIX1L遺伝子の発現を抑制する、請求項1に記載のLIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法。

【請求項3】
RNA干渉によりLIX1L遺伝子の発現を抑制することが、配列番号3又は4で表される塩基配列を含むshRNA若しくはsiRNA、又は前記shRNA若しくは前記siRNAを細胞内で生産するベクターを細胞内に導入すること、を含む、請求項2に記載のLIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法。

【請求項4】
LIX1L蛋白質のチロシンのリン酸化を、配列番号1で表されるアミノ酸配列の部分配列であって、136番目のチロシンを含む部分配列を含むペプチドを用いて阻害することを含む、請求項1に記載のLIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法。

【請求項5】
配列番号1で表されるアミノ酸配列の部分配列であって、136番目のチロシンを含む部分配列からなるポリペプチドを含み、前記136番目のチロシンを含む部分配列が、8個以上、35個以下のアミノ酸からなる、腫瘍細胞増殖抑制ペプチド。

【請求項6】
配列番号1で表されるアミノ酸配列の部分配列であって136番目のチロシンを含む部分配列からなるポリペプチドと、細胞膜透過能を有する部位とが、直接又は間接的に結合している腫瘍細胞増殖抑制ペプチド。

【請求項7】
前記136番目のチロシンを含む部分配列が、8個以上、35個以下のアミノ酸からなる、請求項に記載の腫瘍細胞増殖抑制ペプチド。

【請求項8】
前記細胞膜透過能を有する部位が、配列番号7で表されるアミノ酸配列からなるペプチドである、請求項6又は7に記載の腫瘍細胞増殖抑制ペプチド。

【請求項9】
配列番号1で表されるアミノ酸配列の部分配列であって136番目のチロシンを含む部分配列からなるポリペプチドを含む腫瘍細胞増殖抑制ペプチド、又は、請求項5~8のいずれか一項に記載の腫瘍細胞増殖抑制ペプチドを有効成分とする医薬用組成物。

【請求項10】
抗腫瘍剤である、請求項9に記載の医薬用組成物。

【請求項11】
配列番号1で表されるアミノ酸配列の部分配列であって136番目のチロシンを含む部分配列からなるポリペプチドを含む腫瘍細胞増殖抑制ペプチド、又は、請求項5~8のいずれか一項に記載の腫瘍細胞増殖抑制ペプチドを、LIX1L高発現腫瘍細胞(ただし、ヒトの生体内の細胞を除く。)に導入すること、を含む、LIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
特許の内容に興味を持たれた方、ライセンスをご希望の方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close