TOP > 国内特許検索 > 画像通信装置

画像通信装置 UPDATE

国内特許コード P170013912
整理番号 (S2015-1711-N0)
掲載日 2017年3月29日
出願番号 特願2015-139768
公開番号 特開2017-022600
出願日 平成27年7月13日(2015.7.13)
公開日 平成29年1月26日(2017.1.26)
発明者
  • 川人 祥二
  • 香川 景一郎
出願人
  • 国立大学法人静岡大学
発明の名称 画像通信装置 UPDATE
発明の概要 【課題】ユーザ間でのコミュニケーション時に違和感のない合成画像を得る。
【解決手段】画像通信装置1は、スクリーン3に沿って配置された複数の撮像用カメラ9と、スクリーン3に対する通話者の位置に関する位置情報を検出する位置検出部23と、スクリーン3に対する通話者の向きに関する方向情報を検出する方向検出部24と、通話者の位置情報及び方向情報に基づいて、通話者の画像を複数の撮像用カメラ9の画像の中から選択し、選択した通話者の画像と複数の画像とを合成して合成画像を生成する画像合成部27と、合成画像を対話者側に送信する画像送信部29と、対話者側から合成画像を受信してスクリーン3に表示する画像受信部31とを備える。
【選択図】図4
従来技術、競合技術の概要


近年、会議や個人的な通話を行う際に、双方向で画像を用いて通信するテレビ電話システムを使用することが一般的になってきている。複数のユーザ同士でテレビ電話システムを使用する際には、広い視野で画像を取得することが求められるため、表示画面の周辺に複数のカメラを配置する構成が用いられている。その際、複数のカメラで取得された画像が相手側のテレビ電話システムに送信される。



一方、複数の画像を合成して1つの合成画像を得る技術としては、下記特許文献1,2に記載のものが知られている。このような技術によれば、複数のカメラで取得した複数の画像を高精度につなぎ合わせて合成することができる。

産業上の利用分野


本発明は、双方向で画像を用いて通信する画像通信装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
画面に沿って配置された複数の撮像用カメラと、
前記画面に対する通話者の位置に関する位置情報を検出する位置検出部と、
前記画面に対する前記通話者の向きに関する方向情報を検出する方向検出部と、
前記位置情報と前記方向情報とに基づいて、前記通話者の画像を前記複数の撮像用カメラによって取得された複数の画像の中から選択し、選択した前記通話者の画像と前記複数の画像とを合成して合成画像を生成する画像合成部と、
前記合成画像と前記複数の撮像用カメラによって取得された前記複数の画像とのうちのいずれかを送信する画像送信部と、
前記通話者の通信相手である対話者側の画像を基に生成された合成画像を前記画面に表示する画像表示部と、
を備える画像通信装置。

【請求項2】
前記画像合成部は、前記位置情報によって特定される前記通話者の位置から前記方向情報によって特定される方向に伸ばした線上に最も近い前記撮像用カメラの画像を前記通話者の画像として選択する、
請求項1記載の画像通信装置。

【請求項3】
前記対話者の画面に対する位置に関する位置情報を取得する情報取得部をさらに備え、
前記画像合成部は、前記対話者の前記位置情報に基づいて、前記合成画像を補正する、
請求項1又は2記載の画像通信装置。

【請求項4】
前記画像合成部は、前記画面を挟んだ空間上に前記対話者の位置と前記通話者の位置とを反映させた場合に、前記対話者と前記通話者とを結んだ線上に最も近い前記撮像用カメラの画像を前記通話者の画像として選択するように前記合成画像を補正する、
請求項3記載の画像通信装置。

【請求項5】
前記位置検出部は、画面に沿って配置された距離画像を取得するカメラを含む、
請求項1~4のいずれか1項に記載の画像通信装置。

【請求項6】
前記方向検出部は、複数配列された指向性マイクを含む、
請求項1~5のいずれか1項に記載の画像通信装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015139768thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close